スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太田道灌公の銅像10体目!~埼玉県川越市~

 埼玉県は川越市鯨井(くじらい)にある長福寺に太田道灌公の銅像が建ったというので撮りに行ってきました。
新宿から西武線・東武線と乗り継いで1時間半くらいかかったかしら・・・。
DSCF1304_1.jpg
 霞ヶ関といっても千代田区ではございません。真ん中の女の子はたまたま写り込んだだけなので他意はございません。まあ、直前にオジサンが通り過ぎるのは待っていた訳だが・・・

 銅像巡りの旅に付き物の徒歩移動・・駅から歩いて20分ほどかな・・暑い日でしたが、風が吹き、蝉の合唱も賑やかでしたので楽しい散策でした。途中には・・・
DSCF1306_1.jpg
DSCF1308_1.jpg
 日枝神社、村の鎮守様ですが、創建は貞観年代(860年頃)・・古いですね。ここには狛犬殿はいませんでした。代りに灯篭がたっていましたが、年号は正徳元(1711)年。新井白石が江戸城で働いている頃です。古い!

 さらに歩くと・・・
DSCF1324_1_201308041923260f6.jpg
 こちらは八坂神社。今年も京都の祇園祭は盛大だったようで・・こちらの八坂さんはいつ建ったか不明でおま。ふと視線を感じると・・・
DSCF1327_1_20130804192328364.jpg
 鬼瓦はんに見おろされておりました。ひぇぇぇ・・・何も悪いことはしてはりませんによって・・ほな、さいなら!

 途中、関西弁が混じってしまいました。このへんの神社は狛犬殿がおりませんなぁ・・。さて八坂神社からだともうすぐです!

DSCF1330_1.jpg
 今回の目的地「曹洞宗 吉祥山 長福寺」です。中にはいりましょう。
DSCF1331_1.jpg
 こちらが建てられたのは永享元(1429)年、京では「くじ引き公方」こと足利義教が猛威を振るっていますな。

DSCF1332_1_20130804192558ad8.jpg
 堂々たる山門を潜り・・・

DSCF1336_1_201308041924382f4.jpg
 本堂でご本尊さまにご挨拶をすませ・・・いよいよ

DSCF1335_1.jpg
 いました!静かな境内の一角に柔らかな木漏れ日をうけて佇んでおります。
   『開山 雲崗俊徳(うんこうしゅんとく)禅師 弟子 太田道灌公』と台座には刻まれております。
 作者は重岡建浩氏ですが、ネットで調べても何も出てきませんでした。はて?今後の宿題とします。

 こちらでは以前にも書きましたが、太田道灌公がいつ出家したのかよく分かっていないのです。それどころか俗名も「持資」とも「資長」ともいわれており、よくわかっておりません。当ブログでは「資長」説を採用し、関東全域を巡って大田道灌の謎を追ってまいりましたが、最大の謎の一つ「道灌さん、あなたはいつ出家したの?」という疑問には答えが示されておりませんでした。
 そこに今回のこの銅像・・・道灌公については色々調べていますが、この長福寺は全く知りませんでした。河越は太田家ゆかりの街ですから足跡はあちこちにあるでしょうが、古い話ですからね。

 ともあれ銅像を見て行きましょう。まずは禅師から・・
DSCF1339_1_201308041926394d0.jpg

 厳しくも慈愛に満ちた視線を注がれております。思わず手を合わせたくなるような・・続いて道灌公。
DSCF1338_1_20130804192636bbd.jpg
 道灌公も心穏やかに手を合わせております。出家後もまだまだ関東の騒乱は続き、このわずか十数年後に相模・糟屋館(神奈川県伊勢原市)で討たれる訳ですが・・。それにしても穏やかな表情です。撮りに来て良かったです。

 さて、出家年次問題ですが、「文明6(1474)年説」と「文明10(1478)年説」の二つあります。前者はその前年の文明5年に道灌の主君・扇谷上杉政真古河公方・足利成氏により討ち果たされたため、主君の菩提を弔うためと考えられます。後者は昭和30年代に刊行された『東京百年史』に書かれておりました。理由はなんだったかな・・古い本なので都内の大きい図書館でも置いてないところが多いかな。
 文明6年に江戸城で行われた連歌の会で「道灌」が資料上、初確認されています。ま、資料は改竄されている可能性もあるので、「資料にあるから間違いない」と思い込むと真実を見失いがちなので色々と傍証を集めていかないといけません。
 その意味でも長福寺の存在はありがたい。あいにくと住職は法事でご不在でしたが、ご家族にお話を伺うと住職もお寺の歴史を独自に調べており、道灌公についてもかなりお詳しいとのこと。また、禅師についても面白い情報を伺えたが、まだ自分では郷土史など調べていないので公開できるレベルではありません。今後、折を見て住職と連絡を取らせて頂き、公開できる範囲内でまた色々書きたいと思います。

 今回はここまで。色々収穫のある日でした。

MUSE_banner_02.jpg

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村

東京都写真美術館~恵比寿散歩~

 プロ・アマ問わずカメラマンの聖地ともいうべき美術館が渋谷区恵比寿にあるので行って来ました。
DSCF1284_1.jpg
 恵比寿といえば都内屈指のオシャレタウン・・・それがしには敷居の高い街ですが、たまにはいってみました。この画像の建物はフランス人のジョエル・ロブションのレストラン・・ランチにしゃれ込むにはやはり敷居が高いので美術館に直行しました。

DSCF1283_1.jpg
 こちらの東京都写真美術館はJR恵比寿駅から徒歩5分。
DSCF1279_1.jpg
 4つの展覧会が開催中でした。全部みるわけにはいかないので・・・
DSCF1300_1.jpg
 「世界報道写真」展・・・世界の紛争や災害、社会の暗部を撮った写真がたくさんありました。なかなか重い写真ばかりでしたね。心臓の弱い方やお子様にはオススメできません。
 「米田知子」展・・・初めて知る写真家でしたが、素晴らしい風景写真を撮っておられますね。もちろん、中の写真は撮れませんので実際に見に行ってください。

 見学した後は近くのお店でランチ・・・・というには恵比寿は価格が高すぎる町なのでスルー。かわりに・・
DSCF1285_1.jpg
 超高級マンションの前にアントワーヌ・ブールデルの「果実」がさりげなく建っております。レプリカでしょうが。
 
DSCF1289_1_20130725163721.jpg
 広場でオシャレな人々が優雅にランチ中・・・他に目的もなかったので新宿に帰りました。写真美術館は素晴らしかったのでまた行きたいです。

 MUSE_banner_02.jpg

東京駅見学~外観だけですが・・・~

 東京駅前にかつて「東京中央郵便局」がありましたが、現在は立て直して「KITTE(きって)」という商業ビルを含む複合ビルとなっております。その屋上から外観工事を終えた東京駅を見られるということでいってきました。

DSCF1178_1_20130718164248.jpg
 まずKITTEの内部。1階から6階まで吹き抜けになっており、ショップや飲食店が一望のもとに見渡せます。
DSCF1197_1.jpg
 こういう構造ってあまりみかけないので珍しいですね。6階から屋上に出ることができます。

DSCF1188_1.jpg
 屋上は広々としており・・・
DSCF1181_1_20130718164250.jpg
 大正時代に辰野金吾により設計された東京駅が再現されております。
DSCF1183_1.jpg
 手前のドームが東京ステーションホテルです。いつかは泊ってみたいですね。

DSCF1190_1.jpg
 他にも新幹線を一度に沢山みることができます。鉄道ファンにも嬉しいポイントですね。え?私?乗るのは好きなので、「乗り鉄」かもしれません。

 KITTEでお土産を買ってきました。
DSCF1206_1.jpg
 鎌倉の手ぬぐい屋さん「NUGOO」さんの支店がございました。そこで豆絞り柄と狛犬柄を購入・・狛犬?
DSCF1207_1_20130718164358.jpg
 狛ちゃんが向かい合わせで染められております。これはいい。狛犬ファンは急いで買わないと!ネット通販で買えるかな?

MUSE_banner_02.jpg

神田明神のマスコットガール

 あれこれ忙しく過ごしていたらあっというまに梅雨も明け、夏到来。皆様、お元気にお過ごしですか?それがしも仕事に必要な資格試験などのために忙しい間に勉強などしていたので6月はほとんど更新できず。まあ、目処が立ったのでカメラを新しく買いました。
画像 132_1
 フジフィルムのFinePix HS50EXRでおま!デジタル一眼レフではありません、レンズ交換式ではありません。でもこの1台でスーパーマクロから超望遠撮影までこなす優れものです。この春出て以来、ほしくてしょうがなかったのですが、忙しかったので・・・やっと暇もできるようになりましたので購入。
画像 130_1
 カメラバッグも新調しました。黒いものはよくあるので派手なものにしました。しかも防水素材でできているので、突然の雨にも中のカメラをしっかり守ってくれます。
 まあ、ここまでは自慢です。

 そんなカメラを携えて試しの撮影散歩いってきました。
DSCF1035_1_20130708150343.jpg
 東京の総鎮守「神田明神」です。酷暑でしたね。
DSCF1036_1_20130708150345.jpg
 お参りを済ませて・・・。

 今回の目的はこちら!
DSCF1038_1.jpg
 のぼり・・・じゃなくて、そこに載っている神馬の明(あかり)ちゃんです。
DSCF1049_1_20130708150425.jpg
 あれ・・顔が見切れちゃった。画面をクリックして別画面で全身をご覧下さい。まだ3歳の女の子です。

DSCF1050_1.jpg
 とても大人しい子です。この暑い中でも木陰の中で健気にたたずんでおりました。時々、柵越しに頭を差し出してきますが、口元に手をだすと危ないそうです。それがし、知らずにうっかり差し出すと明ちゃんに甘噛みされ、手の甲をペロペロ舐められました。くすぐったかったです。手に浮いた汗の塩分が美味しかったのかもしれません。明ちゃんはお腹を下しやすいそうなので、エサを持ち込んであげちゃダメですよ!!
 明ちゃんは境内で飼育されているので、晴天なら基本的に境内の一角にいます。皆様も明ちゃんに会いに行かれてはいかがでしょうか?

MUSE_banner_02.jpg

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村

新宿区の神社~秋葉神社~

 それがし(私)はランニング中毒です。毎日走らないと中毒症状が出ます。嘘です。ごめんなさい。でも走らないと体がムズムズして困ります。今回は新たにランニングコースを発見する中で見つけた神社です。

画像 092_1
 新宿区矢来(やらい)町の住宅街の中にある「秋葉神社」です。江戸時代は若狭(福井県)・酒井家の屋敷中にあったそうです。これだけなら紹介するまでもないのですがね・・・。

画像 093_1
画像 094_1
 残念ながら年代は分からないのですが、狛犬'sがかわいい。自分、おじさんですが、女子力が強いのか可愛いものに異常に反応して困ります(笑)。

画像 095_1
 「まあー、そのー・・・」
画像 096_1
 「大平首相じゃないんだからしゃっきりしなさい!」このネタで笑える人はある年代以上ですな。それはおいておいてこれらの狛犬の土台には「小日向(こひなた)」「水道街」とあります。この近辺の地名に今も残りますね。

画像 100_1
 本殿の画像です。新しい本殿ですね。平成に入ってから建て直したようです。

画像 103_1
 本殿の前に置かれた水盤が古い。ここには「寛延四歳」と読めます。この歳は西暦では1751年であり、「暴れん坊将軍」徳川吉宗が逝去された年です。なので、寛延は途中の6月まで(途中で宝暦にかわっています)なので、この刻印はとても貴重です。やはり「神社に歴史あり」です。

 もう一つおもしろいものがありました。
画像 105_1
 こちらは「正雪地蔵」。正雪だけでピンと来た方は鋭い!そう!あの「由井正雪の変」の屋敷跡から掘り出されたお地蔵さんだそうです。ちなみに切支丹地蔵だそうです。全ての真偽は不明ですが、ものを見ると、歴史は確実に存在したのだということが肌身で実感できます。
画像 107_1
画像 108_1
 今なお、お水を捧げられている現状に日本人の信仰心を、というか「優しさ」を感じられます。こういう感性は「一神教」の人々には理解しづらいかもしれませんが、日本人の「強み」だと思います。

 神社の向いには・・・
画像 109_1
 出版社の「新潮社」がございます。
画像 128_1
 「yonda?」パンダで有名です。はい。死ぬほど読んでます。もっと面白い本を出してください。村上春樹は大嫌いです。そんなにノーベル文学賞が欲しいですか?

画像 127_1
 山形県は米沢市の銘酒「東光」の純米酒。旨い!旨すぎる!!!


 次回はこの続きで、新宿区の別の神社で~す。

MUSE_banner_02.jpg

プロフィール

サムライ銅像研究会

Author:サムライ銅像研究会
歴史と銅像と芸術が大好きなあまり、日本各地を東奔西走する銅像・史蹟ハンターである。神出鬼没なため、脈絡無しのブログ更新を続ける。掟はただ一つ!「死して屍拾うものなし!」昔の時代劇の決め台詞だけどね・・皆さん、見てやあ!
 最近、キューピーに侍の装束を着用させる遊びをやっております。「武者ピー」と呼んで可愛がってやぁ~!以後は「キューピー甲冑師」とも名乗ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。