スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

りっくんランド訪問記

 民主党が政権を獲ってから「事業仕分け」が世間を騒がせてきた。その様は「大山鳴動、鼠1匹」の如しであり、ある大臣の「二位じゃダメなんですか?」などの迷言も飛び出すなど次の選挙が待ち遠しくてしようがない。
 その騒ぎの中でマスコミに取り上げられていたのが陸上自衛隊の広報センター、通称「りっくんランド」。気になったので見に行ってみた。物見高い性分なもので・・。

りっくんランド
 こちらは埼玉県朝霞市の朝霞駐屯地の一角にある。以前はただで入れたが、今や入場料・大人500円だ。子供料金はもうすこし安かったかな・・。センター内には自衛隊の歴史や活動がわかりやすく展示されており、更に装備品が展示されている。

90式戦車
 こちら90式戦車。冷戦時代、対ソ連戦を想定し、設計したもの。自衛隊の主力戦闘戦車(MBT)だ。

自衛隊の銃器
 自衛隊の主要火器である。上から89式5.56ミリ小銃、国産です。まんなかは5.56ミリ機関銃、原型はベルギーの銃器メーカーFN(ファブリーク・ナシオナール)社の製品で米軍も採用している。下は62式7.62ミリ機関銃。ガラスケースの中にあるので触れなかった。触りたかったなぁ・・。

ヒューイコブラ
 戦闘ヘリ・ヒューイコブラ。映画にもよくでてくるね。

自衛隊の車両
 センターの裏庭に様々な車両が並んでいる。行ってみよう。

94式水際地雷敷設装置
 ん?水陸両用自動車?と思ったら、94式水際地雷敷設装置だそう。「装置」なんだ。ふーん。

87式自走高射機関砲
 87式自走高射機関砲。

89式装甲戦闘車
 89式装甲戦闘車。 

96式装輪装甲車
 96式装輪装甲車。さっきの89式と何が違うんだ?

74式戦車
 30代以上の人間に戦車と聞けば、大体この74式戦車にたどりつくかな。角川映画の「野生の証明」や「戦国自衛隊」にもでてきたし。歳がばれるな・・。

74式自走105ミリ榴弾砲
 74式自走105ミリ榴弾砲。
75式自走155ミリ榴弾砲
 75式自走155ミリ榴弾砲。形が似ているけど、大砲の口径と射程が違うんだろうね。

軽装甲機動車
 センターの入り口に自衛隊がイラク・サマワに派遣された時の車両が展示されていた。

 鉄の塊りがたくさんあって楽しかった。500円なら払ってもいいな。

 また次回!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お邪魔します、検索経由で来ました

 お邪魔します、検索経由で来ました。

 『陸上自衛隊 広報センター』訪問、お疲れ様です。
色々ありますが…、

 90式戦車ですが、これは試作車(TK-X)です。
 駐屯地祭等で、現役装備品/武器と、同センターで展示していた保存装備品を見比べてみるのも一興かと。


>下は62式7.62ミリ機関銃
 これは<74式7.62mm機関銃>です。戦闘車両(主に戦車)が主砲横に搭載する、俗に言う「同軸機関銃」で、場合によっては車内から取り出して、3脚等に固定して射撃出来ます。


>戦闘ヘリ・ヒューイコブラ
 ヒューイコブラですと、原型機の<AH-1G ヒューイコブラ>と勘違いされるので、<AH-1S コブラ>、出来る事ならば、<AH-1S TOWコブラ>と記して頂きたいのですが。

>96式装輪装甲車。さっきの89式と何が違うんだ?
 96式=基本的な装甲人員輸送車(APC)。
 89式=戦車を狙撃撃破可能な武器(機関砲+対戦車ミサイル)を搭載した、装甲(歩兵)戦闘車両(IFV)。


>30代以上の人間に戦車と聞けば、大体この74式戦車にたどりつくかな。角川映画の「野生の証明」や「戦国自衛隊」にもでてきたし

 『野生~』は、一応、M60戦車が代用でしたので、何とも…『戦国~』は、民放の『関ヶ原の戦い』かとおもいますが・・・むしろ、東宝映画『平成ゴジラvsシリーズ』、大映映画『平成ガメラ3部作』の方が、分かり易いかと(但し、殆ど『ヤラレメカ』扱いでしたが)。


>センターの入り口に自衛隊がイラク・サマワに派遣された時の車両が展示されていた
 残念、平成14(2002)年の広報センター開館時より展示されている<軽装甲機動車・ライトアーマー>の試作車<小型装甲車>を、再改装した物です。


 愚文、失礼しました。

 

Re: お邪魔します、検索経由で来ました

 MT-X殿 当ブログにご訪問ありがとうございました。色々とご教示ありがとうございました。知らなかったことばかりで勉強になりました。

自衛隊

朝霞の自衛隊に行かれたのですか?
数年前 霞ヶ浦の自衛隊一般公開を見たことあります。
74式の戦車が一番カッコよかったです。 同感ですと言ったところでしょうか(w)

実際に砲撃したり、走行しているシーンも見れましたので迫力ありました。

またどこかの自衛隊一般公開を見に行きたくなりました。

Re: 自衛隊

 朝霞には初めて行きましたが、基地の町でしたね。2010年度から採用の10式戦車が見られるかと期待していきましたが、さすがにまだありませんでした。
プロフィール

サムライ銅像研究会

Author:サムライ銅像研究会
歴史と銅像と芸術が大好きなあまり、日本各地を東奔西走する銅像・史蹟ハンターである。神出鬼没なため、脈絡無しのブログ更新を続ける。掟はただ一つ!「死して屍拾うものなし!」昔の時代劇の決め台詞だけどね・・皆さん、見てやあ!
 最近、キューピーに侍の装束を着用させる遊びをやっております。「武者ピー」と呼んで可愛がってやぁ~!以後は「キューピー甲冑師」とも名乗ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。