スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関東の剣聖2人

 剣の道に生きる者達を兵法者(ひょうほうしゃ)と呼び慣わし、その中でごく一握りが「剣豪」と呼ばれる。その剣豪の中でも「剣聖」とまで崇めたて祀られる人物がいる。今回紹介する銅像はその「剣聖」である。

塚原ぼくでん
 こちらは茨城県鹿島神宮駅前に建つ常陸(茨城県の旧国名)の剣聖・塚原卜伝である。古来より武士が武門の守り神として信仰してきた鹿島神宮に伝わる「鹿島古流」を学び、また松本備前守より秘剣「一之太刀」を学び、更に自身の工夫を加えて「鹿島新当流」を創始。大勢の門人を引き連れて日本全国を行脚し、自身の流派を伝える。その中には伊勢の守護大名・北畠具教や征夷大将軍・足利義輝らもいた。
 各地に多くの伝説を残し、「甲陽軍艦」にも無手勝流のエピソードが残されている。宮本武蔵の打ち込みを鍋のふたで受け止めたエピソードは後世の作り話とされている。

剣聖・上泉信綱
 一方、こちらは群馬県上泉町にある上泉自治会館前に建つ上野(こうずけ:群馬県の旧国名)の剣聖・上泉信綱。現・上泉町一帯の領主であり、元は秀綱と名乗っていた。関東管領・上杉家に仕える長野家に代々仕える。相模の北條家や甲斐の武田家に圧迫され、徐々に主家が弱りつつある中でも忠義を尽くし、その武勇を「上野一本槍」と称揚される。
 しかし、上杉憲政が越後に逃亡し、長野家も滅び、秀綱もついに武田家に降伏。その武勇を見込まれ、武田信玄から仕官を誘われるが、剣の道に生きることを希望し、今後どの家にも仕えないことを条件に放免を許される。信玄から「信」の一字を与えられ、その後は「上泉信綱」と名乗る。
 そして神後伊豆守・疋田文五郎2人を供に全国を巡る剣術修行に旅立つ。旅の中で多くの剣の弟子と出会い、「新陰流」を完成。その教えを柳生石舟斎や丸目蔵人佐らに伝授。彼らは独自に「柳生新陰流」や「タイシャ流」を創始した。
 信綱は天皇や公卿、将軍にもその剣技を披露し、また伝授した。その功により朝廷から「武蔵守」の官途を名乗ることを許された。
 軍勢を動かす兵法(へいほう)の達者でもあり、上泉家伝来の兵法書「訓閲集(きんえつしゅう)」は現代語訳版が出版されており、当時の戦争の様子を窺い知る資料ともなっている。
 信綱も伝説を各地に残しており、旅の途上、剣を使わずに強盗から人質の子供を救ったエピソードは黒澤明監督の「七人の侍」にも使われている。

 この二人が共に関東出身ということは「坂東武者」の伝統が脈々と生きていたことの証左でもあろう。

 では、また次回!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

サムライ銅像研究会

Author:サムライ銅像研究会
歴史と銅像と芸術が大好きなあまり、日本各地を東奔西走する銅像・史蹟ハンターである。神出鬼没なため、脈絡無しのブログ更新を続ける。掟はただ一つ!「死して屍拾うものなし!」昔の時代劇の決め台詞だけどね・・皆さん、見てやあ!
 最近、キューピーに侍の装束を着用させる遊びをやっております。「武者ピー」と呼んで可愛がってやぁ~!以後は「キューピー甲冑師」とも名乗ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。