スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都の城跡・勝龍寺跡

 今回は京都の城跡の一つ勝龍寺城跡を訪れた記録を書こう。この地には「細川忠興とガラシャ夫妻」の銅像がある。細川忠興は分かりやすく言うと、細川護煕元首相の先祖だ。

 来年の大河ドラマ「お江」にもこの夫妻は出てくるが、夫人のガラシャの方が有名かもしれない。本能寺の変で織田信長を討った明智光秀の娘であり、その美貌は有名であり、切支丹でもあった。。関ヶ原の戦いの前に大坂に残っていた大名の家族を人質にしようとした西軍に対して、家臣に自らを殺させる(カトリック教徒は自殺すると神の前にいけないってさ)ことで抵抗。まあ、悲劇のヒロインだね。しぬことはなかったかもしれない。だって他に自害した夫人なんていないし。それはさておき・・

JR長岡京駅
 来ました!長岡京駅!京都駅から大阪方面に乗って4っつ。駅前には有名企業の本社がそびえ立ち、他にも物流センターなどがある。古来より京都南部は物資集積地であったため、土地の歴史は現在もなお生きているということ。

ガラシャ通り
 駅前の通りにこんな標識が!通りの名前になっているとは知らなかった。この通り沿いをまっすぐ行くと途中に神足(こうたり)神社があり、境内にかつての空堀跡がある。
勝龍寺城看板
空堀1
空堀2
 竹やぶに覆われていたので下りるのがすこし面倒だったが、そんなに深くはない。1メートルくらいか。恐らく大分埋まっているのではないか?

勝龍寺城1
 神社から1分ほどで現在は公園として整備されている勝龍寺城に到着。敷地内に銅像が建つ。まずは何枚か撮影
勝龍寺城モノクロ
 魚眼レンズをつけてモノクロで撮影。魚眼だと空間に歪みと奥行きが生じるので広くなくてもこのように広大な空間に見えないこともない・・。ふと足元を見ると・・
九曜紋の椅子
 おお!細川家の家紋の「九曜紋」の形にベンチが配置されている。地元の方は気づいているのだろうか?

勝龍寺城正面
 正面に廻ると・・あれ?閉まってる・・なんと!定休日!!くーっ、ぬかったわ!!!残念ながら銅像撮影できませんでした。代わりにお堀端で見つけたカワセミの画像を。
カワセミ
 それがしの200ミリ望遠ではこれが限界。すばしっこくてすぐ逃げ出すんだよね。この後、豊国廟に登ったのでした・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

サムライ銅像研究会

Author:サムライ銅像研究会
歴史と銅像と芸術が大好きなあまり、日本各地を東奔西走する銅像・史蹟ハンターである。神出鬼没なため、脈絡無しのブログ更新を続ける。掟はただ一つ!「死して屍拾うものなし!」昔の時代劇の決め台詞だけどね・・皆さん、見てやあ!
 最近、キューピーに侍の装束を着用させる遊びをやっております。「武者ピー」と呼んで可愛がってやぁ~!以後は「キューピー甲冑師」とも名乗ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。