スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬の京都・豊国神社編

 皆さんは旅をする時、何を手段にするだろうか?自家用車で、という人もいれば飛行機が、という人もいるだろう。それがしは電車の旅が好きだ。それは何故かというと、親父が国鉄マンだったせいで帰省というと電車であったせいか(ずっと国鉄の官舎住まいだったし)線路のガタンゴトンがないと旅した気にならないからである。別に鉄っちゃんじゃないよ!
 という訳で(どんな訳だ?)冬の京都・奈良に来てみた。青春18キップを買って、夜行電車のムーンライト長良に乗って京都着!まずは京都タワー地下3階にある銭湯で体を温めて洛中に出陣!

豊国神社の本殿
京都は東山にある豊国(ほうこく)神社。京都駅から市バスに乗ってまずは三十三間堂停留所で降りて、京都国立博物館・西側のやまと大路通りを北上するとございます。
 立派ですね。

豊国の手水鉢
 手水鉢にも豊臣家が朝廷から拝領した「五三の桐」がでっかく彫られています。

豊国神社の彫刻
 あちこちにこのような精緻な彫刻が施されております。

 今回のこちらで、大阪・京都・名古屋の豊国神社を巡り終えた。特に秀吉が好きというわけではないんだけどねぇ。京都には豊国廟があると聞いたので境内を探してみたがなかった。神社の案内によると東山に飛び地であるということなので行ってみたのだが、ここがとんでもないところだった・・・。

太閤廟参道
 京都国立博物館の前に戻り、七条通りを東に進んで東大路通りへ。横断歩道を渡って北上し、智積院と妙法院の間の通りを東にいってください(詳しくは各自京都の地図を参照してね)。新日吉神宮・京都女子大学の横を通って画像の坂をどんどん登っていってください。坂の右脇にオシャレなカフェなどありますが、行きに行ってはいけません。帰りに寄りましょう。

太閤廟の階段
 入り口で50円払って入り口を潜ると・・・この見上げるような階段が待ち受けています。凄いですね。でもこの階段の上に更に急な長い階段が待ち受けているんですねぇ。日本各地の史蹟で色んな石段登りました。滋賀県の安土城の大手門階段きつかったです。熊本の加藤清正の銅像があるお寺の石段も疲れました・・。秩父の御嶽神社の石段も心臓潰れるかと思いましたが、豊国廟の石段と比べたら、まだ序章でしたね。それがしの登った石段の中では一番しんどかったです。どんだけしんどいかは・・皆さんが登って確かめてください。おかげでその後廻る気力をなくして、三条の繁華街や錦市場を見てから早々に宿に入って朝まで熟睡していました。
 
 太閤廟
 頂上まで辿り着きましたがこの1枚しか撮っていません。疲れきっていましたので・・。

京都らしい風景
 京都らしい風景もすこし。だいぶ葉も散っていましたが、まだ紅葉した葉も残っていました。やはり今年は少し変なんですかね。

 梅こんぶうどん
 関西に来たらうどん食べないとね。だしのきいたうどんにおぼろこんぶに梅干、ネギ、梅の酸味と出汁の旨みがたまりまへんな。

 次回はまほろばの国・奈良でお送りします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

すごい階段!

よく登られましたね。
マンションにしたら何階分くらいの階段なのかな。

今日の記事の画像は、全部見ることができました。
それにしても、FC2のトラブルの可能性があるなんて、
本当に恐ろしい。
以前、アメブロで何人か、
画像が飛んだという話をきいたことがありましたが・・・
私もなるべくはやく、データを保存しないといけないですね。

Re: すごい階段!

 そうなんです!石段の画像の次にくる石段はさらに同じくらいの長さで急!しかも手すりがなかったので降りる時がかなりのスリルでした。降りた時は疲れと安堵から座り込んでしまいました。膝もがくがくしていましたし。もし京都に行かれるとしても逆の意味で「オススメ・スポット」です。

 私の方では過去の記事も問題なく見れるようなんですが、サーバーの問題なんですかねぇ?
プロフィール

サムライ銅像研究会

Author:サムライ銅像研究会
歴史と銅像と芸術が大好きなあまり、日本各地を東奔西走する銅像・史蹟ハンターである。神出鬼没なため、脈絡無しのブログ更新を続ける。掟はただ一つ!「死して屍拾うものなし!」昔の時代劇の決め台詞だけどね・・皆さん、見てやあ!
 最近、キューピーに侍の装束を着用させる遊びをやっております。「武者ピー」と呼んで可愛がってやぁ~!以後は「キューピー甲冑師」とも名乗ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。