スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三嶋大社参詣記

 過日、静岡県三島に赴いて三嶋大社に参詣を果たした。以下にその折の記録を記したい。

水郷・三島
 三嶋大社はいつ創建されたのかはきとした記録はないようだが、伊豆韮山の蛭ヶ小島に配流された鎌倉幕府初代将軍・源頼朝公が若い折、三嶋大社に平家討伐を願って100日参詣を果たしたというから平安後期には存在していたのだろう。
 現在は新幹線が停車し、ウナギが土地の名物であり、また駅から車で30分とかからないところに日本一の清流として知られる柿田川が流れる名水の土地として有名であろう。その証拠がこの画像である。駅から徒歩5分ほどの白滝公園脇の川である。見事な透明度で「これが富士山からの湧き水か・・」と感動した。

鴨さん
 鴨さんもこのように水かきしている足までしっかり見える。

三嶋大社正面
 そしてこちらは三嶋大社。まこと堂々たる大鳥居であり、広大な境内である。古来より多くの人々の信仰の対象であり、歴史上の武将も多く参詣している。
源頼朝挙兵の石碑
 やはり源氏との所縁は深い。

三嶋大社本殿
 こちらが本殿。古来より何度と火災で焼け落ちており、この本殿も幕末から明治初年にかけて立て直されたものであるという。当時一流の技術が用いられており、社殿には下の画像のような見事な彫刻がほどこされている。
本殿彫刻
 う~ん、見れば見るほど惚れ惚れするなあ・・。

 また、境内の宝物館は見学可能で源頼朝公文書や源頼家公(鎌倉幕府2代将軍)直筆の般若心経、鎌倉時代の名刀、伊勢宗瑞公(北條早雲、生前は北條を名乗らずに2代目氏綱公が北條を称した)文書など多くのお宝を楽しむことができる。

 また、この時特別展が開催されており、室町幕府初代将軍・足利尊氏公や実弟の直義(ただよし)公らの文書、南朝方の公卿武将・北畠顕家卿(若くして天才を謳われ後醍醐天皇に愛され、建武政権成立後に鎮守府将軍として奥州に赴任。天皇と足利が対立後、数万の大軍を率いて上洛して天皇方を打ち破る寸前までいった尊氏軍を撃破。尊氏も一度は九州に落ち延びる。その後、盛り返した足利軍と戦い度々勝利するも、疲弊し、ついには敗れて20代で戦死。)の寄進状など多くの文書が訳をつけて展示されており、鎌倉末期から建武政権成立、その後の南北両朝対立や観応の擾乱(かんのうのじょうらん)にいたる政治史が垣間見ることができて実に面白かった。

 長い歴史を経なければ存在しえないものばかりである。神社は信仰の場であるばかりでなく、タイムカプセルのような役割を果たしている。

矢田部銅像1
矢田部銅像2
 久々の銅像紹介だ。こちらは幕末から明治にかけての宮司・矢田部盛治殿である。なかなかやり手の方であり、戊辰戦争の折には官軍の求めに応じて、地元の有志で「伊豆伊吹隊」を結成して官軍を先導し、社殿復興に力を尽くすなど激動の時代をくぐり抜けた方である。
 ちなみに幕末の伊豆韮山代官・江川坦庵(えがわたんなん)公の下で働いていた腹心の1人に「矢田部卿雲(やたべけいうん)」という人物があり、同じ矢田部姓から神社の方に繋がりを聞いてみたが、初耳とのことで判明はしなかった。今後の宿題としたい。

狛犬とセピア色の風景
 カメラの機能を使ってこんなお遊びを・・まるで昔の写真みたいだねえ。着物着ている人いたら気分はもう江戸時代!?

三島ビールとコロッケ
 三嶋大社前の酒屋とお休みどころでビールとコロッケを調達。ビールはピルスナー(一般的な黄金色のビール)とダークラガープラハ(黒ビール)、前者はさっぱりして歩きつかれた体に清涼感をもたらし、後者はまろやかながらコクのある味わいでコロッケのいいお供。
 コロッケは芋の甘みをホクホク味わえ、メンチカツは肉の旨みが十分・・え?紹介する食べ物がB級グルメばかりだって?高いものが旨いのは当たり前だし、安くて旨いものを見つけるのも旅の楽しみではないか!

間眠神社
 後ろ髪を引かれつつ三嶋大社を後にして(腹はビールと揚げ物でいっぱいだ)、次に訪れたのはこちら間眠(まどろみ)神社。参詣を終えた源頼朝公が境内の松の木の下で昼寝をしていたらしい。そりゃ、韮山から三島まで馬で来ても疲れるわな・・でも実は元の場所は違うらしい。なんでも江戸時代の洪水で神社そのものが流されて、こちらに移ったとのこと。毎年夏の例大祭にかつて神社があった土地の住民から大きな注連縄が奉納されるとのこと。画像奥のぶっとい注連縄がそれだ。

 さて急ぎ足で三嶋大社や市内を紹介したが、他にも多くの見所はある。のんびりした町並みに流れる美しい名水を見るだけでも癒される街である。一度は訪れてみてたもれ!(なぜか上臈風の語尾)

 次回は桶狭間じゃ!「人生~五十年~!」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

☆:*・゚(●´∀`●)ホェ:*・゚

水がきれいですね~~~~
ス~~イと行きたくなりますね。。
神社って本当に時間が止まってるってきがしますよね。
ここを着物の時代の人たちが行き来してたのかと思うと眩暈がするような不思議な感覚にドキドキします。
ステキな神社ですね~~シーコもいつか行けるかな★

今更ですがリンクさせてください★
今後ともよろしくお願いします♪

Re: ☆:*・゚(●´∀`●)ホェ:*・゚

 そうなんです。本当に水がきれいな街です。水郷として有名な九州の柳川にもいきましたが、水の透明度は三島の勝利(やったぜ!関東!)です。

 リンクお願いします。私もシーコさんのブログをリンクさせていただきます。よろしくお願いします。

見応え

とても見応えのあるブログですね。
人名・所在地名でさがせる目次があるとすごくいいと思うのですが、
目次を作るのも結構時間かかって大変ですよね。
当方のブロクも多田和史氏と相談しつつ、
整理・目次の設置に取り組んでいるところです。
これからもよろしくお願いします。

Re: 見応え

 過分なお言葉ありがとうございます。そんなこと言われたら、舞い上がってしまいますわ!

 当方、アナログ人間なものでこれから見やすいようにしなければいけませんが、勉強させていただきます。リンクさせていただいてもいいですか?
プロフィール

サムライ銅像研究会

Author:サムライ銅像研究会
歴史と銅像と芸術が大好きなあまり、日本各地を東奔西走する銅像・史蹟ハンターである。神出鬼没なため、脈絡無しのブログ更新を続ける。掟はただ一つ!「死して屍拾うものなし!」昔の時代劇の決め台詞だけどね・・皆さん、見てやあ!
 最近、キューピーに侍の装束を着用させる遊びをやっております。「武者ピー」と呼んで可愛がってやぁ~!以後は「キューピー甲冑師」とも名乗ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。