スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

柳川の名将・立花宗茂

 かつて関ヶ原の戦いで西軍についたが為に取り潰しにあい、その後流浪生活で苦労した後、大阪の陣で徳川に従い、戦後に見事大名に返り咲いた武将がいることをご存知だろうか?その名は立花宗茂(たちばな むねしげ)公という。

 本ブログの趣旨は銅像紹介だが、残念ながらまだ銅像は建っていない。しかし柳川という美しい街は紹介する価値がある故、今回取り上げたい。

西鉄柳川駅
 西鉄に乗り、小1時間・・水郷で名高い柳川駅に到着。

水路から
 町中に張り巡らされた水路からこんなローアングルの写真も楽しむことができる。駅で自転車を借りれば気軽に街中を巡ることができる。3時間もあれば町中を巡ることができる。

柳川城跡石碑
柳川城本丸跡地
 この2枚は柳川城本丸跡地である。ここは柳城中学校と柳川高校に挟まれたところにある。正直、分かりづらかったがここを探すのも柳川巡りの楽しみの一つであろう。ガイド付では得られない楽しみだ。

御花資料館
 こちら御花(おはな)資料館。美しい庭園やレストランも併設されているので時間のある方は半日でも楽しめるだろう。本丸跡の近くにある。

山笠・宗茂人形全容
宗茂人形アップ
 資料館には歴代当主の甲冑や肖像画、お姫様の嫁入り道具など並んでいたが、それは実際に見ていただいたほうがいいと思う。
 博多といえば「博多山笠」が有名だが、この武将人形こそ立花宗茂公である。なかなか勇ましくてそれがしの好みにぴったりである。昨今人気の仙台や名古屋の武将隊はイケメンばかり揃えているようだが、冷静に考えれば武将なんて汗臭い親父である。これくらいがちょうどいいのだ。まあ、夢を壊す気はないがな。

三柱神社本殿
 最後に立花道雪公・宗茂公・ぎんちよ姫の3人を祀った三柱(みはしら)神社の本殿を紹介して終わりにしよう。建物が真新しいのは、昨年放火にあって建て直したものとのこと。実に嘆かわしい話ではないか。犯人の逮捕を願うばかりだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

サムライ銅像研究会

Author:サムライ銅像研究会
歴史と銅像と芸術が大好きなあまり、日本各地を東奔西走する銅像・史蹟ハンターである。神出鬼没なため、脈絡無しのブログ更新を続ける。掟はただ一つ!「死して屍拾うものなし!」昔の時代劇の決め台詞だけどね・・皆さん、見てやあ!
 最近、キューピーに侍の装束を着用させる遊びをやっております。「武者ピー」と呼んで可愛がってやぁ~!以後は「キューピー甲冑師」とも名乗ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。