スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑司ヶ谷散策~その3~

 今回も豊島区雑司ヶ谷のあたりです。

 法明寺の本堂脇には・・・
DSCF1788_1.jpg
DSCF1789_1.jpg
 とっても凛々しい顔立ちの狛犬ちゃんです。鼻が高いのね。
DSCF1790_1.jpg
 クルクルカールしたおぐしとあいまって、全体的にソフトなかっこよさです。後ろは・・
DSCF1791_1.jpg

 うん形も一挙に紹介。
DSCF1792_1.jpg
DSCF1793_1.jpg
DSCF1794_1.jpg
DSCF1795_1.jpg
 いつ頃のものか不明ですが、造型感覚がそんな古い感じしないのですよね。戦後かしら・・?

 本堂をお参りしないとね。
DSCF1796_1.jpg
 扁額が立派。その両脇にも・・
DSCF1798_1.jpg
DSCF1799_1.jpg
 このお寺は狛犬ちゃんが沢山います。本堂の脇には・・・
DSCF1802_1.jpg
 子供を攫ってきては喰らっていた鬼女でしたが、お釈迦様に我が子を隠されてしまい、必死に探す中泣き叫んでいるいる所にお釈迦様が現れ、子供をなくす悲しみを教え諭され、それ以降はお釈迦様の熱心な弟子になったそう。このお寺ではそれを現すために「鬼子母神」の表記の「鬼」の上の点がありません。角が無くなったという意味だそうです。
 江戸時代には武士や庶民達の参拝兼娯楽スポットになっていたのでしょう。

 そんな法明寺の境内にははるかに見上げるばかりの巨木がございます。
DSCF1809_1.jpg
 樹齢600年以上の公孫樹の大木でございます。雑司ヶ谷の特殊な空気感を形成するのに、この公孫樹は多大な影響力があるような気がします。
DSCF1810_1.jpg
DSCF1811_1.jpg
DSCF1814_1.jpg

 太田道灌の頃には若木でしたが、徳川家康の頃には風格のある大木だったのでしょう。見てください。この根っこ・・・
DSCF1813_1.jpg
 大変な生命力ですね。この木を見上げるだけで命の洗濯になります。

 法明寺を後にすると、すぐそばに
DSCF1816_1.jpg
 雑司ヶ谷というとミミズクです。
DSCF1817_1.jpg
 このミミズクの石像・・・深夜2時をまわると「ホー、ホー」と鳴きます。・・・嘘です。深夜2時くらいにこの辺歩いたことありません。多分、雰囲気のあるところですからひょっとすると・・・。

 DSCF1818_1.jpg
 昭和の下町的な路地裏です。下町といっても、東京東部のほんものの下町と東京西部の雑司ヶ谷では雰囲気が違いますがね。私は西部の中野区や新宿区で過ごしてきたので、東京東部に行くと、「肌合い」の違いを濃厚に感じます。葛飾区や足立区、江戸川区などには一生住むことはないと思います。

DSCF1823_1.jpg
 今時、こんな木の塀が残っているんですね・・懐かしい感じがします。

 今回はここまで。次回は・・
MUSE_banner_02.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ここが雑司が谷の鬼子母神

こんばんわっ☆彡

ぉぉーここが雑司が谷の鬼子母神なのですね(゚▽゚*)♪

京極夏彦さんの「姑獲鳥の夏」を読んでから、
どんな場所なのかと気になっていました。

なんだかちょっと昭和っぽい雰囲気が残っていて、
路地裏のお写真とか見ると良いかんじですね☆


そしてそのミミズクの像は夜になると目が開きます( ☆_☆)きっと(笑

Re: ここが雑司が谷の鬼子母神

 こんばんわ。
 京極さんの小説は読んだ事ないですが面白そうですね。妖怪がでてくるものだと「しゃばけ」シリーズがすきです。京極さんのも読んでみようかな。
 雑司ヶ谷はタイムスリップ体験が出来るような街です。是非、一度お越しを。

鬼子母神

雑司ヶ谷は、都心でいながら、レトロな雰囲気をもつところですね。

ある会報に、ここを含めた散策記事を書いたことがありますが、角のない鬼の字がパソコンになくて困りましたっけ。

でも粋なことをしますね。

私もきのうは念願の日本橋川、神田川、隅田川のクルーズをしてきました

水上からの眺めはなかなかでしたよ

Re: 鬼子母神

 こんにちわ。大分、返事が遅れました。
 雑司ヶ谷は面白かったですね。川から見上げる東京も面白そうですね。
プロフィール

サムライ銅像研究会

Author:サムライ銅像研究会
歴史と銅像と芸術が大好きなあまり、日本各地を東奔西走する銅像・史蹟ハンターである。神出鬼没なため、脈絡無しのブログ更新を続ける。掟はただ一つ!「死して屍拾うものなし!」昔の時代劇の決め台詞だけどね・・皆さん、見てやあ!
 最近、キューピーに侍の装束を着用させる遊びをやっております。「武者ピー」と呼んで可愛がってやぁ~!以後は「キューピー甲冑師」とも名乗ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。