スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新宿区の神社~秋葉神社~

 それがし(私)はランニング中毒です。毎日走らないと中毒症状が出ます。嘘です。ごめんなさい。でも走らないと体がムズムズして困ります。今回は新たにランニングコースを発見する中で見つけた神社です。

画像 092_1
 新宿区矢来(やらい)町の住宅街の中にある「秋葉神社」です。江戸時代は若狭(福井県)・酒井家の屋敷中にあったそうです。これだけなら紹介するまでもないのですがね・・・。

画像 093_1
画像 094_1
 残念ながら年代は分からないのですが、狛犬'sがかわいい。自分、おじさんですが、女子力が強いのか可愛いものに異常に反応して困ります(笑)。

画像 095_1
 「まあー、そのー・・・」
画像 096_1
 「大平首相じゃないんだからしゃっきりしなさい!」このネタで笑える人はある年代以上ですな。それはおいておいてこれらの狛犬の土台には「小日向(こひなた)」「水道街」とあります。この近辺の地名に今も残りますね。

画像 100_1
 本殿の画像です。新しい本殿ですね。平成に入ってから建て直したようです。

画像 103_1
 本殿の前に置かれた水盤が古い。ここには「寛延四歳」と読めます。この歳は西暦では1751年であり、「暴れん坊将軍」徳川吉宗が逝去された年です。なので、寛延は途中の6月まで(途中で宝暦にかわっています)なので、この刻印はとても貴重です。やはり「神社に歴史あり」です。

 もう一つおもしろいものがありました。
画像 105_1
 こちらは「正雪地蔵」。正雪だけでピンと来た方は鋭い!そう!あの「由井正雪の変」の屋敷跡から掘り出されたお地蔵さんだそうです。ちなみに切支丹地蔵だそうです。全ての真偽は不明ですが、ものを見ると、歴史は確実に存在したのだということが肌身で実感できます。
画像 107_1
画像 108_1
 今なお、お水を捧げられている現状に日本人の信仰心を、というか「優しさ」を感じられます。こういう感性は「一神教」の人々には理解しづらいかもしれませんが、日本人の「強み」だと思います。

 神社の向いには・・・
画像 109_1
 出版社の「新潮社」がございます。
画像 128_1
 「yonda?」パンダで有名です。はい。死ぬほど読んでます。もっと面白い本を出してください。村上春樹は大嫌いです。そんなにノーベル文学賞が欲しいですか?

画像 127_1
 山形県は米沢市の銘酒「東光」の純米酒。旨い!旨すぎる!!!


 次回はこの続きで、新宿区の別の神社で~す。

MUSE_banner_02.jpg

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

突然すみません。

初めまして。突然のコメントすみません。偶然こちらのブログを拝見したのですが、狛犬さんの可愛らしさに悶えて思わずコメしてしまいました。すみません。こんなに可愛い狛犬さんていらっしゃるんですね。
職場が新宿なので今度実物を見に行こうと思います。落ち込んでたけど、可愛い狛犬さんのお陰で少し元気が出ました。ありがとうございました。

Re: 突然すみません。

 はじめまして、こんにちわ。
 そう、狛犬って可愛いんです!近所の神社とか散歩ついでに立ち寄ってみてはいかが?意外に可愛い子達が出迎えてくれるかもしれませんよ。

No title

狛犬の表情がなんともいえませんねw
うししししw って笑ってるみたいでもあり
ちょっとこういう顔のオジサンいるよね、ってかんじもあり。

Re: No title

 こんばんわ。
 狛犬殿の表情が秀逸だったので紹介しました。住宅街の中の小さな神社ですので、訪問される方はお静かに・・・近所でも見落としは多いものです。
プロフィール

サムライ銅像研究会

Author:サムライ銅像研究会
歴史と銅像と芸術が大好きなあまり、日本各地を東奔西走する銅像・史蹟ハンターである。神出鬼没なため、脈絡無しのブログ更新を続ける。掟はただ一つ!「死して屍拾うものなし!」昔の時代劇の決め台詞だけどね・・皆さん、見てやあ!
 最近、キューピーに侍の装束を着用させる遊びをやっております。「武者ピー」と呼んで可愛がってやぁ~!以後は「キューピー甲冑師」とも名乗ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。