スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

杉並区で流鏑馬見学

 数日前、知人から「杉並区の大宮八幡宮で流鏑馬が開催」という報せを受けまして、スケジュールを確認したところ、行けるので駆けつけました。夜勤明けでしたが・・・。

画像 037_1
 はい!こちら杉並区は永福町にある(地図では大宮町だけど)大宮八幡宮。関東にはよくあるパターンですけど「八幡太郎」こと源義家公が創建に関わっています。今年は950周年ということで流鏑馬神事が開催されました。

画像 010_1
 表参道に馬場が用意されました。ちょっと長さが足りないので二の的までが精一杯。それでも大勢いの見物客が押し寄せました。

 まずは本殿にて祝詞を奉納して、パレード。
画像 049_1
画像 051_1
 皆さん、実に凛々しいです。小笠原流の方々です。この流派は「技で生活するべからず」という教えがあるようで、皆様普段は別に職業をもっており、余暇を活かして練習や行事を行われているとの事。頭がさがります。

画像 059_1
 まずは本殿の神様に向かって一礼されています。

 では・・・
画像 069_1
画像 070_1
画像 071_1
 命中!その1

画像 078_1
画像 079_1
画像 080_1
 命中!その2。カメラが優秀なので、カメラマンがへぼでもこれくらいなら誰でも撮れます。もうちょっと寄ればよかったな・・場所取りはバッチリだったけど。
 
 でもその日のベストショットは別にあります。
画像 066_1
 題名「人馬一体」、馬上の射手は静かに精神統一をしておられ、馬も気合が昂ぶっているのか歯をむき出して「ぶひひん・・・」と鳴いておりました。

 帰ろうとしたところ・・・
画像 093_1
画像 094_1
 カエルにみえないこともないですね。
画像 095_1
 皆様に成り代わって撫でておきました。お賽銭に手を伸ばしているわけじゃないですよ!そんなことをする奴等には神罰があたります。

 帰りに隣町の永福町で行列の出来るラーメン屋の「大勝軒」でチャーシューメン頂きましたが、味は普通。別に並んで食べるほどではありませんでした。ラーメンマニアに嫌われるな・・・。

MUSE_banner_02.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ナイスショット!

お見事です!
知っていれば、私も見にいきたかったです。
先日、高田馬場・穴八幡の流鏑馬像は見たばかりですが・・・。

No title

格好いい!
技で生活するべからず。
素晴らしい教えですね。
私も「絵で生活するべからず」でありたいです☆

小笠原流

小笠原流の方、凛々しいですねえ。

見事な写真ですが、なかでも馬が昂ぶっているのに、平然としたお顔。

いつか流鏑馬の写真を撮ってもみたいです

場所取りが大変だったら
嫌だな。

Re: ナイスショット!

 こんばんわ。
 カメラのおかげです。私は場所取りしただけ・・・穴八幡は私の近所なんですよ。毎年、体育の日に流鏑馬神事が開催されるので、今年にでも観に来てください。他にも早稲田大学や椿山荘など散策スポットが目白押しです。

Re: No title

 こんばんわ。
 ほんとカッコいいですよね。仕事だと色々頭下げなきゃならんし、愛想笑いもせにゃならんし・・やめときましょう。いいアトリエ兼住宅が手に入るといいですね。

Re: 小笠原流

 こんばんわ。
 返事が遅れまして・・・「鳩サブレー材木座海岸」なんてならなきゃいいんですが。

 流鏑馬はけっこう人気高いので場所取りが重要ですね。主催者により違いますが、いい席は地元民優先だったり、有料だったりするので一般者コーナーに比較的早い時間にいって辛抱強く待つことがシャッターチャンスの第一条件です。私も今回、2時間くらい待ちました。
プロフィール

サムライ銅像研究会

Author:サムライ銅像研究会
歴史と銅像と芸術が大好きなあまり、日本各地を東奔西走する銅像・史蹟ハンターである。神出鬼没なため、脈絡無しのブログ更新を続ける。掟はただ一つ!「死して屍拾うものなし!」昔の時代劇の決め台詞だけどね・・皆さん、見てやあ!
 最近、キューピーに侍の装束を着用させる遊びをやっております。「武者ピー」と呼んで可愛がってやぁ~!以後は「キューピー甲冑師」とも名乗ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。