スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新旧の鶴岡八幡宮へ

 あれま、もう2月だねぇ。最近、転職して猛烈に忙しくてブログ更新も武者ピー製作も滞りがちなのですが、まあ、気長にやっていこうと思いますよ。

 さて、現在も鎌倉の目玉として有名な鶴岡八幡宮・・
CIMG1060.jpg
 源頼朝が鎌倉入りする前はもっと海側にありました。
CIMG1135.jpg
 手描きの地図でもうしわけないが、鎌倉駅を挟んで南の海側に由比若宮八幡神社がありました。

CIMG0985.jpg
 いや、ここが見つけづらいのなんの・・住宅街のど真ん中なので目印もすくないし・・線路沿いを歩いてやっとみつけました。
CIMG0986.jpg
 「え?この小さなお社があの・・」と思った方。それがしも同じこと思いました。

CIMG0988.jpg
 参拝の前に・・・

CIMG0989.jpg
 こちらで・・・

CIMG0992.jpg
 武者ピー流の「源氏揃え」を挙行いたしました。左から、源義経・新田義貞・足利尊氏・源頼朝・太田道灌と皆さん、源氏に連なる方々です。神様はどんな思いで見ておられるやら・・

 代表でこの二人に参拝して頂きました。
CIMG0993.jpg
 頼朝・義経兄弟です。
CIMG0996.jpg
 今回の鎌倉遠足はこれが大目的の一つでした。

 さらに・・・
CIMG0997.jpg
 現在の鶴岡八幡宮にも参拝・・。

CIMG1000.jpg
CIMG1001.jpg
 この二の鳥居の狛犬さんは大きいです。2メートル以上あるかねぇ・・・。

CIMG1065.jpg
 舞殿で静御前ピーも記念撮影。毎年、春の例大祭では静御前の舞が賑々しく披露されます。ネットで動画検索してみてください。華やかですよ。

CIMG1074.jpg
 社殿に上がる前に、猛烈な風に倒された大銀杏前で、鎌倉武士ピーが記念撮影。直垂がきまってるね!見苦しい自画自賛ですまぬすまぬ・・・。

CIMG1075.jpg
 石段を上がって振り返ると、鎌倉の街が一望のもとに見下ろせます。海まで見通せるのは、高い建物がないため、見通しがきくからですね。歴史ある古都を意識した街づくりは大切ですね。

 拝殿内は撮影禁止のため・・すぐ脇にある宝物館へ入りました。ここは本殿の裏手にあたり、人気もほぼないので・・
CIMG1078.jpg
CIMG1080.jpg
 源頼朝と静御前で記念撮影。これには神様も驚かれたかもしれません。どうも失礼致しました。また来ますのでよろしくお願いします。

CIMG1096.jpg
 石段を降りると、阿形の狛犬殿が満面の笑顔を浮かべておりました。
  『また来るが良いぞ!』ははっ、また武者ピーでも連れて来ようかと思います。一人では淋しいので、同行してくれる女子募集中・・・最期に邪念がまじってしまいましたね。

 次回は鎌倉の古寺を訪れます。武者ピーも出るでよ!

MUSE_banner_02.jpg

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

転職直後はそれはさぞかしお忙しかろうと思います。
頑張ってくださいね。
鎌倉はいつか行ってみたいところです。
とはいえ、旧鶴岡八幡宮には行けそうにもないので、目に焼き付けときますね(笑)
武者ピーの写真の中では、頼朝義経兄弟が、社殿を見上げる写真が一番好きです☆

Re: No title

 こんばんわ。
 最近、すこし落ち着いてきて武者ピーのことも考えられるようになったので、徐々にやっていこうと思います。
 鎌倉は広くないので、目ぼしい所は半日もあれば廻れてしまいます。でも、そこから更に奥に踏み入っていくと、あらためて古都の歴史を感じ取れることができます。私もまた春に出かけてみたいと思います。
 元八幡での源氏兄弟を煽って撮ったのを気に入って頂いたようでなにより・・腰を曲げたかいがあります。まだ鎌倉更新は続きますのでお楽しみに・・。

転職

あら!転職なさったんですねえ。

いまどき、転職できるのは、能力があるってことですね。おめでとうと言いたいところですが、身体が第一ですから、てきとうに息抜きしてくださいね。

鶴岡八幡の境内に、元八幡を遥拝する場所がありますね。

今は草木が茂って見えないけど、昔は見えたんでしょうね

何度も言いますが、武者ピーを連れての参拝は、かわいすぎ。源氏衆そろい踏みを見ても誰も気づかないの?

同行女子が応募してくれるといいわねえ。

Re: 転職

 こんばんわ。
 能力で転職したわけではないので、面映いでんな・・・まあ、このご時世、仕事があって、稼げること事態ありがたいことですな。人生は長いので、今は頑張り時とふんばりましょう。
 元八幡は観光地ではないので、私以外いませんでした。次回は足利尊氏公の墓が公開される春にまた行きたいと思います。ええ、かわいい女子が引っかかると嬉しいですね(笑)。

初めて知りました^^

こんばんは。
元鶴岡八幡って小さいと驚くより、まず元・・・があるなんてはじめて知りました!
現在の鶴岡八幡も一度しか行ったことが無いので、一度は鎌倉をゆっくり散策したいです。
武者ピーの記念撮影は圧巻です。
元・・・を想いだして参拝してくれて神様もよろこんでいることでしょうね、きっと^^

Re: 初めて知りました^^

 こんばんわ。
 私も今回、調べていて初めて知ったのですよ。住宅街の中の普通の神社でしたので探すのに苦労しましたが、誉めていただくと足を伸ばしたかいがあります。
 鎌倉は主要なところは半日もあれば廻れてしまいますが、そこからさらに一歩踏み込んで歴史を調べながら路地を歩くと面白いですよ。関東には鎌倉という「古都」があるのだ、と胸を張りたくなります。
プロフィール

サムライ銅像研究会

Author:サムライ銅像研究会
歴史と銅像と芸術が大好きなあまり、日本各地を東奔西走する銅像・史蹟ハンターである。神出鬼没なため、脈絡無しのブログ更新を続ける。掟はただ一つ!「死して屍拾うものなし!」昔の時代劇の決め台詞だけどね・・皆さん、見てやあ!
 最近、キューピーに侍の装束を着用させる遊びをやっております。「武者ピー」と呼んで可愛がってやぁ~!以後は「キューピー甲冑師」とも名乗ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。