スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鎌倉の五霊神社

 今回は鎌倉の神社のみご紹介・・・。
CIMG0937.jpg
 やってきました。長谷の雪ノ下。

CIMG0938.jpg
 住宅街の向うに見えるよくある神社に見えますが・・・。

CIMG0939.jpg
 鳥居の前をすぐ江の島電鉄が横切ります。ここは鉄道ファンには有名な撮影ポイントらしいです。それがしも折りよく撮影できました。
 さて、こちらの神社は平安時代の鎌倉の開発領主・「鎌倉権五郎景政(かまくら ごんごろう かげまさ)」を祀ったお社。景政は源義家に従って、後三年の役に参陣し、片目を潰されながらも奮戦したという伝承があります。また大庭御厨を開発し、伊勢神宮に献納しています。さらに源頼朝に従った大庭氏や梶原氏の先祖でもあるそうです。

CIMG0942.jpg
CIMG0940.jpg

 扁額には・・
CIMG0947.jpg
 そのものずばりの名前がはいっています。

CIMG0949.jpg
 旗立ての松。

 狛犬をみましょう。
CIMG0951.jpg
CIMG0953.jpg
CIMG0952.jpg
 顔が欠けているのが残念ですが、なかなか風格あるものです。台座には何も書いてませんでした。残念。

CIMG0955.jpg
 末社の石上神社は・・
CIMG0956.jpg
CIMG0957.jpg
CIMG0958.jpg
 こっちの狛犬が古くみえます。はて?

CIMG0954.jpg
 境内のご神木です。まだこの時は曇っていてとても寒かったです。

 次回も鎌倉の神社です。武者ピーはしばらくでません。

MUSE_banner_02.jpg
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

鳥居の前の江の島電鉄、
格好いいですね♪
それから弓立の松。
景政さんが弓を立てかけたときは、
まだ元気に、天に向けて
枝を伸ばしていたのでしょうか?
狛犬の足元から出てくる狛犬も
かなり気になりました☆

Re: No title

 こんにちわ。 
 観光名所で、他にも修学旅行生のグループがいました。江ノ電と神社はタイミングあって撮影できたのがよかったですね。狛犬も名品・・・楽しい神社でした。寒かったですが・・。

御霊神社

なじみの場所ですが、こうして狛犬のアップをみると、新鮮です。

そうそう!鎌倉権五郎神社って私も、へえ~と感じましたよ。


そのものずばりって、なかなかないですよね。

江ノ電を何年にもわたって撮っていた人がいます

ここも撮影ポイントですが、ほかにもたくさんあります。海だったり石段だったり

Re: 御霊神社

 こんばんわ。
 鎌倉はやはり関東の古都ですね。なにげない路地に面白い発見があります。また武者ピーを連れて行かないと。次は足利尊氏の墓のある寺を狙っています。
 江ノ電も絵になりますね。小町通りは観光化されていて、つまらないですが・・・。
プロフィール

サムライ銅像研究会

Author:サムライ銅像研究会
歴史と銅像と芸術が大好きなあまり、日本各地を東奔西走する銅像・史蹟ハンターである。神出鬼没なため、脈絡無しのブログ更新を続ける。掟はただ一つ!「死して屍拾うものなし!」昔の時代劇の決め台詞だけどね・・皆さん、見てやあ!
 最近、キューピーに侍の装束を着用させる遊びをやっております。「武者ピー」と呼んで可愛がってやぁ~!以後は「キューピー甲冑師」とも名乗ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。