スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

源氏の武者ピー~源義経~

 武者ピーサイズの兜をいくつか造っていた。バリエーションを増やすため、工作精度を上げるため、試行錯誤のためである・・
CIMG0018_20121028085050.jpg
 左から・・長烏帽子形兜(公開済み)、椎実形天衝前立て(しいのみ・なり・てんつきまえだて)兜、頭形蜻蛉前立て(ずなり・とんぼまえだて)兜・・
CIMG0019_20121028085049.jpg
 兜を置いてある台は、以前、京都市美術館(平安神宮のそば)で購入した絵葉書立て、大きさが丁度いい。後ろからは・・
CIMG0020_20121028085049.jpg
 色とりどりの糸で威している、という設定。

CIMG0022_20121028085048.jpg
CIMG0021_20121028085048.jpg
 兜は造っていて純粋に楽しい。兜だけ造っている時もある。資料を見ていると、甲冑師たちの想像力に舌を巻くばかり・・「キューピー甲冑師」としては「負けておれんなぁ・・」と思うばかり。

 さて、武者ピーである。まずは・・
CIMG0023_20121028085047.jpg
 武士の世に、「理想像」とされた「鎌倉武士」・・ポイントは頭の「侍烏帽子」と「直垂(ひたたれ)」。侍烏帽子は、「有職故実辞典」に載っていたので、折り紙で長烏帽子を作って折って完成・・侍烏帽子の作り方を覚えてしまった・・・意外と簡単に作れた。昔は頭をさらすのが「恥」とされたので、庶民から貴族まで被り物は必須。武士は、兜を被るため、頭と兜鉢の間に挟むため烏帽子を捻って使っていたが、普段から侍烏帽子を被るようになった。
CIMG0025_20121028085157.jpg
 相撲の行司さんが被っている烏帽子も同じ。ただ、現代の烏帽子は大きい。というのも、髻(もとどり)と侍烏帽子をつなげて固定していたため、小さいものであったが、現代人の髪型では不可能なので、自然、被る形に大型化した・・ということ。
 直垂、これが難しかった!今までで最高の難易度。資料はあったが、キューピーに着せるサイズで再現するのが困難・・これは2回作り直して、三度目の正直の作品。イマイチ不満は残るが、現時点ではこれが到達点。いずれまた作り直したい。

 続いて源義経・・
CIMG0027_20121028085156.jpg
 薙刀を大きく作りすぎて持たせられない・・その前に兜が大きい?
CIMG0028_20121028085156.jpg
 大鎧は、愛媛県大三島にある大山祇神社に源義経が奉納したといわれる「赤糸威胴丸鎧」を参考にしました。弓走革に貼り付けた千代紙も、実際の鎧に貼られた布地に近い模様を探しました。千代紙セットって便利だね。
 義経を象徴するものは何かな、と考えて見たものの兜くらいしか思いつかなかったので、五月人形の義経兜を参考にしました。
CIMG0030_20121028085155.jpg
 鍬形の根元の顔は「獅噛(しがみ)」。手書きです。笑って~な。吹き返しに貼った千代紙もめでたい図柄を使用。ホント千代紙セットって・・(2回目)・・。後ろからは・・
CIMG0029_20121028085156.jpg
 円のカーブをうまく切り抜くのは難しいねぇ・・え?兜が大きいって?これくらい大きいのがいいのさ。デフォルメだから、特徴を大胆に強調・・これ以下に小さく造ったら、兜のもつ力強さが殺されてしまいます。

 次回はどうしよ?

MUSE_banner_02.jpg
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

わー鎌倉武士だあ。鎌倉武士にちゃんと見えるー。
直垂お疲れ様でした。これは難しいわぁ・・・。
とくに袖とみごろとのつなぎ目とか・・・キューピーさんに着せるわけだから大変ですよね~。
千代紙も今は色んな種類の柄があるから、武者ピーのおしゃれにも幅が出ますよね☆

Re: No title

 こんばんわ。
 そうなんですよ。直垂の難しいこと・・想像できませんでした。まるで立体パズルを解いているようで、頭の体操になります。
 最近、キレイな柄の紙を見ると「使えないか?」と思ってしまいます。

No title

こうなってくると、
「武者ピーで学ぶ日本史講座」
を開いていただきたい感じです。
そろそろ受験シーズンだし、すごく受けそう♪

Re: No title

 こんばんわ。
 私の日本史では「いびつ」なので受験生の皆さんの邪魔になりますよ。黒田節や太田道灌公の時のように、「銅像と史蹟と武者ピー」を一緒に紹介できるような型で頑張りたいと思います。

巴御前

巴御前

はじめて女性の武者ピー、巴ピーげできましたね。大学時代の親友が入学式翌日につけられたあだ名が巴御前。卒業まで、巴さんと呼ばれていたので、なんだかなつかしかった。

太田道灌はさすが思い入れの深さが出てますね。山吹の絵が手元の便箋にあったなんて、これもラッキー。

美男だったという義経もそれらしく出来ましたね

いずれにしても、私は兜などしげしげ見たことがなかったから、説明を聞いているだけで面白い

Re: 巴御前

 こんばんわ。
 「巴御前」なんてあだ名がつくとは強者ですね。薙刀でもやっておられたんですか、その方は?女性の武者ピーも造っていきたいと思いますがなかなか候補が・・来年の大河は会津の新島八重さんでしたね。ライフル持たせた武者ピーでもつくりましょうかね。

 兜は造ってるだけで面白いので、今後ますますバリエーションが増える予定です。
 
プロフィール

サムライ銅像研究会

Author:サムライ銅像研究会
歴史と銅像と芸術が大好きなあまり、日本各地を東奔西走する銅像・史蹟ハンターである。神出鬼没なため、脈絡無しのブログ更新を続ける。掟はただ一つ!「死して屍拾うものなし!」昔の時代劇の決め台詞だけどね・・皆さん、見てやあ!
 最近、キューピーに侍の装束を着用させる遊びをやっております。「武者ピー」と呼んで可愛がってやぁ~!以後は「キューピー甲冑師」とも名乗ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。