スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の兜~武者ピー製作と足軽’s~

 武者キューピー、もとい武者ピーを作るようになってからあらためて日本の甲冑について勉強しているところである。元々、歴史好きが高じて甲冑もすきなのだが、見るのと作るのではえらい違いである。
 理想としては・・
DSC00503_1.jpg
 皇居前の「楠正成」公像とか・・・

DSC00629_1.jpg
 熊本県菊池市の「菊池武光」公像(画像は鹿児島県の中村晋也美術館にある原型)などだが、しょせんは理想である。それに小さいからデフォルメ勝負だしね。

 上の画像は日本人が甲冑に抱く見本だが、兜に目を移すと実に創造性豊である。以下にいくつか実例をご覧頂きたい。
CIMG0126_20121017181958.jpg
 伊勢海老を乗っけたかのような完成度。江戸時代に作られたものなので、戦場に行くことはなく、それゆえに残っている。他にもウサギ耳兜とか、ナマズの尾っぽを模した兜もある。動物つながりだと・・
CIMG0124_20121017182000.jpg
 これを初めて見た時は呆然とした。創造性の豊かさに驚くと同時に呆れたのもまた事実・・・まあ、猿は日枝神社の神の使者でもあるからね。猿の敏捷性を真似たいという思いもあったのかもしれない。甲冑というのは足軽以外、基本的に一人ずつが「オーダーメイド」しているものなのでこのように自由なのである。

 もう一つ・・
CIMG0122_20121017182000.jpg
 右の兜のアバンギャルドな色使い!これにはしびれた・・これはそのうち作ってみたい。正式名称は「鼈甲塗烏帽子形兜(べっこう・ぬり・えぼし・なり・かぶと)」という。

 それらに刺激を受けつつ、新作を作っておりました・・。
CIMG0184.jpg
 足軽に槍足軽と弓足軽が加わりました。
 
CIMG0001_20121017184857.jpg
 完成してから気づいたが、お尻が出すぎ・・すまんことです。

 鉄砲足軽「ぷっ!お前たち、ケツ丸出しじゃん」
 槍足軽 「その代わり、俺たち上着しっかり作ってもらったからお前みたいに上半身裸じゃないぜ」
 弓足軽 「ええ、私、お腹ゆるいので助かります」
 鉄砲足軽「そうだな。作者も一体つくるごとに経験値を積んでいるわけだな。しかし・・相変わらずあいつは金にならんことにばかり力を注いでいるな」 
 槍&弓足軽「同感!」
 うるせえ、ほっとけ!  

 こほん・・取り乱しました。兜もどんどん改良&新作ができています。
CIMG0186.jpg
 左から、足軽大将が被っているのが三日月の前立てがついた兜。真ん中が日輪の前立てが付いた烏帽子形兜。右の大名くんが被っているのが三つくわ形兜。首の後ろを守る「しころ」という部分は室町時代のもののように開き気味です。後ろからは・・
CIMG0192.jpg
 ご覧頂いて分かるかどうか不明だが、「しころ」は1枚ずつ別パーツ・・細かい作業が意外に楽しい。真ん中の烏帽子形兜は上手い具合に曲げることができたが、重すぎてキューピーさんが転倒するのでお飾り専用・・ダメじゃん!

CIMG0190.jpg
 足軽大将「いやあ、おかげさまで新しい兜はかっこいいですなあ!これでやっと増えた足軽たちにいばれるぞ!」

CIMG0188.jpg
 大名くん「これこれ・・あまりいばりすぎるなよ。それにしても新しい兜は「しころ」が開いて涼しいなあ。そろそろ歴史上の偉人も作った方がよいのではないか?」
 はい、次回は銅像と神社と武者ピーの共演となります。


MUSE_banner_02.jpg

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

キューピー!

こんにちは♪

キューピーのお尻がかわいすぎます(笑)
また見に来ます~。

Re: キューピー!

 はじめまして、こんばんわ。
 武者キューピー、縮めて「武者ピー」と呼称しております。これからもご贔屓のほど、ひとつよろしくお願いします。

No title

すごいデザインの兜があるもんですね。
お猿さんなんて、夜に出くわしたら腰抜かしそうです。ひー。

この調子で武者ピーが増えて行ったら、
本当に「軍」になっていきそうですね☆

武者ピー

旅行で留守だったあいだのブログを見ました~

巣鴨に福音社があるんですね。天狗ちゃんもぐりとぐらも、子供たちが読んでいて、それを孫も愛読しています。

良いものは受け継がれるのねえ

武者ピーを作る手先の器用さに驚いています。コスプレとはいえ、なるべく史実に基づいて作りたいという気持ちよくわかります

いろいろ勉強もしているわけですね。

なんといってもカワイイのは「お尻出過ぎの足軽」。

商品化したら?その前に特許も申請もね

Re: No title

 こんばんわ。
 日本の甲冑は面白いですよ~!徐々に武者ピーが増えつつあるので、そろそろ置く場所をどうしようか思案中です・・やれやれ。

Re: 武者ピー

 こんばんわ。
 ご覧いただいたようで恐縮です。歩いて初めて発見するものもありますね。
 
 手先は特に器用ではないですが、折り紙が扱いやすい素材なので見栄えするのかもしれません。安いし、千代紙も様々な柄があるのでアイディアを練る楽しみもあります。頭の体操になります。こんな時代、自分で楽しめる方法をみつけないとね。
プロフィール

サムライ銅像研究会

Author:サムライ銅像研究会
歴史と銅像と芸術が大好きなあまり、日本各地を東奔西走する銅像・史蹟ハンターである。神出鬼没なため、脈絡無しのブログ更新を続ける。掟はただ一つ!「死して屍拾うものなし!」昔の時代劇の決め台詞だけどね・・皆さん、見てやあ!
 最近、キューピーに侍の装束を着用させる遊びをやっております。「武者ピー」と呼んで可愛がってやぁ~!以後は「キューピー甲冑師」とも名乗ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。