スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぶらり墨田区散歩~三囲のコンコンさん~

 前回の白髭神社からさらに南下・・・下町で有名なお社に辿りついた・・。
CIMG0064_20120925184737.jpg
 社号標では旧字体だが「三囲(みめぐり)神社」であります。ご由緒は・・

  『倉稲魂命=宇迦之御魂神(ウガノミタマノミコト)を祀る。旧村社(現在はかつての小梅村にあたる地区にあるが、旧地は須崎村にあったと推測されている)。元、田中稲荷と称した。創立年代は不詳。伝によれば、近江国三井寺の僧源慶が当地に遍歴して来た時、小さな祠のいわれを聞き、社壇の改築をしようと掘ったところ、壺が出土した。その中に、右手に宝珠を、左手にイネを持ち、白狐に跨った老爺の神像があった。このとき、白狐がどこからともなく現れ、その神像の回りを回って死んだ。三囲の名称はここに由来するという。

 元禄6年(1693年)、旱魃の時、俳人其角が偶然、当地に来て、地元の者の哀願によって、この神に雨乞いする者に代わって、「遊(ゆ)ふた地や田を見めくりの神ならは」と一句を神前に奉ったところ、翌日、降雨を見た。このことからこの神社の名は広まり、京都の豪商三井氏が江戸に進出すると、その守護神として崇め、三越の本支店に分霊を奉祀した』・・とのこと。

 こちらは拝殿前が賑やかでしたよ。
CIMG0072.jpg
 狛犬さんやおキツネさまやライオンとか・・。まずは参拝。
CIMG0073.jpg
 
 拝殿に一番近いところにいるのがこちら!
CIMG0079.jpg
CIMG0084.jpg
CIMG0080.jpg
 「コンコンさん」という愛称が付いています。珍しいですね。垂れ目がなんともいえません。アップは・・
CIMG0082.jpg
 こういうお爺さんいそうですね。
CIMG0086.jpg
 こちらは大御所タレントの井上順さんそっくり!ちなみにコンコンさん、享和2(1802)年、奉納。210歳なんですね~!同じ頃に伊能忠敬さんが日本全国廻って地図作りに邁進されておられます。

 ちょっと離れた所に狛犬さんが・・。
CIMG0089.jpg
 CIMG0097_20120925184934.jpg
 えーと・・コンコンさんの印象が強すぎて・・いい江戸狛犬なんですけどね。

 ライオンさんもいます。
CIMG0095_20120925184934.jpg
CIMG0096_20120925184933.jpg
 ライオンさんの後ろは幼稚園(保育園?)がいます。目の前に色んな石像があって、確実に記憶に残っていくんでしょうね。中でもコンコンさん!羨ましいですね。

 三囲神社はまだまだネタ豊富なので次回も続きます。今回の最後に・・
CIMG0099_20120925184959.jpg
 狛犬あ形  「今回、僕たち影薄いなぁ~。」
 コンコンさん「ここは私らキツネが先輩だから当たり前田のクラッカー・・もといコンコンチキ!」
 お後がよろしいようで・・・。

MUSE_banner_02.jpg
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

コンコンさん、たしかにこんなお爺さん、いますわ~~( ´艸`)ムププ
まさか、狛犬とライオンの競演が見られるとは・・・。
面白い神社があるもんですね~~~。

ライオンをおおいに好み・・・
三越の日比翁助さんの気持ちは、
おなじく大いに虎を好んでいるあけぼうには、よくわかります☆

Re: No title

 こんばんわ。
 実に賑やかな拝殿前でした。でも奥はまだまだ見所があったのでお楽しみに。

コンコンさん♪

こんばんわー☆彡

たしかに「コンコンさん」というかんじの表情ですね(笑
愛嬌のあるよいお顔です(o´ω`o)

三囲神社のネタというと…
京都の蚕ノ社にあるような例のモノですね(-_☆)

あと境内から本殿越しに
アレもよく見えたでございましょ( ̄ー ̄)フッフッフ

Re: コンコンさん♪

 こんばんわ。
 いやぁ・・あまり調べずに行ったもので見たまんましか書きません。何を仰っているのやら・・アレってスカイツリー??はてはて。

おもしろい!

なんともジョークのような神使さんと、花園神社てきな笑える狛犬さんと、
挙句 暑い日の犬のようなライオン(獅子)と、見どころ満載の神社ですね♪
やってくれますねぇ~  貴重な情報ありがとうございますm(__)m

Re: おもしろい!

 こんばんわ。
 見所いっぱいの、観光名所な神社でした。奥にはさらに面白いものがありましたので続きをお待ちください。

三囲神社

ほんと、この神社の境内は賑やかですねえ

コンコンさんと狛犬とライオンと。

神社と関係ない話で申し訳ありませんが、三越のライオンは大正3年の設置なんですね。改装された東京駅も大正3年

東京はモダンな街だったんでしょうね。私の母が大正3年生まれだから、ついその年号に反応してしまいました

そうそう、上高地の大正池ができたのもその頃です

母は98歳で健在です

Re: 三囲神社

 こんにちわ。
 東京駅も復活しましたね。通りがかるだけですが、また見に行ってみたいものです。
プロフィール

サムライ銅像研究会

Author:サムライ銅像研究会
歴史と銅像と芸術が大好きなあまり、日本各地を東奔西走する銅像・史蹟ハンターである。神出鬼没なため、脈絡無しのブログ更新を続ける。掟はただ一つ!「死して屍拾うものなし!」昔の時代劇の決め台詞だけどね・・皆さん、見てやあ!
 最近、キューピーに侍の装束を着用させる遊びをやっております。「武者ピー」と呼んで可愛がってやぁ~!以後は「キューピー甲冑師」とも名乗ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。