スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

隠田神社~原宿の鎮守さま~

 渋谷区の原宿というと「竹下通り」であり、「表参道」であり、若い人の街というイメージがあるが、そんな街にも古いお社があります。
隠田神社1
 こちらは神宮前5丁目。
  『御祭神は淤母陀琉神(おもだるみのかみ)・阿夜訶志古泥神(あやかしこねのかみ)・櫛御食野神(くしみけぬのかみ)
 隠田神社は旧穏田一円の産土神で、天正十九年伊賀衆が穏田の地を家康より賜り給地となる。以後この辺開け江戸時代は第六天社と称し明治維新の際に穏田神社と改称す。ご祭神は美容、技芸上達、縁結びの神として尊崇される』
 
 手水舎は・・
隠田神社の手水舎

 参道の狛犬は・・
CIMG0004_20120828184551.jpg
CIMG0006_20120828184550.jpg
 片方は顔があるようなのですが、脚立などないので撮れてません。

 拝殿は・・
CIMG0040_20120828184549.jpg
CIMG0011_20120828184548.jpg
 
 拝殿前の狛犬がすばらしい。
CIMG0012.jpg
CIMG0015.jpg
 なんか全体に扁平な感じ。大正14年に奉納されております。彫刻師は「清水翠巖」。この名前で調べたところ、愛知県岡崎市の山中八幡宮にも同じ方の狛犬あるようです。
 阿形の足元の子狛がかわいい。
CIMG0016.jpg
CIMG0017_20120828184740.jpg
 お尻がプリッとしていて・・
CIMG0019_20120828184740.jpg
 あんまり可愛いから撫で撫でしちゃいました。わりとスベスベしてました。他にも触っている方いるんでしょうね。

 末社は・・
CIMG0032_20120828184740.jpg
 お稲荷さんです。隅っこに・・
CIMG0034_20120828184924.jpg
 河野カタ女史胸像。背面の説明版によると・・漢方薬の大家で、毎日、隠田神社の参詣を欠かさなかったが、戦災で焼けたことを悲しみ、拝殿や神楽殿などの再建に尽力された方・・とのこと。武士ではありませんが、地域に尽くされた方ということで紹介させていただきます。
 ふ~、久々の銅像紹介だなぁ・・・。

MUSE_banner_02.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

なんか扁平になると、狛犬がシーサー寄りに見えてきますね。
本当に、銅像紹介って久々ですね。
そういえば!・・・ってちょっと驚いてしまいました(笑)

Re: No title

 こんばんわ。
 確かにシーサーっぽい狛犬ですね。銅像も久々でした。当ブログは基本的に武士や武将の銅像を紹介しているので最近ネタ切れ気味なのも確か。まあ、地方にまたご新規の武将銅像増えているのでそのうち取材にいかないと・・。しばらくは神社・狛犬ブログですね。

子供の狛犬

子供の狛犬、ほんとに可愛いです

よく鞠をもったり、赤ちゃんを抱いたりして母性を表していますが、なかなかここまで可愛いのは少ないですね

だれもが、なでたくなるのね?

宗教的な意味でなく、なんとなく撫でるのね。きっと

Re: 子供の狛犬

 こんばんわ。
 あの子狛はホント可愛いです。お尻が「撫でて!」とばかりにプリンとしていて、石なんですけどね。思わず撫でてしまったのはここの狛犬が初めてです。まだまだ可愛い狛犬探したいですね。
プロフィール

サムライ銅像研究会

Author:サムライ銅像研究会
歴史と銅像と芸術が大好きなあまり、日本各地を東奔西走する銅像・史蹟ハンターである。神出鬼没なため、脈絡無しのブログ更新を続ける。掟はただ一つ!「死して屍拾うものなし!」昔の時代劇の決め台詞だけどね・・皆さん、見てやあ!
 最近、キューピーに侍の装束を着用させる遊びをやっております。「武者ピー」と呼んで可愛がってやぁ~!以後は「キューピー甲冑師」とも名乗ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。