スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「13人の刺客」~元ネタの殿様~

 2010年10月の記事で、当時公開していた映画「13人の刺客」の元ネタを見つけたという記事を書いた。
IMG_0156_20120815191331.jpg
IMG_0157_20120815191331.jpg
 こちらは静岡県三島市に鎮座する「三島神社」の参道の途中にある「言成地蔵尊」。説明を読むとその哀しい歴史がお分かりいただけると思う。

 その後、太田道灌公や徳川家康公などの調査などに関心を向けていたので、追跡調査がなかなかできなかったが、今回、関係する土地の郷土史や幕府がまとめた歴史書を精査して元ネタのような殿様を探り当てた。

10066431.jpg
 こちらは今年、2012年に舞台でやる「13人の刺客」・・長髪のイケメンだな。でも、もとは・・
13人・ファースト_1

 こちら1968年公開の劇場版。主演は片岡千恵蔵、他に嵐寛寿郎、西村晃(水戸黄門役の方)、山城新伍、里見浩太郎、丹波哲郎など錚々たる面々・・さすがにDVD版しか見ていない。他に・・
仲代達也
 1990年のテレビスペシャル版。仲代達也と夏八木勲が主演。
13.jpg
 2010年劇場公開版。役所広司と市村正親が主演。

 個人的に1番すきなのがテレビ版。仲代さんと夏八木さんのクライマックスの一騎討ちがたまらなかった!2010年劇場版はやややりすぎな感じ・・。

 まあ、フィクションは置いておいて・・明石藩の歴代藩主達を「三百藩藩主人名辞典」と「講座 明石城史」を調べてみた。明石藩自体は何度も統治するお家が交代していて、ずっと同じ家だあったわけではない。江戸時代260年間の中で、明石藩で暴君と呼ばれる殿様は2人いた。

 一人目は徳川家康配下で勇猛を謳われた本多忠勝の子孫・本多政利(1641~1707)この方は暴力的な人物であったらしく、領地で荒っぽい狩りを度々行って領民に迷惑かけたり、女中をささいなことで殺害したり、幽閉されてからも家臣を殴る蹴るの暴行を日々行っていたようだ。本来なら幕府から切腹を申し付けられても文句言えない人物なのだが、奥さんが水戸徳川家の頼房(家康の末っ子)の娘であったことから幕府のお偉方ももてあましていたらしい。
 ちなみに「明石城史」に・・
  『明石市林村に猪投(いなげ)町という村があるが、政利が捕らえた猪を投げ殺していたことからついた地名である』
 という恐ろしい説明がさらっとあった。現在の明石市の地図で探したが、市町村合併で見当たらなくなっていた。これは古地図でまた探したい。

 もう1人は松平斉宜(まつだいら なりこと:1825~1844)。江戸後期の殿様で「13人の刺客」と時代背景がピッタリな方。
 この方、時の将軍・徳川家斉の末っ子で、明石松平家に養子に出された人物。「寛政重修諸家譜」や「徳川幕府家譜」という将軍家・大名家の系譜と履歴をあわせた本にははっきりとしたことは書かれていなかった・・・が!
 末尾に『(斉宜が20歳で死んだ後)鳴り物(楽器)停止しなくてよい、将軍・家慶(斉宜の長兄)に対するご機嫌伺いなど特になく』
 という特異な一文が書かれていた。家斉の子供は男の子26人、女の子27人いるが(!)、他で亡くなった後にこのような一文が載せられることはなかった。斉宜の妹・泰姫の死後は『鳴り物は七日間停止、普請(工事)はやってかまわない』と書かれていたのである。
 ということは・・将軍家の斉宜への思いが伺えるような気がする。

 ここまで調べると、後は明石に趣いて地元の図書館や郷土史家を訪ねるしかないが、明石に行く用事ないしなぁ・・・。後の課題にしていこう。
 
 現時点での結論は「三島の言成地蔵尊や本多政利・松平斉宜のような暴君の記憶が渾然一体となり、悪政が続いた家斉時代に、このような痛快な話があればいいのに・・という思いがシナリオに昇華したのではなかろうか?」
 あまり結論らしい結論ではないが、とりあえずこんなところで・・・。

 次回は文京区の神社・・は次にして、あの家康公が異次元の生物とであっていたエピソードを紹介しよう。

MUSE_banner_02.jpg
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村

 あ!松平直明、調べ忘れてるな・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

サムライ銅像研究会

Author:サムライ銅像研究会
歴史と銅像と芸術が大好きなあまり、日本各地を東奔西走する銅像・史蹟ハンターである。神出鬼没なため、脈絡無しのブログ更新を続ける。掟はただ一つ!「死して屍拾うものなし!」昔の時代劇の決め台詞だけどね・・皆さん、見てやあ!
 最近、キューピーに侍の装束を着用させる遊びをやっております。「武者ピー」と呼んで可愛がってやぁ~!以後は「キューピー甲冑師」とも名乗ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。