スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小日向神社~新設狛犬~

 引き続き文京区である。今回は文京区小日向(こひなた)2丁目にある小日向神社である。
小日向の拝殿
CIMG0059_20120814191702.jpg
CIMG0064.jpg
 由緒書きがすこし見にくいので・・
  『氷川神社と八幡神社を合祀して、明治2年小日向神社と改称された。天慶3年(940)の春、当時の常陸国の平貞盛が、この地方を平定して、現在の水道2丁目の日輪寺の上の連華山に建立した。
 また、八幡神社は昔の名を「田中八幡」といい、現在の音羽1丁目に鎮座していた。創立は、貞観3年(860)の春と記述されている。』
 ご祭神は品陀和気命(ホンダワケノミコト)。創建から1152年建つんだね。

 こちらの狛犬殿が新しかった。
CIMG0055_20120814191512.jpg
CIMG0057.jpg
 新しい子は大量生産ぽいものでいまいち・・これから古くなれば味がでるかな。それよりも土台が面白い。
CIMG0056_20120814191511.jpg
CIMG0058_20120814191511.jpg
 下のものなど、上に乗っかった新人を「大丈夫かい?」と心配しているみたい。偶然にしても面白い。

 さらにここの手水舎の水盤がなかなかの名品でした・・
CIMG0063_20120814191702.jpg
 裏まで細かくみたけどいつ造られたかは不明・・・
CIMG0061.jpg
 なんか海か湖か、波の上を神獣が跳ねています。
CIMG0062.jpg
 馬かと思ったら、背中に甲羅がのっかっていますね。何これ?

 次回はまた別の文京区の神社です。

MUSE_banner_02.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

神社で動物を見つけるのって、たのしいですよね!
台座の狛犬のまるで水の中みたいな浮遊感が良かったです。
新しい狛犬も珍しいというか・・・古くて輪郭もぼやけちゃってる子ばかり見てると、逆に目に新鮮ですね☆

Re: No title

 こんばんわ、
 そう、楽しいんです。江戸から明治の細やかな細工を見るのも楽しいし、大正、昭和と変遷していくのを見るのも面白いですね。
 台座彫刻も意外と名品がありますから着目していきたいですね。
プロフィール

サムライ銅像研究会

Author:サムライ銅像研究会
歴史と銅像と芸術が大好きなあまり、日本各地を東奔西走する銅像・史蹟ハンターである。神出鬼没なため、脈絡無しのブログ更新を続ける。掟はただ一つ!「死して屍拾うものなし!」昔の時代劇の決め台詞だけどね・・皆さん、見てやあ!
 最近、キューピーに侍の装束を着用させる遊びをやっております。「武者ピー」と呼んで可愛がってやぁ~!以後は「キューピー甲冑師」とも名乗ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。