スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏の熱中症~注意喚起!!~

 今週の月曜日、帰りがけに急に汗が止まり、体温が上昇しだした。2010年の酷暑の経験から・・
  「やべ!熱中症だ!」と気づき、近くのコンビニでスポーツドリンク2リットルを二本購入して、近くの公園の木陰で一本目をがぶ飲みして飲み干し、あとの一本を1時間ほどかけて飲んでいた。もちろん、首元は緩めて。それからバスに乗って帰宅したが、夜になって再び体温上昇。首元・脇下・股下と「三点クーリング」を実行して就寝したものの、翌日は起き上がる体力も気力もなく、やむなく休暇を使い、火曜日は休んだ。その日一日は塩入の水を飲みながら、消化吸収のいい雑炊だけしか食べられなかった。水曜日にやっと復活し、汗をかくことの大切さをあらためて学んだ次第・・・。ナトリウムの体への吸収には一日かかるようである。

CIMG0724.jpg
 (画像は内容と関係ありませんが・・何か?)
 2010年にも一度熱中症になったことあるので対処法はばっちりだったが、やはりきついなあ・・。皆さんにいいたい。
  『熱中症は命を奪う!』
 毎年、数百人から数千人の人々が救急搬送され、そのなかの一部がお亡くなりになられている。そのような危険なものを「熱中症」などという生ぬるい表現で放置していていいだろうか?「殺人熱射病」といったほうがいいのではないか?
 熱中症の何が危険かというと、汗が出ずに体温上昇してそのうち体が動かなくなるのだ!其の時、近くに涼しい所やコンビニ、売店などあればいいが、人通りのいない田舎道でなった時を思うと想像するだに恐ろしい・・。
 以前からお茶を煮出して冷やして持ち歩いていたが、最近はお茶に塩を混ぜるようにしている。

 これからは街に出るのに、帽子は欠かせないな。

MUSE_banner_02.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

確かに殺人的

今年の暑さは、殺人的です
毎朝、十二社の坂を自転車で上がっていきますが、中央公園の横の坂は
心臓の悪いです。。。

ペットボトルを手に、サングラスをしっかりして出勤です。
サムライ銅像研究会さんも、水分は欠かさずに!

熱中症はこわいです(( ;゚Д゚))

こんばんわー☆彡

熱中症は注意していても
体調や少しの気温上昇でなったりするので
怖いですね…(-_-;)

わたしは外に出るときは
必ず帽子と飲み物と塩飴か塩キャラメルを持ち歩いています(-_☆)v
最近よく売っている
『水分を含ませるだけで冷えるタオル』も良いかんじです♪

猛暑日が続きますので
油断せずにまいりましょう(`・ω・´)

No title

大事に至らなかったようで、
よかったです。
東京ほどではありませんが、
札幌も今年はかなり暑いので、
気をつけたいと思います。

Re: 確かに殺人的

 こんばんわ。
 十二社の坂は長めで緩やかですから心臓にきますね。お気をつけて。

Re: 熱中症はこわいです(( ;゚Д゚))

 こんばんわ。
 私も塩アメなめています。レモン風味の。酸味もないとね。地中海みたいに「シエスタ」真似ればいいのにねぇ・・。

Re: No title

 こんばんわ。
 ご心配かけました。搬送されるほどではなかったですが、一歩間違えるとその危険性も・・。容赦ない陽射しから身を守るために帽子が手放せません。
 お子さまも御気をつけてくださいまし。

熱中症

大変だったのですね。

毎日、テレビで「気をつけろ」と言うので、煩いなあ、おせっかいだなあと思っていましたが、他人ごとじゃありませんね。

年寄りだけがなるのだと思い込んでいましたけど。

夫は、この暑さでもテニスをしています。テニスコートに行けば、昼間はシニアばかりですから、こんな人がたくさんいるんですけどね。

Re: 熱中症

 こんばんわ。
 そうなんですよ。健康な時は他人事なんですが、気づくと「当事者」・・・しかも成人病と違って「致死性」が高いのが「熱中症」・・。日本人が慣れ親しんできた夏の暑さとはここ数年あきらかに変化しています。油断されないよう。
 この暑い中、野球やテニスしている人々見ると「暑い中頑張るなぁ・・」と思います。スペインみたいに「シエスタ」導入すべきじゃないですかね。「サマータイム」導入よりも。

No title

いや、本当ですよ。
太陽に焼き殺されるような感じがしますよ。
それにしても、大事に至らず良かったですね。
シエスタ導入、賛成ですわ~。

Re: No title

 こんばんわ。
 とはいえ、昼寝した分、日本人夜中まで働きそうだし、となると節電にならないし・・悩みは深いですね。そうだ!夏はバカンスにでよう!それも無理か・・やれやれ。
プロフィール

サムライ銅像研究会

Author:サムライ銅像研究会
歴史と銅像と芸術が大好きなあまり、日本各地を東奔西走する銅像・史蹟ハンターである。神出鬼没なため、脈絡無しのブログ更新を続ける。掟はただ一つ!「死して屍拾うものなし!」昔の時代劇の決め台詞だけどね・・皆さん、見てやあ!
 最近、キューピーに侍の装束を着用させる遊びをやっております。「武者ピー」と呼んで可愛がってやぁ~!以後は「キューピー甲冑師」とも名乗ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。