スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吉原神社

 台東区の観光地は年末賑わう「アメ横商店街」や「浅草寺と仲見世通り」・・・そして江戸の昔から大人の男達が遊んできた街がある。

吉原弁財天
吉原弁財天の説明
 詳しくは書かないが、「吉原」である。そこの遊女達の信仰を集めてきた弁天様。

弁天像1
弁天像2
 中央には大きな弁天様が祀られている。気のせいか物悲しいお顔に見えます・・・。
弁天堂
 奥には弁天堂があります。
弁天堂のご本尊
 右がご本尊様ですね。

 吉原神社がすこし離れたところにあります。
吉原神社
吉原神社の説明
 規模はあまり大きいものではありません。吉原の敷地の片隅にあります。今回は色々と書きづらいなぁ・・。

 狛犬をどうぞ。
画像 094
画像 095
 靖国神社タイプみたいないかついデザインですね。うん?目が光ってる??
画像 096
画像 097
 キラキラしたものが貼り付けてありますね。当地の女性が貼ったのでしょうか?

吉原神社の拝殿
吉原神社の扁額
 拝殿と扁額です。
お穴さま1
お穴さま2
 境内の片隅にありました。今回はほとんど書きませんでした。分かるな?察してくれ。

MUSE_banner_02.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

吉原の遊郭・・

こんばんは。
吉原遊郭は、元は駿府城下にあった二丁町遊郭の一部が江戸に移されたのが始まりなんですよね。

弁天堂の御本尊様は、かなりインドっぽい感じがする弁天様ですね。
吉原の女性達も、幸せを願いながらお参りをしたのでしょうか・・

Re: 吉原の遊郭・・

 こんばんわ。
 まあ・・独特な街でしたね。その模様はまた次回・・。

No title

弁天様、衣がなびいてる様はちょっと素敵です。
でも確かに哀愁が漂ってるかも。
ご本尊の方は流石のなまめかしいお姿でした☆
狛犬さんはかなりハト胸ですねぇ。
おあなさま・・・なるほど、なるほど☆

Re: No title

 こんばんわ。
 さすが色街の弁天様ですね。現在の吉原も・・独特な雰囲気でした。次回、ちょっとだけお送りします。

眼にビーズ

こんにちわ!
なんてことでしょう。
眼に赤いビーズ!? なんでこんなことに。。。
これって喜んでるんでしょうか、困ってるんでしょうか!?

でも面白いですね

Re: 眼にビーズ

 こんばんわ。
 目にビーズ・・・私も初めて見ました。いたずらなのか奉納なのか?不明ですが、場所柄、女性の参拝者が多そうですからね。幸薄そうな・・そっとしておきましょう。
プロフィール

サムライ銅像研究会

Author:サムライ銅像研究会
歴史と銅像と芸術が大好きなあまり、日本各地を東奔西走する銅像・史蹟ハンターである。神出鬼没なため、脈絡無しのブログ更新を続ける。掟はただ一つ!「死して屍拾うものなし!」昔の時代劇の決め台詞だけどね・・皆さん、見てやあ!
 最近、キューピーに侍の装束を着用させる遊びをやっております。「武者ピー」と呼んで可愛がってやぁ~!以後は「キューピー甲冑師」とも名乗ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。