スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

箱根湯本の白山神社

 前回の大久保神社に行く前にまず箱根に出かけていました。新宿から小田急線に乗り・・
DSCF0746_1.jpg
 ああ、富士山が見えてきました。この辺だと遮るものも少なくよく見えますね。
DSCF0755_1.jpg
 小田原手前まで行くと頂上あたりしか見えません。

箱根湯本駅前1
 やれやれ、到着しました。箱根湯本駅前です。向いが有名な冨士屋ホテルです。でもスルー、湯治に来たわけじゃなし。目的は別にあります。陽射しは夏ですが、ここまで登ってくると風が涼しかったですね。
箱根湯本駅前2
 橋を渡って反対側から箱根湯本駅を眺めます。賑わってましたね~。

 山道をテクテク歩いていくと・・
箱根湯本の白山神社
 箱根湯本の白山神社に到着!江戸時代までは「白山権現さん」と呼ばれて親しまれていたそう。

白山神社
御祭神:伊豆大神奇魂・菊理媛命
例祭日:八月七日
ご由緒:伊豆山記、走湯山記によれば、聖武天皇天平元年夏、東国北条の祭主、伊豆権現に祈願したところ「悪行のなす所、救いに術なし、これ白山の神威を頼むべし」との神託があった。時に猛暑のころであったが、一夜のうちに石蔵谷(白山神社鎮座地)に雪が降り積もり、幾日たっても消えず、病いにある者これをとってなめたところ、病苦たちどころに平癒、よって社を創立せり。古来、病気平癒・厄難消除の神として庶民の信仰が厚い。
なお、社殿はこれより奥、山道を登って五百メートル余り、(徒歩約二十分)石蔵谷の岩上に社殿が鎮座する。

 これは古いですねぇ~。由緒正しい。

白山神社は、伝承によると「天平年間(729-748年)に関東に塙瘡(ほうそう)が大流行した時、加賀白山の開創泰澄から派遣された浄走坊が、この湯本の地に白山権現を勧請し、十一面観音を祭ったところ温泉が涌出してきた。その温泉に浴した人々はことごとく塙瘡が治った。」とあります。また、この湯本温泉は箱根の中で最初に温泉が湧き出たところで、国内で疱瘡が流行り関東に遣わされた加賀白山霊場の開祖康澄の弟子浄定が、天平10年(738年)箱根に白山権現社を建て、十一面観音を刻んだところ山から霊泉が湧き出し病を治したという伝承があります。
白山神社の御神水は、旧街道から小さな石橋を渡って直ぐ右側の手水舎から流れ出ています。この御神水は、社殿左に昔から境内に湧き出ているという白山御神水と祠があります。そこからパイプで手水舎に流し込んでいます。
白山神社のご神水
 という訳でこの手水舎からチョロチョロ流れているのがご神水。そういえば冷たすぎず、気持ちよかったですね。飲んだら美味しかったし。

白山神社へ
 境内へ行きましょう。

 白山神社狛犬コレクション!
白山の狛犬たち1
白山の狛犬たち2
白山の狛犬たち3
白山の狛犬たち4
 造られたのは大正5(1916)年9月吉日、彫刻師・松寿斎石熊、庭師・伴野徳平とのこと。「石熊」は屋号でしょうね。庭師が設置したのでしょうか?耳が立っているのが珍しいらしいのですが、そんなに立ってる?
 ちなみに大正4年には第1次世界大戦が勃発し、5年には大隈重信が狙撃され、翌6年には大日本帝国海軍からも遠く欧州の地中海へ向けて艦隊が派遣され、ドイツ軍の潜水艦と死闘を繰り広げていた(現在もマルタ島にその折戦死された方々への記念碑がある)誠に慌しい時代・・そんな時代から間もなく100年経とうとしていますね。その頃は現代の有り様など想像できなかったでしょう。今から100年後どうなんだろう?

 閑話休題・・。

白山神社の拝殿
 参拝しましょう。拝殿の木彫がまたすばらしい。こうして見ると、日本は道端に美術館があるような素晴らしい木彫を見ることができます。イイネ!!
拝殿の彫刻1
拝殿の彫刻2
 周辺は山深く、境内には清浄な気が満ちており、まことに「聖地」。この空気を呼吸するだけで寿命が延びますな。湿度も豊富なのか、狛犬は苔の衣をまとい、境内の一角には・・
カーペットのような苔
 緑のカーペットのような苔が敷き詰められています。潰れるといけないのでそっと触るとヒンヤリしていて、さわり心地も気持ちいいです。ジブリアニメの「もの○け姫」に出てくる精霊がそこかしこにいそうですね。拝殿には「しゃばけ」シリーズの「鳴家」たちが沢山居そう・・・。

 じんわり癒されました!

 次回は神社の向かいにあるお寺です。そこでは関東中世史にまつわるものを見学します。

MUSE_banner_02.jpg

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

今回の記事、息子と一緒に見たのですが、
「神社ってすごくキレイだねー。
 紐は金で出来てるんだぁ☆」
と大興奮してました。
狛犬もいろいろ表情あっていいですね。
苔の衣がまた味わい深い♪

Re: No title

 こんにちわ。
 これは嬉しいことを言ってくれますね。そうなんです。神社は美しいのです。また狛犬も近年のものは大量生産的な画一の表情ですが、古いものはとても個性豊か!造形美を楽しめます。箱根だと箱根神社が有名で人気ですが、この神社を見れば、箱根や芦ノ湖全体がある種、聖地。素晴らしいところですね。
 神社好きの子になりますかね?坊やにはよろしくとお伝えくだされたく候・・。

いい感じのブタっぱな!

最近、豚っぱな狛さんに魅かれています。
この狛さんは見事なブタっぱなですね。

お会いしたい。

Re: いい感じのブタっぱな!

 こんばんわ。
 神様のお使いに対して「ぶたっぱな」とは何ですか!「ししっぱな」でしょう。反省なさい。
プロフィール

サムライ銅像研究会

Author:サムライ銅像研究会
歴史と銅像と芸術が大好きなあまり、日本各地を東奔西走する銅像・史蹟ハンターである。神出鬼没なため、脈絡無しのブログ更新を続ける。掟はただ一つ!「死して屍拾うものなし!」昔の時代劇の決め台詞だけどね・・皆さん、見てやあ!
 最近、キューピーに侍の装束を着用させる遊びをやっております。「武者ピー」と呼んで可愛がってやぁ~!以後は「キューピー甲冑師」とも名乗ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。