スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国展~彫刻部門・その2~

 2回目である。サクサク行こう!

望郷の牛1
 「望郷の牛」知足院(ともたり)美加子さん
 最初見た時はワイヤーで出来た牛でしたが、影を見た時・・・この作品は完成しました。同時に大震災で野に放たれた飼い牛が放浪する様を思いました。
望郷の牛2
 芸術作品に伴う悲しみは、あの震災を体感した世代として生涯付きまとうのだろうな・・・。

存在と言う力
 「存在と言う力」鈴木琢磨さん
 いわゆるトルソーですね。何でもない作品のようでありながら、妙に意識の端に引っかかりました。トルソーの意味を調べてみると・・「人間の頭・腕・足・脚を除いた胴体部分のみを造型した彫刻。イタリア語で『木の幹』『胴体』を意味する『Torso』が語源」とのこと。なるほど・・。

ちきゅうのたまご
 「ちきゅうのたまご」三島樹一さん
 木から削りだしたお豆さんはオジサンの持つセカンドバッグをちょっと大きくしたくらい。枕によさそうだなあ・・・。

鳥の歌が聞こえる1
 「鳥の歌が聞こえる」池田秀俊さん
 この女性胸像が強烈に行過ぎるのを許しませんでした。自分でも「なぜ?」と思うくらい・・。展覧会から時間が過ぎた今、やっとわかりました。それがしが昔好きだった女の俤を重ねていたのだと・・。
鳥の歌が聞こえる2
 それがしはいまだに独身です。それは生涯続くでしょうが、25歳の時分、一度だけ「この人と所帯を持ちたい」と思った人がいました。その人のイメージとこの胸像が不思議にシンクロしてしまったようです。その女(ひと)とは縁がありませんでしたが、いまだにその方を思い出すことがあります。男は未練の生き物ですね。
 でもしょうがないのですよ。それが男の在り様なんですから・・。

 酒飲みながら更新しているせいか、余計なことまで書いたような気がします。

アメノウズメノミコト1
 「天宇受売命(アメノウズメノミコト)」吉沢榮敏(ひでとし)さん
 これは天岩戸伝説で、洞窟に閉じこもった天照大神を引き出すためにセクシーな踊りを踊って、神々の笑いを誘ったアメノウズメノミコトですね。どうりでセクシーな立ち姿です。 
アメノウズメノミコト2
 神話を知らない人に「これはクレオパトラだよ」といったら信じそうですね。カエサルの前に絨毯で巻かれたクレオパトラが現れた瞬間だ、って・・。
アメノウズメノミコト3
 裸体に布一枚だけ纏ったようなセクシーな立ち姿ですね。このアングルが一番美しいと思います。

女神の視線
 最後に女神さまの目線から会場を写してみました。こんな風に見えているんですね。

 次回は版画の秀作をお送りします。

にほんブログ村 美術ブログ 彫刻へ
にほんブログ村

MUSE_banner_02.jpg

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

サムライ銅像研究会さんの思い出の人って、
すごい美人さんだったんですね。
どこかで偶然再会して、
結婚することにでもなったら素敵☆
あ、でも本当に好きな相手とは結ばれない方が
人生は味わい深いものになるともいいます。

牛、いいですね。
私もワイヤー、改めて勉強したくなりました。

Re: No title

 こんばんわ。
 いやあ、酒が書かせたことなんで・・何しろ10年以上前の話ですし。多分に思い出も美化されております。

 ワイヤーものは影と一体化することで完成するアートということがよくわかります。ワイヤー物だけ集めた展覧会ってあったらおもしろそうですね。

No title

さすが女神様。
最初は少女のようだなぁと思いましたが、
よくよく見てると、やっぱり年齢不詳なんですよね。
不思議・・・。

Re: No title

 こんばんわ。
 女神様の彫刻もたまにはいいものですね。もっと色々あってもいいですね。

望郷の牛

望郷の牛に限らず、影の効果大ですね。

でも普通の美術館は、作品の保護のために?と言いつつ、暗~くしてますよね。

こんな美術展初めてみました

そうだ、ワイヤーで思い出しましたが、波平さんの髪の毛、心配通りになりましたね。

もっともニューズになって、訪れる人が増えるかもしれないですね。

Re: 望郷の牛

 こんばんわ。
 波平さん、心配通りになってしまいました・・・残念でしかたありません。日本人も荒みましたね。ああ、悔しい。
プロフィール

サムライ銅像研究会

Author:サムライ銅像研究会
歴史と銅像と芸術が大好きなあまり、日本各地を東奔西走する銅像・史蹟ハンターである。神出鬼没なため、脈絡無しのブログ更新を続ける。掟はただ一つ!「死して屍拾うものなし!」昔の時代劇の決め台詞だけどね・・皆さん、見てやあ!
 最近、キューピーに侍の装束を着用させる遊びをやっております。「武者ピー」と呼んで可愛がってやぁ~!以後は「キューピー甲冑師」とも名乗ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。