スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新宿区1丁目の神社~可愛い狛犬達~

 前回の最後に、練馬区石神井公園で開催される「照姫祭り」を取材してくると書いたが、土曜夜から風邪の為かだるかったし、熱っぽかったので見送った。「鬼のかくらん」というやつだろうか。とても残念だが、しょうがない。また来年あるさ。

 というわけで、新宿区1丁目にある小さなお社を紹介しよう。ここの狛犬がとても可愛いのだ。
DSCF4401_1.jpg
DSCF4402_1.jpg
 新宿区1丁目にある消防署の横に鎮座する小さなお社で、「新宿区の神社」一覧にも載っていない小さなところなのだが、狛犬がいい。

DSCF4396_1.jpg
DSCF4397_1.jpg
 造られたのは昭和19年、時局が非常に大変な折であったが、このようなほほ笑ましいものが造られていたのだ。どのような思いを込められているかは不明なので、一言で「ほほ笑ましい」などと表現するのはためらいもあるが、今のところそれ以上の言葉が無い。

DSCF4398_1.jpg
 狛犬子供1「ねえ、お父さん。遊ぼうよ!遊んでくれないとお髭をこうしてやる!(むぐぐ)」
 狛犬父さん「いてて!わかった、わかった。相手してやるからそれはやめろっていつも言っているだろ!」
DSCF4396_1.jpg
 狛犬母さん 「もう、あなたったら馬鹿ねぇ・・髭そんなに伸ばしているから」
 狛犬父さん 「お前だって髭あるじゃないか!いてて!」
 狛犬子供2 「(黙って鞠を噛んでいる)むぐぐ・・・」
 狛犬母さん 「この子達ったら噛んでばかり・・誰に似たのかしら?」
DSCF4403_1.jpg
 狛犬父さん 「そんな引っ張ったら髭が抜けるぞ!いてて・・」

 とまあ、そんな会話を想像してしまいました。なんとなく脇から視線を感じると・・・
DSCF4405_1.jpg
 道祖神でしょうか?
 神様 「もう、狛犬ばかり撮って!私も撮りなさい!」
 ごめんなさい。1枚だけ撮りました。勘弁してください。

 こちらは新宿駅東口から新宿通りを四谷方向へ歩いていくとございます。近くに都営・丸の内線の新宿御苑駅前への階段があります。消防署の方が目印になると思います。本当に小さい所ですから見落としやすいのでご注意を・・・。

 にほんブログ村 美術ブログ 彫刻へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

照姫祭り

ご無沙汰です。
本題ではなく冒頭の一文にコメントで失礼します。
前の記事を読んでからこの記事を見たのですが照姫祭りの取材を楽しみにしていたのですが、熱が出たそうで大丈夫ですか?
 私も太田道灌贔屓なだけに石神井はどうしても道灌贔屓には、なんか行き難い土地でもあります・・・。
 以前、写真を撮ったら電源が入らなかったことがあります(笑)しばらくして作動しましたが、あれはビックリした(汗)
 
子を抱いている狛犬ほほえましいですね。 神社では狛犬も見るようにします!

Re: 照姫祭り

 こんばんわ。
 ご心配かけたようで・・治りました。いやあ、前に石神井公園行った時は普通に行けたんですが・・なんでだろ?

こんな子連れの狛犬はじめて見ましたΣ(・□・;)
新しい世界ですね。ホント、制作秘話のようなものがありそうですね。

はじめまして

こちらでははじめまして、ですね!
コメしようしようと思いつつ、つい、うっかり「へ~~」「ほ~~」
と言っているあいだに、どうやら満足してしまうらしく(^_^;)
私、歴史、大好きなんですよね。
ですから、こちらの記事、とってもストライクでした。
ことのほか内藤新宿なんて
江戸時代の切絵図もって(もちろん今の地図も一緒に)
あちこちうろうろしていました^^
江戸だったら、幕末の新宿、神楽坂、高田、四谷あたり。
専門は鎌倉だったりします^^

ということで、拝読しにきま~す。
よろしくお願い申し上げます<(_ _)>

Re: タイトルなし

 こんばんわ。
 私もこの狛犬たまたま見てから注目するようになったきっかけの狛犬。街中にこれだけの優れた造型があるんですよ!お金払って美術館行くのもいいけど、周りの神社に足を運んでみるとこんな素敵な作品があるということですよ!

Re: はじめまして

 はじめまして、こんばんわ。
 時々、michiko殿のコメント欄でお名前を見かけたような・・差し支えなければブログアドレスなど教えていただければ拝見させて頂きたく。ご検討の程を。
 ほお、切り絵図まで入手しての街歩きですか!それはすごい。私はそこまでやっていませんが、必要な時は図書館で閲覧して、必要あればコピーして使っています。
 鎌倉を含め、日本の中世史全般が好きです。

No title

あ、もしやブログ名と、ハンドルネームが一致していらっしゃらないかも?いちど、当ブログのほうに、コメントいただいております(^_^;)
「たゆたふやうに」の管理人です<(_ _)>
たぶん示現会展を見に行ったときだと思います。
http://tayutauyouni.blog118.fc2.com/
です。

コメントのお礼で書きこみをさせていただきました♪
プロフィール

サムライ銅像研究会

Author:サムライ銅像研究会
歴史と銅像と芸術が大好きなあまり、日本各地を東奔西走する銅像・史蹟ハンターである。神出鬼没なため、脈絡無しのブログ更新を続ける。掟はただ一つ!「死して屍拾うものなし!」昔の時代劇の決め台詞だけどね・・皆さん、見てやあ!
 最近、キューピーに侍の装束を着用させる遊びをやっております。「武者ピー」と呼んで可愛がってやぁ~!以後は「キューピー甲冑師」とも名乗ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。