スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テメレア戦記~大人が読めるファンタジー歴史小説

 最近、書評ばかり書いているような気がするが、寒い季節は読書などで新たな知識・情報を蓄え、暖かい季節に備えるのが北陸人の本能のようなもの。陽射しはそろそろ暖かくなってきたので春までそう遠くないですな。

 今回読んだ本は図書館で偶然見つけたこちら・・
83e838C838183A90ED8BL82P.jpg
 ナオミ・ノヴィク著(ヴィレッジ・ブックス発行)、日本人のような名前だが、ポーランド系のアメリカ人とのこと。ストーリーは・・

 「時は19世紀初頭、主人公ウイリアム(ウィル)・ローレンスは英国海軍のフリゲート艦艦長。大西洋で敵対するフランス(ナポレオン体制)の戦艦と戦闘後、拿捕に成功。艦長以下を捕虜にすると共に敵船の船底から巨大な卵を鹵獲したのである・・。」
 話はナポレオン戦争時代の海軍もののようでありながら、史実と決定的に違うところがここから。卵はなんとドラゴンの卵だったのである!しかもこの世界ではドラゴンを戦争に使っており、英国にも仏国にも空軍がすでに存在しているのだ!!!

 それがしはここでいったんページを閉じてみた。現実世界では飛行機はライト兄弟の発明を待たざるをえないし、戦争に使われるのは第1次世界大戦が最初だ。歴史に「もしも・・」は禁句といわれるが、空からの偵察・攻撃などは人類の軍事史上における夢であったに違いない。その夢がまさかナポレオン時代に実現されているとは・・荒唐無稽といえばそれまでだが、まずは読んでみた。

 「ウィルは紆余曲折の末、生まれたばかりの漆黒のドラゴンのパートナーとなり、大きい目をくるくる回しながら人語を話すドラゴンに「テメレア」と名づけた。海軍の規則では、ドラゴンのパートナーとなった者は海軍を離れなければならず、ウィルは海軍でのキャリアを諦め、英国空軍に籍を移すことになった。
 ウィルとテメレアはスコットランドの空軍の秘密基地ロック・ラガン基地に赴き、空軍の訓練を受けることになった。本来、ドラゴンのパートナーとなるものは幼い頃から基地で過ごさざるをえず、大人になってから訓練を受けるウィルは周囲から浮いた存在であった。それでも愛嬌いっぱいのテメレアを可愛がりつつ徐々に空軍軍人としての技能を身に付けていった二人(ウィルとテメレア)はやがて出撃の時を迎えることになった。
 大西洋の向こう岸に集結したナポレオンのグラン・ダルメ(大陸軍)が英国上陸作戦を開始するとの情報を掴んだのだ!果たしてウィルとテメレアは、仲間のドラゴンチーム達の運命や如何に!」

 ここから先は実際に読んで確かめて頂きたい。歴史好きもファンタジー好きも大興奮必至である。ただ、戦争を描いた作品ゆえ容赦なく人が死んでいくのでそのようなシーンに抵抗のある方は避けた方がいいかも。小学生に読ませるのは酷かもしれない。中学生以上がいいだろう。

 しかしそれだけで薦めるのではない。テメレアがとにかく可愛いのだ。そしてウィルとの心温まる友情は大人こそ読んで、冷え切った心を暖めるべきだろう。それがしも何度泣いたことか・・・。

 シリーズは現在まで4冊でており、2巻はテメレアの故郷である支那(中国)での話、3巻は再び英国に帰るための大冒険、4巻は英国からアフリカ奥地への大冒険、更にナポレオンその人まで出てくる。どのように出てくるかは読んでの御楽しみ。
 訳者の後書きによれば作者は全9巻を予定しており、順次日本語版が刊行される予定だ。英語で読める方は原書を入手するのもありだろう。

 そういえば昔、児童文学で「エルマーと竜」も読んだなあ。ミヒャエル・エンデの「はてしない物語」にも竜が出てきたし。架空の動物のはずなのに、ドラゴンは広く人類の心に訴えるものがあるようだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

エルマーと竜、大好きでした。
竜はやっぱり人の心を捉えますよね。
ちなみにタツノオトシゴも好きです。

Re: No title

 エルマーと竜は面白い話でしたね。細かいところは憶えていませんが・・。

 そういえば今年辰年でしたね。

ファンタジー歴史小説

ご無沙汰です。
なんだか面白そうですね。
19世紀初頭のファンタジー小説ですか・
ナポレオンまで出てくるし。

NHKで放映していた「獣の奏者エリン」的な匂いもしますね(笑)

最近ミヒャエル・エンデの本も読みたいという衝動に駆られています。

Re: ファンタジー歴史小説

 こんばんわ。
 面白いなんてものではなく、4巻まで4日で読んでしまうほど面白かったですねぇ~。続きが気になってしかたないです。

 最近、テレビを全く見なくなったので公共放送のその番組はわかりませんが面白いのでしょうね。ミヒャエル・エンデは他にも「モモ~時間泥棒~」なんて作品も子供の頃読みました。読み返してみたくなりました。

竜のたまご

フランスの艦船の船底から竜の卵を発見するという発想が面白い。生まれた竜が漆黒なのね。

ほのぼのした交流が、ファンタジーとしても目に見えるようです。

そういえば、ヒロ男爵さんとサムライさんとほぼ同年齢の息子も「エルマーと竜」「果てしない物語」を読んでいましたよ。

授業中にも本を読んでいたほどの本好きは今も変わらないようです。通勤中は、i Podで読んでいるとか。

Re: 竜のたまご

 こんにちわ。
 面白い本なんですよ。週末などに1日1冊ペースで読んでいました。今は続きが気になって砂漠で水を求める思いです(笑)。

 私も極度の活字中毒なもので時間の隙間さえあれば本をむさぼっています。ただ昔かたぎなので文庫やハードカバーを常に持ち歩いています。iパッドなどで本を読むという行為はただ情報を摂取するようで味気ないのですよ。やはり紙やインクの香りを嗅ぎながらページをめくることこそ読書の隠れた楽しみです。調べ物でよくいく図書館は港区の有栖川宮公園(騎馬銅像もあります)にある都立図書館ですね。本が多いし、新刊も入るし、腹がすけば上のカフェテラス兼食堂もありますし。読書家のオアシスです。

 
プロフィール

サムライ銅像研究会

Author:サムライ銅像研究会
歴史と銅像と芸術が大好きなあまり、日本各地を東奔西走する銅像・史蹟ハンターである。神出鬼没なため、脈絡無しのブログ更新を続ける。掟はただ一つ!「死して屍拾うものなし!」昔の時代劇の決め台詞だけどね・・皆さん、見てやあ!
 最近、キューピーに侍の装束を着用させる遊びをやっております。「武者ピー」と呼んで可愛がってやぁ~!以後は「キューピー甲冑師」とも名乗ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。