スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

江戸・東京の源流へ~浅草の神社たち~

 この秋、江戸そして東京の源流を求めて浅草の奥地をさ迷ってみた。今回から数回に渡ってお送りしたい。

 東京で最も古い歴史を持つ寺社はそれまで漠然と「浅草寺」と考えていたが、もっと古いところがあった。最終的な目的地は奈良時代に創建されたある神社だが、まあゆっくりと廻ってみた。

熱田神社1
 こちらは台東区今戸2丁目にある「熱田神社」。東京に住んでいるそれがしも地図を見るまでこのあたりについて何も知らなかった。地方の方だともっとわからないでしょう。浅草寺の裏手の地域といえば少しはわかるだろうか。ご由緒は・・
熱田神社2
 なるほど・・少なくとも江戸初期からの歴史がありそうですね。

 水舎を見てみましょう。
熱田神社3
 刻まれた神紋は・・
熱田神社4
 なんというか雲が沸き起こるような模様ですね。ちょうどイザナギノ命やイザナミノ命が日本を造り出した神話を連想させます。

熱田神社5
 拝殿と狛犬です。コンクリ造りと新しいのは戦災にあったからでしょうか?尋ねたくとも人気のない神社でしたのであきらめましたが、そのうち郷土史を探ってみましょう。最後に扁額です。

熱田神社6
 今回はここまで。次回は招き猫で有名な神社をお送りします。そこは観光地のようになっていて観光バスから沢山の人々が降りてきていました。


にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは~

いつも楽しく拝見させていただいておりまっす♪

この神紋は「八雲」ですね~
氷川神社などで主に用いられている紋です。

ほかには東寺など寺でもよく用いられていますね。

この熱田神社は森が無いせいか
ちょっと寂しげなかんじがします(´・ω・`)

Re: こんにちは~

 こんばんわ。
 浅草近辺は全体に平らな地形で、隅田川沿い(川筋はしょっちゅう変わってきたようですが)ということもあり、古来何度も水害にあってきた歴史もあり、古い神社でも鎮守の森のようなものはあまりありませんね。残念なことです。
プロフィール

サムライ銅像研究会

Author:サムライ銅像研究会
歴史と銅像と芸術が大好きなあまり、日本各地を東奔西走する銅像・史蹟ハンターである。神出鬼没なため、脈絡無しのブログ更新を続ける。掟はただ一つ!「死して屍拾うものなし!」昔の時代劇の決め台詞だけどね・・皆さん、見てやあ!
 最近、キューピーに侍の装束を着用させる遊びをやっております。「武者ピー」と呼んで可愛がってやぁ~!以後は「キューピー甲冑師」とも名乗ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。