スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小堀遠州の仕事~品川にて~

 何回か前にオススメ漫画として安土桃山時代の茶人・古田織部が主人公の「へうげもの」を紹介したが、その中に出てくる江戸時代初期の茶人大名・小堀遠州もでてくる。
へうげもの遠州
 こちらが「へうげもの」版の小堀遠州。茶人のみならず、築城や作庭でも知られた総合芸術家。マンガではオネエ言葉で若干カマっぽい。それはマンガの演出でしょうが凄い人なんですよ。詳しくは・・ここじゃアレなので各自調べてね。ググってね。
 遠州の事績を調べていると、品川区の東海寺を彼が手がけたとの古都!いえ・・こと。お寺は一度行った事あるけど、あらためて行ってみた。

東海寺1
 こちら品川区北品川3丁目にある万松山東海寺。臨済宗大徳寺派です。開基は「紫衣(しえ)事件で有名な沢庵和尚。
東海寺2
 こちらは世尊殿。
 沢庵和尚は事件のために二代将軍・秀忠から出羽上山に追放されたが、三代将軍家光からは江戸に招かれて品川に東海寺を建ててもらい、その後はずっと江戸で過ごす。本人は京都の大徳寺に戻りたがっていたようだが・・和尚の墓もまた遠州が手がけたらしい。真偽は定かではないらしいが、ある意味芸術作品としてみてきた。

沢庵和尚墓入り口
 お寺とお墓は離れているが、お寺にいけば地図があるので実際に行かれる方が現地で参照されたし。

 入り口を上ると・・
茶筅塚
 茶筅塚がありました!つくばいや灯篭も・・ん?この灯篭?
織部灯篭1
 織部灯篭ではないですか!品川歴史館でみたものです。この画像ではわかりづらいですが、下を見ると・・
織部灯篭2
 お地蔵様のような刻み込みがあります。マンガでは・・
オリベ灯篭
 こんなかんじですね。左の口元を梅干のようにされている方は上田宗箇です。津本陽先生が「風流武辺」という本で書かれておられますね。
 こちらの灯篭は泥で覆われていますから、すこしよけてみました。
織部灯篭3
 お地蔵さんがほほ笑まれたように見えました。

 本題にもどりましょうか。
沢庵墓1
沢庵墓2
 なるほどね。

 柵の向うを見ると・・
沢庵墓3
 広く造られていますが、墓石自体は自然石ですか!もっと寄って見ると・・
沢庵墓4
 職人が技巧の限りを尽くしたお墓は沢山ありますが、さりげないのにどのお墓よりも存在感ありますね。遠州作というのが信じられます。素晴らしい!後ろから見てみましょう。
沢庵墓5
 もう言葉はいりません!

沢庵墓全体
 お墓は線路沿いにあるのに、静かでした。木立に囲まれているからですかね。この静謐な空気感はなんともいえません!味わう価値はありましてよ!

 今回はここまで。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村
 ポチッと押していただけると舞い踊ります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

うちのお墓のそばです

小堀遠州は沢庵和尚の墓を作ったんですか。
北品川はうちのお墓のそばです。私は千葉県に住んでおります。
沢庵和尚はお新香の「たくわん」の由来になってますね。
庭園めぐりをしているんですか。
後楽園周辺(東京の方)は今も昔も人が多く集まりますね。

沢庵和尚

昔の元旦6時間時代劇:宮本武蔵 (主演:北大路欣也)で沢庵和尚を知り、その偉大な和尚さんゆかりの寺が品川になるのですね。
 味わいがある寺ですね。

Re: うちのお墓のそばです

 こんばんわ。
 意外なところに史蹟はありますからね。街歩きは面白いですね。

 ところで貴殿は何かブログなどやられていないのですか?拝見しようとしてもお名前のところにはなんら反応はございませんでしたので。日本史に興味があるのですか?芸術に興味があるのですか?

Re: 沢庵和尚

 こんばんわ。
 沢庵和尚は柳生宗矩にも禅を指導されていますからね。ただ吉川英次先生が「沢庵と武蔵の関係は自分のフィクション」といっているらしいですね。

 見る価値のあるお墓ですね。

ブログはしておりません

ご返答ありがとうございます。
個人のブログは持っておりません。歴史が大好きです。
時間とお金がないの遠方に足を運ぶ史跡めぐりができません。
京都周辺にもう1回行きたいので、いつかは史跡を巡ってみたいです。
ちなみに私の母親の故郷は「天地人」で触れた戦いのあった場所です。

Re: ブログはしておりません

 こんばんわ。こちらこそご返答ありがとうございます。
 史蹟巡りというとつい遠方に旅行にいくようなイメージがあると思いますが、身近なところにいくらでもございます。殊に日本などは古い国ですから、自分の近所でも郷土史を読んであらためて見直してみると意外な発見がたくさんあります。えびすこさんも近所の神社などに行って見て、ご由緒書きなど読んでみると意外な驚きを味わえるかもしれませんよ。

 「天地人」というと越後ですね。私も春日山城跡に登りましたが、あの城の素晴らしさは忘れられません。

No title

あっ私が「へうげもの」で一番好きな上田殿が!!
うーんさすが。独特のお墓ですねぇ。
自分のお墓もこんなのがいいな~って思いました。

Re: No title

 こんばんわ。
 そうですか、上田宗箇殿がお好きだったんですね。いいお墓でしたよ。こういうさりげないお墓がいいですね。

 お体お大事に。

No title

こんにちは。
沢庵和尚はお得な方でしょうか?(笑)
小堀遠州にお墓も造ってもらって。
最後の写真、本当に言うことなしですね。
ななみちゃん、美しい子ですね!
年齢を聞いて驚きました。
もっと若く見えるから。

Re: No title

 こんばんわ。
 とても落ち着けるお墓でしたね。遠州の美的センスは現代でも通用するものですね。

 当家の犬を褒めて頂き、恐縮です。本人も・・いえ、本犬もとても喜んでおります。尻尾をふっているだけですが。座敷犬とはいえ、子犬の頃から長距離の散歩に連れ歩いたかいあって、今もなおスリムな犬です。やはり犬は歩かせるべきですね。一笑一笑。
プロフィール

サムライ銅像研究会

Author:サムライ銅像研究会
歴史と銅像と芸術が大好きなあまり、日本各地を東奔西走する銅像・史蹟ハンターである。神出鬼没なため、脈絡無しのブログ更新を続ける。掟はただ一つ!「死して屍拾うものなし!」昔の時代劇の決め台詞だけどね・・皆さん、見てやあ!
 最近、キューピーに侍の装束を着用させる遊びをやっております。「武者ピー」と呼んで可愛がってやぁ~!以後は「キューピー甲冑師」とも名乗ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。