スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

茨城県古河市の頼政神社

 前回の雀神社から20分ほど歩いたろうか?今回の古河訪問で一番行きたかった所の一つでもあるのが「頼政神社」!
頼政神社へ・・

 平安時代の摂津源氏の武将・源頼政をご存知?保元の乱で平氏側について源氏として唯一政権側に残ったものの「平家にあらずんば人にあらず」といった平氏のおごりように先を危ぶみ、以仁王の令旨を奉じて挙兵を策す。
だが、計画が漏れて準備不足のまま挙兵し、宇治平等院の戦いで平氏に敗れて自害。だがその死は日の本全土に反平氏の炎を挙げさせた・・ともいえる。

 歌人としても有名であり、辞世の句は・・
  「埋もれ木の 花咲く事も なかりしに 身のなる果は あはれなりけり」

 また、「ぬえ退治伝説」の主人公でもある。「平家物語」巻の四にあり、時の二条天皇が夜な夜な京の都に現れる妖怪ぬえに悩まされ、源頼政が討伐を命じられ、見事になしとげるという話。帝から桔梗の紋が入った衣とかぶら矢を頂戴したことから、源頼政の子孫である太田家は代々「桔梗」と「かぶら矢」を家紋にしたのである。
DSC02187_1.jpg
 画像は有楽町・東京国際フォーラム内にある太田道灌公立像です。ほら、桔梗とかぶら矢でしょ。

 道灌公の足跡を追う者としては、頼政神社は外せない・・というわけで・・
頼政神社入り口
 住宅街のど真ん中、すこし小高い所にございます。元々、古河城の一角にあったのだけど、河川改修工事とかで現在地に移転。でもここも旧古河城の観音寺曲輪(くるわ)の土塁上にあるので城中にあることに変わりなさそうですね。
 現在では草が茫々生い茂る小さなお社です。昔はもっといい扱い受けていたんでしょうけど。
頼政神社本殿
 本殿です。ご由緒は・・源頼政が自害する際に、ぬえ退治にも挙兵にもついてきた「猪早太(いの はやた)」に「わしの首を桶にいれて東国に逃げよ。桶を降ろして持ち上がらないところでわしの首を葬ってくれ」と言い残して自害。その後、早太くん、どこまでも逃げてきて今の古河あたりで持ち上がらなくなったところでお社を築き、それが現在の頼政神社につながるそうです。
 その早太くん・・このあたりの豪族である下河辺(しもこうべ)一族の出身なので、故郷に逃げてきたのかも。
ちなみに下河辺一族は平将門をやっつけた藤原秀郷の末裔だとか・・色々有名人がでてきますね。

 参拝して、扉にあけられた覘き穴から撮ると・・
頼政神社の内部
 こんな感じ。面白い神紋ですね。狛犬もみましょう。
頼政の狛犬1
頼政の狛犬2
 正直、状態がおよろしくないのでいつごろのものかわからないのが残念・・大切にしましょうね。

 今回はここまで!


にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村
 ポチッと押していただけると舞い踊ります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます。
狛犬さん、地面に直置きですが以前は台座もあったんでしょうか。
これ以上風化が進まないことを祈ります。

Re: No title

 こんばんわ。
 もう一度、注目をあびて立派に再建してほしいものですがねぇ。

古河

私が古河に行きたいと思ったのは古河公方のあとを見たかったのですが、頼政神社もあるのですか。

たしか宇治川には頼政最期の地みたいな碑が立っていたように思います。

国際フォーラムの道灌さまにはお目にかかっていますが、こういう模様があったとはねえ。

もうちょっと細部も撮るよう心がけましょう。

頼政公

古河に頼政公ゆかりの神社があることは知りませんでした。
家臣がここまで運んでくれたのですね。

Re: 古河

 こんばんわ。
 古河について調べていると、「頼政神社」をみかけましたので下調べするとご祭神が「源頼政」公とのこと。驚きました。関西から随分離れたものです。
 訪問した際には是非いってみようと意気込んでいったものの、地味な存在だったのでがっかりしましたが、仕方ないことなのでしょう。

Re: 頼政公

 こんばんわ。
 思ってもみないところに意外な発見をするのが歴史旅の醍醐味といえるのでしょうか?いってみないとわからないことばかりですね。

No title

狛犬さん、上の方は「ふむ・・」ってお顔にも見えますけど、下の方はかわいそうな状態ですね。なんとかしてあげて欲しいものです。

Re: No title

 こんばんわ。
 狛犬さんは残念でしたが、一人でも多く訪れる人が増えればなんとかなるかもしれません。現金な話ですね。
プロフィール

サムライ銅像研究会

Author:サムライ銅像研究会
歴史と銅像と芸術が大好きなあまり、日本各地を東奔西走する銅像・史蹟ハンターである。神出鬼没なため、脈絡無しのブログ更新を続ける。掟はただ一つ!「死して屍拾うものなし!」昔の時代劇の決め台詞だけどね・・皆さん、見てやあ!
 最近、キューピーに侍の装束を着用させる遊びをやっております。「武者ピー」と呼んで可愛がってやぁ~!以後は「キューピー甲冑師」とも名乗ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。