スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホキ美術館~千葉の写実絵画専門美術館~

 2010年11月3日に千葉県に写実絵画専門の美術館が出来たというニュースを美術雑誌で知った・・・すぐにでも駆けつけたかったが、開館後すぐでは大勢の人が押し寄せることも考えられるので時期を見送ってきたが、先ごろ行ってきた。

JR土気駅
 という訳でJR線外房線の土気(とけ)駅にやってまいりました。美術館への行き方は・・
ホキ美術館案内
 駅に分かりやすく案内板が貼ってますのでこちらを参照してください。バスに乗って10分ほどで到着します。

ホキ美術館入り口
 周囲は新興住宅地であり、そのど真ん中で出迎えてくれます。
ホキ美術館への道
 こんな想像力をかき立てるエントランスを潜り抜けると・・館内は撮影不可なので建物をご覧下さい。
ホキ美術館の全容
 ホキ美術館は館長・保木将夫が集めた写実絵画作品300点からなっており、千葉市最大の公園である緑豊かな「昭和の森」に面した地上1階・地下2階の回廊型ギャラリーをゆったりと巡りつつ、数多ある作品を楽しむことができます。
 また館内にはレストラン・カフェが併設されており、鑑賞後に食事など楽しみつつ余韻を味わうことも可能です。ショップでは絵葉書や図録・画集などお土産も購入できます・・って、ホキ美術館の広報か!

 買ってきた絵葉書で何枚か紹介しよう。
横になるポーズ
 森本草介「横になるポーズ」 ま、セクシー!

紅富士
 羽田裕「紅富士」 写真みたい!

苗名の滝
 大畑稔浩「苗名の滝」 涼しいねえ・・。

青磁香炉
 板谷波山「青磁香炉」 磁器はよくわかりませんが、これは美しい作品でした。

 美術館の感想は、皆さんに実際見ていただいたほうがいいでしょう。でも写実絵画は・・静物画や風景画などはあまりによく描けていると写真となにが違うと思ってしまう。写実を極めつくしたあとに、さらに向こう側に何を見せるのかが画家のできることであり、使命なのだろう。え?気楽にいうな?絵心が無いので、こんなことを書くことしか出来んのですよ。画像を撮る際になにがしかでもフィードバックできればと願いつつシャッターをきってはいるのだが・・写真は面白くも難しいですね。

 見終わった後、都内に戻り、適当に飯を食べたので今回紹介できる画像はもうありません。

 では、また次回!次回はどうしようかな・・ネタがたまりつつあります。


にほんブログ村 美術ブログ 彫刻へ
にほんブログ村
 ぽチッと押して頂けると舞い踊ります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして!

BSの番組『ぶらぶら美術博物館』で、この美術館を知りました。
ホキ美術館は、行ってみたい美術館のひとつです。
関東にお住まいなのがうらやましいです。

Re: はじめまして!

 はじめまして、こんばんわ。
 当ブログにコメントいただきありがとうございました。ホキ美術館はなかなか面白い所でしたよ。関東においでの際は一度お立ち寄りください。

 ちなみに・・貴殿はブログなど書かれているのですか?差し支えなければ教えていただければ拝見させて頂きたいのですが。
プロフィール

サムライ銅像研究会

Author:サムライ銅像研究会
歴史と銅像と芸術が大好きなあまり、日本各地を東奔西走する銅像・史蹟ハンターである。神出鬼没なため、脈絡無しのブログ更新を続ける。掟はただ一つ!「死して屍拾うものなし!」昔の時代劇の決め台詞だけどね・・皆さん、見てやあ!
 最近、キューピーに侍の装束を着用させる遊びをやっております。「武者ピー」と呼んで可愛がってやぁ~!以後は「キューピー甲冑師」とも名乗ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。