スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関ヶ原古戦場巡り~東軍編~

 さて、今回はいよいよ関ヶ原の古戦場を巡っていこう。主に東西の陣地跡になる。まずは両軍の配置図など見ていただこうか。
関ヶ原の配置図
 これは石田三成の本陣・笹尾山に置かれた地図だが、今回は東軍を巡っていこう。以下に岡山(勝山)を獲られた西軍の動きから決戦開始に至る流れをごく簡単に書いてみた。



 大垣城の後背に位置する岡山(勝山)を奪われた西軍はこのままでは大坂との通路を閉じられ、干上がるしかない。それを避けるため、9月14日夜半、関ヶ原への転進を開始した。大垣城を南下して伊勢街道に入り、はるか南宮山頂の長曾我部陣地の明かりを見つめながら牧田川にそって関ヶ原に向かうのが西軍の移動ルートだ。関ヶ原には事前に大谷吉継らの指揮の下、笹尾山・天満山・松尾山などに陣城が構築され、来るべき決戦に備えて包囲網が用意されていた。三成の作戦の根幹にはその包囲網があればこそ、「家康恐れるに足らず!」と思えたのであろう。
 冷たい雨が降りしきる中、西軍の兵や軍馬は口に声を抑えるための板切れをくわえ、鎧の草ずりの音を抑えるために縄で縛り、松明も点さないでぬかるんだ道を進んでいく・・。

 一方、東軍も西軍の動きを察知し、日付が変わって15日の深夜に家康は岡山を中心に布陣している東軍諸将に追撃を命じた。家康の後継者・秀忠率いる徳川本隊はついにまにあわないものの、やむをえざる決断だった。さもなければ「三成憎し!」にこりかたまった福島正則・細川忠興・黒田長政らが独断で追撃しかねなかった。そのような事態はなんとしてでもさけなければならなかったのだ・・・。
 追撃の先鋒は福島正則と黒田長政、とくに福島正則はあたかも解き放たれた猟犬のように「三成の首は俺がとる!」と先頭きって馬上の人となった。続いて加藤嘉明・細川忠興・藤堂高虎・松平忠吉・井伊直政らの部隊が後に続き、家康は徳川四天王の猛将・本多忠勝と旗本組3万とともに最後尾で続いていた。

 両軍の最終的な配置が完了したのは15日の午前5時ごろ、自分の指先すら見失いかねない濃霧の中、両軍の武将・兵士らは「今か今か」と各々の武具を手に静かに折り敷いていたのである。
 そんな霧が物音すらも飲み込みそうな濃霧の中を進むわずか50騎程の集団がいた。先頭には家康の四男・松平忠吉とその補佐役である井伊直政がいた。まもなく東軍の最前線にあたる福島陣のところに差し掛かると・・前方に笹の枝を背中に大量にさし、大身槍を片手にもった鎧武者が前を遮った。
 「待て!ここから先は福島左衛門大夫正則の陣所であるぞ!どこのご家中であるか存じ上げぬが、通行不要!」と大喝を発した。あまりの大声に松平・井伊隊の武者共にも震えがはしる。松平忠吉も初陣の緊張からか馬を引きそうになるものの歴戦の猛将・井伊直政が手綱を抑えて口を開いた。
 「控えよ!こちらは徳川内大臣家康卿のご子息である松平忠吉君なるぞ!忠吉君はこの度、初陣を迎えられるゆえ、それがし井伊直政が武名高い福島殿の御陣近くで戦の差配をお教えすべくいま少し前にでるだけぞ。何も福島殿の先駆けを邪魔立ていたそうというのではない。故合ってのことゆえ、そこをどかれるがよい。」と最初はどなりつけ、徐々にさとすような語り口で勇猛な武者に話しかけられる様はさすがに徳川家中にあって最強の赤備え衆を預けられる直政様といえましょう。これには遮った武者もあわてて頭をさげました。位負け、というものです。
 「申し訳ござらぬ。それがし可児(かに)吉長と申す。福島家中にあって侍大将を務めておりもうす。そのような訳ならば、主人・正則も快く通すこと相違ござらぬ。是非、お通りくだされ。」と道をあけました。
 「おお!福島家中にあって『笹の才蔵』と異名をとるのはおことであったか。忠吉様、首を取っては、持ち歩くのが面倒とその切り口に笹の葉っぱをねじ込んでいく猛者が目の前におるのです。何か言葉をかけてやってくだされ。」とうながす直政に忠吉も声をうわずらせながら。
 「役目、大儀!」と声を掛けて通り抜けていかれました。その後には直政と赤備え衆が続きます。可児才蔵は俯いたまま横目で(やけに鉄砲が多い・・。)と不審に感じておりましたが、もはや何もいえません。しばらくいくと、可児隊は霧に隠され、遠くに旗が見え隠れし、馬のいななきも聞こえるほどの距離に来ました。
 「忠吉様、この天下分け目の合戦に福島ごとき猪武者に先陣を切らせるのは徳川家末代までの恥!ここは我らが前方の西軍に鉄砲を撃ちかけ、先陣をきりますぞ!」
 「うむ!父上も・・いや内府(内大臣)様も喜ばれよう。皆、支度せよ!」その言葉に赤備え衆は二列に折り敷き、背負ってきた鉄砲に火薬・玉を詰め、かるかで軽く押し固め、火縄に火種から点火します。そのまま合図を待ちながら、いつでも発砲できる態勢です。忠吉が不安げに直政を振り返り、その不安を拭うように直政も娘婿である忠吉にうなづきます
 「者ども!構え!放てぇーっ!!」その号令に鉄砲が一斉に放たれ、天からの雷が束になって一時に落ちたかのように関ヶ原の狭い戦場に轟き渡ります。

 その音を後方の可児才蔵は悔しげに聞き、本陣の福島正則は床机から立ち上がって目を怒らせ、桃配山の家康は傍らの本多忠勝に静かに頷きかけます。忠勝は後ろの使い番に合図を
送りました。しばらくして東軍と西軍の中ほどにある丸山ののろし場で一発ののろしが打ち揚げられました。これから開始される激戦の合図として・・。

 というわけまず向かうのが、家康公が最初に陣を置いた桃配山です。
神君・家康公
 駿府公園の徳川家康公です。

 南宮大社や勝山を巡った翌日、早朝に名古屋を出発し、1時間半くらいで関ヶ原駅に到着。まず関ヶ原歴史資料館に向かい、足となる自転車を借りにいきます。
関ヶ原町シンボル
 関ヶ原町の紋章です。家康公のシダの葉の兜をモチーフにしています。
関ヶ原資料館
 こちらが資料館です。たしか4時間までが500円、4時間を越えると1000円で自転車を貸して頂けます。それがしは当然1000円を払っておきました。現在はしりませんが、普通のママ・チャリでしたね。電動自転車導入してくれると楽なんですがね。

関ヶ原資料館で貰える地図
 資料館で貰える地図です。黄色いマーカーを引いたところがそれがしの巡ったルートです。資料館の横には・・
家康の最終陣地
家康最終陣地1
DSC01838_1.jpg

 これから向かう桃配山の後に最終的に家康公が布陣したところです。隣接した敷地には・・
御霊神社

 こちらの御霊神社は、関ヶ原の合戦380年記念に地元の方々が戦死者を祭るために建てた神社です。大きいサイズの画像では読み込まなかったので小さいサイズです。すぐ隣に・・
貴船神社
 こちらは大正15年に建てられた貴船神社。関ヶ原村はもともと水の乏しいところで、晴天が続くとすぐに干上がってしまうほど水に苦労した土地でしたが、明治・大正にはいり、企業や工場が入るようになり、住人も増えたことで水源の確保が必須になりました。そこで、工事を行い、完了したのが大正15年、喜んだ人々は京都の貴船神社を勧進してお祭したとのこと。

紅葉と陣地
 秋の入り口の頃でしたので、まだ紅葉も色づいてませんね。

松平・井伊陣地跡
井伊陣地説明板
 先ほどの井伊直政公の陣地跡ですね。
井伊直政
 彦根の井伊直政公です。

 資料館から20分くらいで・・
丸山への竹薮
 左右に竹薮が迫る中、進むと・・
丸山のろし場3
丸山のろし場
 こちらで開戦ののろしが上げられたのです。
丸山のろし場2
丸山からの眺望
 丸山からの眺望です。上の画像はクリックしていただければ別画面でご覧頂けます。見切れていますが、右端が三成の本陣・笹尾山です(多分・・)。

 丸山からまた自転車で30分ほど・・やっぱり遠いですねぇ。
桃配山

IMG_0433.jpg
 家康公が最初に陣地を置いた桃配山です。なぜそんな名前なのか?
IMG_0432.jpg
 という訳。
IMG_0434.jpg
 ここには家康公と本多忠勝がいました。本多の兵の大半は後続の秀忠勢についており、わずか500ばかりを別の所に陣地を置いています。
IMG_0436.jpg

 桃配山から西にまっすぐ行くと本田家陣地です。
忠勝陣地

IMG_0446.jpg
忠勝陣地説明板
 こちらの陣地跡は民家の裏手にありますので、はしゃいではいけません。
猛将・忠勝
 こちらは三重県桑名市九華公園内にある本多忠勝公坐像です。「九華」と書いて昔は「くわな」と呼ばせたらしいですね。

 次に向かうのが、藤堂高虎の陣地です。
藤堂高虎
 生涯に何度も主君を替え、その度に出世してきた苦労人であり、築城の名人でもあります。
IMG_0448.jpg
 右が藤堂の旗、左が近江・京極の旗です。この陣地跡のすぐ目の前に中学校がありますので、カメラを持参する場合は誤解されないように注意しましょう。こんな世の中ですからね。
藤堂陣地説明板

 次は東軍きってのあほ・・もとい猪武者・福島正則の陣地に向かいましょう。
福島陣地
福島正則イメージ
 福島正則の銅像は知る限り存在しないのですが、被っていた愛用の大水牛脇立て兜を黒田長政の一の谷兜と仲直りの印に交換したので、その兜の銅像(?)を正則のイメージ画像とします。これは博多の東公園の光雲(てるも)神社にあるものです。後ろは「黒田節」で有名な母里(もり)太兵衛です。
IMG_0451.jpg
IMG_0454.jpg
 敷地内には春日神社がございます。ご神木がございますね。
ご神木の松
 アップで写してみました。

 今回、最後に訪れるのは、戦に敗れた石田三成を捕らえた田中吉政の陣地跡です。
IMG_0511.jpg
家康最終陣地
 家康公の最終陣地のすぐ南です。

 今回はここまでです。次回は西軍陣地編をお送りします。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村
 ぽちっと押していただけると舞い踊ります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

関ヶ原

関ヶ原は去年、歩きました。チャリを借りるという発想はなかったので、というか、チャリはずっと乗ってないので。

関ヶ原400年の時に、整備されたそうですね。幟や碑がたっているおかげで、普通の丘や小山が戦場だったことがわかりました

資料館で見た、関ヶ原の戦いの実況中継ごときものがあり、それがサッカーの試合みたいだと、一緒に行った友人と笑っていたことを思い出します。

そのうち日本史ウオーキングで書きますが、ごく簡単にと思ってます

Re: 関ヶ原

 こんばんわ。
 城址といい、古戦場といい、自分の足で踏破してこそ味わえるというものですが関ヶ原は広いですからね。さすがに事前に調べて自転車を借りましたよ。おかげで資料だけではわからない関ヶ原のありようを肌でかんじることができました。
 そのうち道灌公に習って「史蹟めぐりの足軽軍法」でも書きましょうかねぇ。

 

No title

もう・・・盛りだくさん過ぎて!!
何を書けばいいか分からないのですけれど、
とにかく「ザ・ウォークマップ」の字体が妙に懐かしかったです☆

Re: No title

 こんばんわ。
 ちょっと欲張りすぎましたかね。関ヶ原そのものを知らない方向けに書こうと思ったらあんなもんじゃすまなくなりますが、まあ、ブログなので。あとは知りたい方はご自分で調べてね、というとこですか。

 関ヶ原は古代の「壬申の乱」の舞台でもありますから、史跡が重なってるところが多々あります。次回の西軍編でもありますし、意外な方のお墓もありましたよ。

No title

関が原ですか。
歴史のイフを考えたくなる場所ですね。
西軍の鶴翼の陣の翼は折れてしまいましたが、小早川を島津の位置、あるいは小西の位置、宇喜多の位置に配置していたら、歴史は変わっていたでしょうね。
人間ドラマとしておもしろかったですね。
司馬遼太郎氏よりも『群雲関が原へ』をひいきにしています。

Re: No title

 こんばんわ。
 西軍にしても、東軍にしても、ぎりぎりの状況で勝負がきまったようですね。東軍の横綱相撲という訳にはいかなかったようですね。
 でも小早川秀秋は他の軍勢が入る予定だった松尾山を強引に奪い取ったようですから、西軍主力として戦うという状況はなかったのでは?
プロフィール

サムライ銅像研究会

Author:サムライ銅像研究会
歴史と銅像と芸術が大好きなあまり、日本各地を東奔西走する銅像・史蹟ハンターである。神出鬼没なため、脈絡無しのブログ更新を続ける。掟はただ一つ!「死して屍拾うものなし!」昔の時代劇の決め台詞だけどね・・皆さん、見てやあ!
 最近、キューピーに侍の装束を着用させる遊びをやっております。「武者ピー」と呼んで可愛がってやぁ~!以後は「キューピー甲冑師」とも名乗ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。