スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古今和歌集やっと読み終えたり・・

 この夏は古今和歌集を読んでみた・・とはいえ1100首を超える数・・時間を見てはよみ一月かかった。さすがにどの歌もすばらしいが、個人の趣味というものがあるので全てを褒める気はない。
 今回はただ1首、もっとも気に入った歌をのみ紹介しよう。

 「東雲(しののめ)の ほがらほがらと 明けゆけば 己(おの)がきぬぎぬ なるぞ悲しき」
                            詠み人知らず

 歌の意味:東の空に光が差して、空がほがらかに明けてゆけば、めいめい自分の着物を着て別れることになるのが悲しいことよ。

 この歌は最初「ほがらほがら」という表現が面白いと感じたが、その意味を理解して読み込んでいくうちに「これはなんと哀しく、エロティックな歌だろう」と感じ入ってしまった。歌の意味をもっとくだけた感じでよんでみると・・
 「男と女が愛し合って、互いに裸のまま火照った体を寄り添いつつまどろんでいると、東の空が明るくなってきた。朝になる前には二人は別れなければならない。離れがたくはあるが、身を起こしてそれぞれ自分の衣に手を通すことがさみしくてしょうがない。」
 大人なれば、誰しも似たような情景に身に覚えがあるのではないだろうか?

 今回は画像はない。まあ、気が向いた方はご自身の想像力でどのような情景がふさわしいか思い浮かべるのもまた一興・・。

 では、また次回!関ヶ原編スタートである。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村

 ぽちっと押していただけると、舞い踊ります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

古今集

節電の夏に、古今集を読んだの~

万葉集を勉強している人は多いけど(私も、ずいぶん講義は聞いた)古今集の講座は、あまり聞きませんね

サムライさん(長いからこう呼ばせて)の多趣味ぶりが、だんだんわかってきたわ。

道灌の恋なども書いてしまう人だから、この歌の解釈も色っぽいよね。でも実際にこの通りなんだけど



先日、小学2年生の孫が、百人一首の「明けぬれば暮るるものとは知りながら なほうらめしき朝ぼらけかな 」を暗唱していたので、なんだかおもしろかった。 

Re: 古今集

 こんばんわ。
 万葉集も手にとってみたんですけど、難しそうだったので古今集にしました。それに道灌公も古今集で学ばれたようですからね。さすがに勅撰和歌集だけあって、面白い歌、詠みやすい歌色々あって学びやすいですね。

 小学2年生が色っぽい歌を暗誦しますね・・小倉百人一首ですね・・学校で歌の意味をどんな感じに教えたんでしょうね。これも色っぽい歌なのに。私は小・中ともに百人一首など学習しないところだったのでうらやましいですね。まだ日本語もよくわからない子供には英語よりも百人一首を必修にしたほうがいいと思いますけどねぇ・・。
プロフィール

サムライ銅像研究会

Author:サムライ銅像研究会
歴史と銅像と芸術が大好きなあまり、日本各地を東奔西走する銅像・史蹟ハンターである。神出鬼没なため、脈絡無しのブログ更新を続ける。掟はただ一つ!「死して屍拾うものなし!」昔の時代劇の決め台詞だけどね・・皆さん、見てやあ!
 最近、キューピーに侍の装束を着用させる遊びをやっております。「武者ピー」と呼んで可愛がってやぁ~!以後は「キューピー甲冑師」とも名乗ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。