スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南宮大社~岐阜県垂井町の大社(おおやしろ)~

 先年、関ヶ原古戦場を巡り、当ブログでも紹介したが、なぜか記事中の画像が消失したので記事を削除した。そのままでは残念なので今回書き直す事にした。
 今回は関ヶ原町の隣の垂井町にある南宮(なんぐう)大社を紹介しよう。

南宮大社・大鳥居
 JR垂井駅から徒歩20分ほどでこの一の鳥居につく。すぐ近くに新幹線が通っているので、車窓から眺めたことのあるかたも多いと思う。

南宮大社2
南宮大社1
 さらに15分ほど歩くと到着。最初に祀られたのは神武天皇の頃というがはっきりとはしない。記録に出てくるのは貞観15(873)年に正二位という位に叙せられ、延喜式名帳にも美濃の国唯一の国幣大社として記述されているとのこと。
 慶長5(1600)年の関ヶ原合戦で兵火に遭い、社殿が焼失したものの、三代将軍徳川家光の乳母・春日局などの尽力により寛永19(1642)年に天下普請により現在の壮麗な社殿が再建された。朱塗りの本殿・拝殿・楼門などが国の重要文化財に指定され、今なお多くの人々の信仰を集める神社である。

南宮由緒書
 なるほどね・・

南宮大社・随神門
 立派な楼門です。正面から入れないので脇から入ると・・
南宮大社・神楽殿と拝殿
 正面の神楽殿と奥の拝殿が立派ですね。

南宮大社3
 拝殿に吊り下げられた灯篭?「南」の字がいれられていますね。

IMG_0603.jpg
 去年のものですが御朱印です。

 今回はここまで。次回から関ヶ原です。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村

 どちらかぽちっと押していただけると舞い踊ります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

南宮大社、良いですね~
楼門もすばらしいですが、神楽殿が見事です。美しい・・・
自分も、そろそろ岐阜県へも行ってみたいと思ってるのですが、その前に、伊勢の神宮に行きたいな~とも思ってるんですよね。
あ~、迷います。

Re: No title

 こんばんわ。
 順番からいくと伊勢神宮ではないですか?なにせ日本一の神社ですからね。ごく幼い頃いったきりなので、また行きたいのですがなかなか三重には行かないので・・まあ、そのうち。

No title

すごく立派な神社ですね~( ゚д゚ )
灯篭の「南」の字、オシャレですね~。
今まであまり灯篭をチェックしたことが無かったのですが、もしかしたら、いろいろなものがあったかもしれませんね、見逃していたかもしれませんねぇ・・・うむむー(笑)

Re: No title

 こんばんわ。
 美濃(岐阜県)の一之宮ですからね。そりゃあ格調高いですよ。裏の山も南宮山といって、本来は山頂まで参拝するようですが、その時はそこまで時間なかったので。

 画像にこそあまり残していませんが、あのパターンの灯篭はあちこちの神社にありますね。意外とそれだけで集めているブログもあったりして・・。
プロフィール

サムライ銅像研究会

Author:サムライ銅像研究会
歴史と銅像と芸術が大好きなあまり、日本各地を東奔西走する銅像・史蹟ハンターである。神出鬼没なため、脈絡無しのブログ更新を続ける。掟はただ一つ!「死して屍拾うものなし!」昔の時代劇の決め台詞だけどね・・皆さん、見てやあ!
 最近、キューピーに侍の装束を着用させる遊びをやっております。「武者ピー」と呼んで可愛がってやぁ~!以後は「キューピー甲冑師」とも名乗ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。