スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再訪!近藤勇のお墓~JR板橋駅前~

 先日、ある理由からJR板橋駅前の新撰組局長・近藤勇の墓参りを済ましてきた。詳しいことは今更だから、どんどん画像を見ていただこう。

近藤勇・墓
 もうびっくりするくらいの駅前なのでまだの方は是非いってみよう!
近藤・墓の説明板


近藤勇石像1
近藤勇石像2
 小さい石像だが、こうしてみるとなかなか風格があってよろしい。

近藤・土方お墓
 南無南無・・。

永倉新八お墓
 こちらの墓所を整備された永倉新八のお墓です。南無南無・・。新八さんは新撰組の数少ない生き残りで手記も出されている。最近、文庫化もされているので本屋さんでめにする機会も多いと思う。

 今回の目的がこれ!当ブログをみていらっしゃる札幌在住のアーティストのmichiko殿とおっしゃる方が下の近藤勇坐像の原画を担当されたとのことで、あらためて見てまいりました。
近藤石板1
近藤石板2
 以前来た時も見たことはあったが、なるほど、あらためて見るといいものですね。michiko殿がこのお墓を管理されている寿徳寺から依頼されて作製されたもので、近藤勇のことをまとめた文集のカットにも絵を提供されておられる凄いお方です。
 michiko殿のブログタイトルとアドレスをのせておくので皆様もご覧ください。
  ブログタイトル:「ゆかりしかりど~育児と絵と節約と国語~」
  ブログアドレス:http://michikomichi.blog104.fc2.com/?no=535

 では寿徳寺いってみよう。駅から30分ほどの板橋駅と十条駅の間。埼京線が通っている渋いエリアです。

 途中には・・
寿徳寺の大観音様1
寿徳寺の大観音様2
 寺のすぐ近く、住宅街のど真ん中に突如現れるのでびっくり!大きさとしては鎌倉・長谷の大仏様くらいありそう。でも鎌倉と違ってタダで見ることできるんですよ!ありがたやありがたや・・南無南無。

寿徳寺正面
 ここがね、意外と彫刻好きにはありがたいお寺なんですよ!

近藤石板3
 入り口にはもう一枚の石板がございます。中には・・
弘法大師1
弘法大師2
 弘法大師さまがお出迎えしてくれます。

仁王1
仁王2
 若々しい現代的な仁王像ですね。他にも興味深いものがありましたが、あとは見に行ってください。住宅街のど真ん中なので騒いじゃダメよ!

 お寺入り口には・・
不動明王1
 道祖神というべきでしょうか?
不動明王2
 不動明王さまですね。後背の火焔もしっかり彫られています。
不動明王3
 頭はチリチリパーマぽいですね。大坂のおばちゃんにいそう・・。あ!足元の踏みつけられた鬼撮り忘れた!不覚・・・何年かたったらまたいくかもしれないですね。

 今回はとり急ぎここまで!近々、当ブログとmichiko殿のコラボが実現できるのでお楽しみに・・まさかコラボレーションなんて現代的なことができるとは思わなかった・・。ネットとは面白くもあり、恐いものでもありますねぇ・・・まあ、それがしはブログしかしないし、ツイッターやフェイスブックなどで不埒なコメントもしないので恐くはないが。

 では、また次回!

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんなに丁寧にご紹介いただき、ありがとうございます。
しかもアーティストだなんて。
絵が好きで学んでいるだけの、単なる「画学生」です☆

ところで道灌のイラストの方ですが、
今後は最優先に描いていこうと思っています。
(リメイク画の方が、とりあえずの目標だった4点、できたので。)
育児や家事に加えてアトリエの整備のことなどもあります関係上、
少々時間がかかるかもしれませんが、
辛抱強くお待ちくださいませ。

Re: No title

 こんばんわ。
 いえいえ、謙遜なさらずに。あのような堂々たる史蹟に立派に置かれているのですから、アーティストですよ。他にも載せられたらよかったのですが。

 アトリエ写真が載った記事も拝見しました。準備が整いつつあるようですね。資長(道灌)と紅扇の画もいつか飾られるのでしょうか?気長に待っておりますのでご無理になさらずにご精進ください。

No title

近藤勇さんは写真の印象強い方ですよね。
銅像も坐像の石版も、とてもよく特徴をとらえられてますね~。
現代的な仁王像さまは、本当にギリシアの彫刻みたいに、八頭身で足長いですね・・・ていうか、これを見て、逆に、今まで見てきた仁王像って足短かったんだなぁと再認識。今まで大きさとか、筋肉とかに気を取られてました。

Re: No title

 こんばんわ。
 近藤さんは銅像もあるんですが、データとして残っていないのでまた撮りにいかないと・・。石板は平成に入ってからの新しいものです。

 八頭身の仁王・・たしかにモデルみたいな体型ですね。日本各地に色々な仏像がありますから、それを見比べる楽しみもありますね。

こんばんは

こんばんは
ブログにコメントいただき、ありがとうございました。
こちらのブログは、いいアングルからの大きい写真が多く、とても楽しめます。
また、いろいろな企画も有りおもしろいと思います。
今後も楽しみに見させていただきます。

Re: こんばんは

 こんばんわ。
 早速に銅像探偵団に投稿いただき、ありがとうございました。見に行かれる方も増える・・いるかなと思います。銅像ブームでもくればいいかもしれませんが。

 当方のブログもご覧頂き、ありがとうございました。見たこと・調べたこと・聞いたことなど好き勝手に書き散らしているのでお恥ずかしい限りですが、楽しんでいただけたのなら幸いです。ken殿のブログにもお邪魔させていただきます。
プロフィール

サムライ銅像研究会

Author:サムライ銅像研究会
歴史と銅像と芸術が大好きなあまり、日本各地を東奔西走する銅像・史蹟ハンターである。神出鬼没なため、脈絡無しのブログ更新を続ける。掟はただ一つ!「死して屍拾うものなし!」昔の時代劇の決め台詞だけどね・・皆さん、見てやあ!
 最近、キューピーに侍の装束を着用させる遊びをやっております。「武者ピー」と呼んで可愛がってやぁ~!以後は「キューピー甲冑師」とも名乗ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。