スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

群馬県太田市の城郭~築城の陰に軍師あり!~後編

 今回はいよいよ金山城の最終回、本丸部へとお連れしよう。
本丸部地図アップ
 5番の馬場下辺りからいってみよう。

馬場下通路
 この石段を登って・・
物見台への道
 前回渡った木橋を横目に見ながら少し戻ると・・
物見台
 おお!再現された物見台がありますな。早速のぼりましょう。
西方向
 まずは西方向。ずっと行くと伊勢崎市です。
北西方向
 北西方向です。中央の丘陵が「八王子丘陵」といいます。金山の南にも「八王子山」があるんでややこしいですね。

 戦国時代、関東管領・上杉憲政が小田原北條の圧迫に耐えかねて越後の長尾景虎にかけこみます。関東に平安をもたらすべく景虎は関東に乗り込みますが、その際この金山城にも攻め込んできました。城主は岩松氏から下克上した横瀬氏が由良氏と名を変えていましたが、北條に味方していたので篭城して越後軍を迎え撃ちます。
 八王子丘陵の一角「広沢山」に陣取った越後軍は包囲して、金山城唯一の弱点ともいえる北側の尾根伝いに攻めかかりますが、さすがの鉄壁ぶりに攻めあぐみます。
 また城下の住民らもこのままでは累代の城主が滅ぼされてしまうことを危ぶみ、世良田の長楽寺らの住職らが動き、景虎に和睦交渉を談じ込みます。城方も降伏する時機を図っていたので渡りに船と人質をだして開城しました・・という話をある本で読んだので裏をとろうとしたんですがどの郷土史にもはっきりとした話はございませんでした・・地図上では「広沢山福厳寺」というのが八王子丘陵の北面にあるのでその地域で聞き込みすれば何かでてくるかもしれませんが、今回はそこまで行く時間はございませんでした。
八王子山砦
 南部に目を転じると八王子山があります。三つの山が連なった形です。黄色い輪をつけたのが「大八王子山」、赤い輪が「中八王子山」、青い輪が「南八王子山」です。帰りはこの山を通って下りていきます。
 さあ、本丸へむかいましょう。

馬場曲輪
 馬場曲輪です。ここに足軽達が攻めてきました。
  足軽  「かしらぁ!ここからどっちへ攻めりゃいいんだ?」
  足軽頭 「おっしゃ!左にいけ!」左の赤い矢印方向に攻め込んでいくと・・
大堀切
  足軽頭 「あれ?行き止まり??」
  足軽一堂「そんなぁ!!!」行き場を失った足軽達は追いついてきた城方によって全滅させられてしまいました。間抜けな上司に付き従うとろくな事ありませんね。
 この先は金山城最大の堀切が深くて暗い口をあけて待ち受けています。正解は黄色い矢印方向でした。
月の池方面
 降りて行った先は・・
月の池
 この城で二番目の水源「月の池」です。振り返ってみると・・
大堀切の横から
 あのV字型の切れ込みが「大堀切」です。深いなぁ・・。
水が湧く・・
 池の水面を見ると水が湧いているんですよ!250メートルもの標高があるのに、凄いですね。これぞ堅城の証です。

発掘現場
 右手の斜面を見るとブルーシートで覆われています。まだまだ発掘途中なんですね。この城の全貌が解き明かされて将来さらに整備されていくのでしょうが、あまり整備されすぎるのも山城としての野趣が削がれるんですがねぇ・・。

大手虎口全体像
 いよいよこの城最大の見せ場「大手虎口」全体画像です。
大手虎口イラスト
 今いるのは一番下の部分です。
水路
 黄色い矢印を登っていきますが、雨を流す用水路も完備していたようです。
見上げた絵
 上を見上げると石垣が多用されていますね。関東では本当にめずらしい。熊本城にはかないようがありませんが、石垣のかもし出す迫力はたまりませんね。

大手の井戸1
大手の井戸2
 登ったところにまた井戸があります。覗き込んでみましょう。水がたたえられていますね。呑むことはできませんが。城跡の井戸で水を飲めるところってないですよね。浄水器でも使って水を飲めるようにすればいいのに。井戸の水でいれたお茶やコーヒーって飲みたいですよね?

日の池
 そして最大の井戸「日の池」です。向こう側に置かれたベンチでその大きさを察してください。

 この辺りに休憩所がありましたのでお邪魔しました。なんと靴を脱いで上がれるようになっておりましてブーツを脱いですっかりくつろぎながら弁当を使いました。

金山眺望図2
 冬には富士山が見えるという方向を最大ズームで撮ると丸の中に富士山らしきものが・・見えるような気がするんですがね。いかが?

 本丸部はすでに紹介済みの新田神社ですのでさくっといきましょう。
本丸址
 神社拝殿脇にあります。

史蹟金山城址
 拝殿と石碑と・・。

本丸からの眺望
 本丸からの眺望です。黄色く囲ったのが足利市のあたりです。ほんとにお隣さんなんですね。仲悪かったけど。
天主曲輪説明板

 本丸の脇からその裏側に廻ってみました。
天主曲輪裏馬場1
天主曲輪裏馬場2
 上の建物が新田神社の本殿です。やや広めの敷地ですが、このあたりに馬小屋が置かれていたそうですね。なるほど下界の音が通らない静寂の森です。

 もうすこしいきましょう。
石垣(金山裏)
 苔むした石垣がいい雰囲気ですね。あくまで城好きとしての見方ですがね。
モノクロ石垣
 モノクロで撮ってみました。

本丸と二の丸間
 本丸と二の丸の間も細かく区切られていますね。ここまで攻め込まれたらあとは腹を切るだけでしょうがね。

 本丸を南側に下っていく途中には・・
本丸南端石垣
 またしても石垣がつまれています。足元が不安定なところなので強いて撮ることもなかったんですが、ついついね。

岩の苔
 降りてきた斜面には石にこんなに苔が生えています。それだけ山中に湿気があるということですね。雨の日には下るのは危険ですね。

八王子山への橋
 八王子山への道をたどりましょう。この橋を渡ると・・
た・・高い・・
 高いですね。10メートルはありましたかね。

八王子山への登り道
 こちらから道も細くなり、藪も多くなり、斜面もきつくなって山道らしくなってきました。
八王子山の斜面
 きつい斜面だなぁ・・足元が不安定で端がぶれてしまいました。
中八王子山矢倉台説明板
 中八王子山のあたりなんですけどね・・茂みが濃すぎて何がなんだか・・ここまで登る人少ないんですね。確かに一人で登るにはやや恐いあたりですね。道も分かれているところがあって、持参した地図とコンパスで方向を見極めて進むところもありました。

本丸方面
 やっとふもと方向が見えてきました。さすがにほっとしましたね。丸く囲ったあたりが本丸です。

ヤマユリ
 途中にはこんなに見事な山百合も咲いていました。

金山と蛇川
 金山と蛇川(へびかわ)をいっしょに。山の中は涼しいんですが、このあたりは暑かったですねぇ。

おおたん
 最後に太田市のマスコットキャラクター「おおたん」の石像です。何がモチーフなんでしょうね?

 天正13(1585)年、北條氏政が金山城主の由良国繁らを小田原に招き寄せて幽閉。金山城に残った人々に「主人を釈放して欲しければ開城しろ」とおどす手紙をおくりつけてさらに弟たちに軍勢をつけて送り込みます。国繁の母・妙印尼は家老らに発破をかけ、兵を集めて篭城して、北條軍の攻撃を退けました。幸いにも房総半島の里見氏が海を越えて鎌倉に攻めこむ様子でしたので北條軍は撤退します。
 無事に城を守りきった妙印尼は馬場曲輪に将兵を集めて酒と肴でもてなしたそうです。さすが「かかあ天下」の国ですね。結局のところ、北條に城を明け渡して、北條滅亡後は廃城になってしまいました。
 江戸時代は松茸がよく獲れて、江戸に献上していたそうです。

 次回はどこの城址でしょうか?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

迷路のようですね~。いろんな工夫が幾重にも・・・。
私が足軽ならすぐ死んでます(笑)
それにしても、井戸の大きさにはビックリしました。
井戸と聞いて想像する大きさをはるかに超えてますね。

Re: No title

 こんばんわ。
 お城は迷路のようにしておかないと、あっという間に入り込まれてしまいますからね。工夫している所をみるのがお城巡りの醍醐味ですね。
 日の池には鯉が飼われていましたよ。

No title

いつもつたないブログを訪問いただき有難うございます。

行ってみたい!!!!!!
私は実は長州藩士でして、昨年、武蔵野国に転居して参りました。
太田市なら近いので是非、行ってみようと思います。

Re: No title

 こんばんわ。

 それがしは伊予の水軍の末裔です。

 長州ですか・・功山寺の高杉晋作騎馬像や壇ノ浦公園の源義経像など撮りたいものが多々ありますが、まだいけていません。長州のことなど教えていただければ助かります。大村益次郎先生はそれがしも大いに尊敬しております。

 武蔵国で上野が近いということは埼玉県ですか?埼玉県内にも鉢形城址、松山城址、岩槻城址公園、河越、忍城址、さきたま古墳群などたくさんの史蹟がございます。面白いところですよ。
プロフィール

サムライ銅像研究会

Author:サムライ銅像研究会
歴史と銅像と芸術が大好きなあまり、日本各地を東奔西走する銅像・史蹟ハンターである。神出鬼没なため、脈絡無しのブログ更新を続ける。掟はただ一つ!「死して屍拾うものなし!」昔の時代劇の決め台詞だけどね・・皆さん、見てやあ!
 最近、キューピーに侍の装束を着用させる遊びをやっております。「武者ピー」と呼んで可愛がってやぁ~!以後は「キューピー甲冑師」とも名乗ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。