スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大田区の新田神社

 今週末土曜日に群馬県太田市の金山城に行く前に大田区にある新田神社にいってみた。というのも太田市は新田義貞公の故地であり、館跡や挙兵した生品玉神社など所縁の場所が沢山あるからであり、金山城に登る前に挨拶をすましておかねばならないからである。
 小さなお社かと思っていたら、ここが意外に大きくて驚いた・・

新田神社・大田区
 JR蒲田駅から多摩川線に乗り換え、2つ目の「武蔵新田(むさしにった)」駅で降りて、駅前の商店街を少し歩くと「新田神社」に到着しました。
新田義興公
 恩祭神は「新田義興」公、新田義貞公のご子息で父親亡き後も南朝の勇将として戦い続けたものの、神社近くの「矢口の渡し」で討たれた、とのこと。
新田家の家紋
 灯篭にも新田の家紋「丸に一つ引き両」が燦然と輝いております。しかし、金のある神社だな・・。

新田神社の拝殿・大田区
 まずは参拝です。ん?左に巨大な矢が・・
破魔矢の由来
 なんと!こちらが破魔矢発祥の地とは存じ上げませんでした。しかも平賀源内さんが考案したとは、さすがのやり手ですね。

うなる狛犬1
 拝殿の脇には古い狛犬が・・「唸る狛犬」ですか。新田義興公の敵である足利家や畠山家の人間が近づくと雨が降り出すんですね。雨が降らなかったので、それがしは敵とは認められなかったようです。雨のひとつもほしい陽気でしたがね。

うなる狛犬2
 足元の小さい狛犬が可愛いですね。

 本殿の裏には・・
義興公の円墳
立ち入り禁止!
 義興公のお墓なんですね。立ち入ると災厄がくるとのことで周囲を囲ってあるのですね。あえて立ち入る「たわけ」もいないでしょうがね。

 他には・・
手水屋
 手水屋や・・
宝物殿
 宝物殿もございます。宝物殿は毎年10月10日のみ公開されるんですね!またいきましょう。

 境内のご神木は・・
ご神木1
DSCF0742_1.jpg
 樹齢700年を超える欅とは・・古いですね。裂けていますが、生命力に溢れていますね。最後にこの画像をお送りしましょう。
ご神木2
 神々しいお姿です。

 これで心置きなく金山城にいけます。では、また!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

源内さんと破魔矢が関係していたなんて、ちょっとしたトリビアですね!

勉強になりました( ゚д゚ )

Re: No title

 こんばんわ。思わぬ発見でした。大田区は普段は行かない土地なので知りようもなかったんですが、出かけてみると色々な発見があるものですね。

新田神社

大田区の新田神社ですか?
川崎の新田神社も行ったことないのですが、今の職場に近いので時間を見つけて行ってこようかなと(笑)

破魔矢の起源が平賀源内とは驚きでした。

Re: 新田神社

 意外な穴場でしたねぇ。新田義興公の頃になると「太平記」の終わりのほうなんでしょうか?思えばきちんと読み通したことがないので不明ですが・・その後の関東でも新田は名前を変えてきっちり生き残っていますから意外なところに子孫がいるかもしれませんね。

No title

御神木、すばらしい姿ですね。
七百年もの間、何を見て、何を感じて立ち続けてきたのか。
いつか見に行きたいです。

Re: No title

 こんばんわ。

 そんなに巨大なものではないのですが、枝ぶりがすばらしいのです。見上げていると、御神力が降り注いでくる ようでした。話題のパワースポットの一つらしいですが、知りませんでした。
 まあ、神社はどこもパワースポットなんですけどね。

No title

ご神木に触れてみたいですね。
良い角度の良い写真ですね。

Re: No title

 こんばんわ。大変に神々しいご神木でした。何枚も撮った中で、ふと見上げて撮ったものが一番ぐっときました。光の加減も絶妙でしたね。

 しかし神社やご神木の記事のほうが銅像や史蹟巡りの記事より食いつきがいいですなあ・・気にしませんが。

武蔵新田

パソコンが壊れかかっているので、あまり長く使ってないのですが、量販店で衝動買い。いろいろ移転するのに手間取って、訪問もおろそかになり、ごめんなさいね。

太田市は、新田義貞の故地でしたか?埼玉あたりという認識はあるのですが。

先日、海外旅行で、太田市の人と一緒になったのですが、そういう話は何もしてくれなくて、田舎だ・・と強調していましたっけ。

太田市に行く前に、大田区にも行ってきたのですね。私は池上に住んでいたので、武蔵新田はなじみの駅です。降りたわけではないので、地名の由来など考えたこともないのですが、新田神社があるのですね。

悲劇に終わった最期があるから、人気があるんでしょうか?

前にも書きましたが、写真がお上手!一緒に歩いている気分になるのは、写真が上手だからかもしれませんね。

会社が休みの日に史跡めぐりとなると、始発に出るんですね。やっぱり意気込みが違うわ。

Re: 武蔵新田

 こんばんわ。

 太田市内に新田庄がありまして、屋敷跡や挙兵の地「生品玉(いくしなたま)神社」があります。足利市とは渡良瀬川一本を隔てた隣どうしですよ。新田・足利のライバル関係がよく見えてきます。

 日本のカメラが優秀なんですよ。フィルムカメラの頃とは違ってとにかく使い勝手がいいですからね。あるプロカメラマンなどは「猿でもいい写真が撮れる。」などと極言しているくらいで。
 自分はとにかく見たあるがままを撮ることを心がけています。あるがままでもアングルや構図を少々変えるだけで意外な世界が広がるわけでそれが面白くてしかたありません。史蹟や城址などは格好の題材ですね。

 群馬や栃木はとにかくだだっぴろくて・・車で行かれることをオススメします。城址巡りした後、生品玉神社まで足を伸ばしたのですが、公共バスがなくて徒歩で目指したのですが、とにかく暑くて・・途中で無念の退却を決断しました。昔の街道のように道沿いに樹木が植えられていれば、陰ができて歩きやすいのでしょうが、現代の車社会はそのような余裕をもたないのが大いなる欠点ですね。

 神社編や金山城編もご期待ください。
プロフィール

サムライ銅像研究会

Author:サムライ銅像研究会
歴史と銅像と芸術が大好きなあまり、日本各地を東奔西走する銅像・史蹟ハンターである。神出鬼没なため、脈絡無しのブログ更新を続ける。掟はただ一つ!「死して屍拾うものなし!」昔の時代劇の決め台詞だけどね・・皆さん、見てやあ!
 最近、キューピーに侍の装束を着用させる遊びをやっております。「武者ピー」と呼んで可愛がってやぁ~!以後は「キューピー甲冑師」とも名乗ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。