スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

狛犬あれこれ

 毎日暑いですなあ・・やりきれないので鎌倉にいってみた。中世史の調査にも関係しているので、もうすこしかたちになってきたらこちらにアップします。

 今回はそんな鎌倉探訪でであった狛犬たちを紹介したい。
建長寺近くの神社
 こちらは鎌倉五山のひとつ・建長寺門前の神社。地元の方以外は立ち入れないようだ。そんな神社を守るのが・・。
DSCF0131_1.jpg
DSCF0132_1.jpg
 素朴な味わいです。
DSCF0133_1.jpg
 青面金剛さまもおります。頭上に日月。手には弓矢・鉾・戦輪・・足元には三猿。状態がいいですね。

鶴岡八幡宮
 こちらは鶴岡八幡宮。
DSCF0189_1.jpg
DSCF0190_1.jpg
 いい味わいです。

腰越の小動神社
 続いて腰越にある「小動(こゆるぎ)神社」、腰越というと源義経がこの地で兄の頼朝に書いた手紙「腰越状」が有名。この神社は海の近く、すこし盛り上がった地形にございます。
小動神社本殿
 神社の神紋、見たことあるなあ・・と考えていると由緒書きに近江源氏の佐々木盛綱の創建と書いてありました。なるほど。滋賀県の安土駅近くにも有名な佐々木神社がありますが、こちらも所縁の地なんですな。
 そこの狛犬は・・
DSCF0217_1.jpg
DSCF0218_1.jpg
 ほっかむりしている狛犬は初めて見ました。地元の方の思いを垣間見たようで心が暖まりますね。

 境内の一角に展望台があります。
江の島・遠景
 江の島ですね。佐々木盛綱もこの景色を気に入ったそうです。その気持ちわかるなあ・・。

DSCF0222_1.jpg
DSCF0223_1.jpg
 境内の末社に「海神社」があります。海亀の狛犬・・もとい狛亀、小さい子がまたがれるくらいの大きさですけどダメですよ!そんなことしたら、気がつくと数百年たっていておじいさんになっているかも・・なんてね。

うん形
あ形
 最後に我が家の狛犬・・ならぬ愛犬ナナミです。近所の「穴八幡」(早稲田大学文学部近くにございます)で今朝撮ったもの。あまりに暑くて寝苦しかったので朝5時頃連れ出しました。早朝の神社は静かで涼しく、とても過ごしやすいですね。
 こうして撮ると「あ形・うん形」の狛犬みたいでしょ。画像は寝ぼけて撮ったので斜めなのはご勘弁・・。

 明日は久々の城攻め・・千葉県の臼井城跡にいってきます。では、また!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ほっかむり狛犬、いいですね。
みていて心がポッとあたたかくなります。

Re: No title

 ええ、めずらしい狛犬でした。

 東京は命に関わる暑さです・・
プロフィール

サムライ銅像研究会

Author:サムライ銅像研究会
歴史と銅像と芸術が大好きなあまり、日本各地を東奔西走する銅像・史蹟ハンターである。神出鬼没なため、脈絡無しのブログ更新を続ける。掟はただ一つ!「死して屍拾うものなし!」昔の時代劇の決め台詞だけどね・・皆さん、見てやあ!
 最近、キューピーに侍の装束を着用させる遊びをやっております。「武者ピー」と呼んで可愛がってやぁ~!以後は「キューピー甲冑師」とも名乗ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。