スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上杉謙信公の菩提寺・林泉寺(新潟県上越市)

 昨年、上杉謙信公の足跡を求めて新潟県上越市に旅行し、春日山城や神社仏閣を巡ってその結果を当ブログに3回に渡ってまとめた。
 しかしその後のFC2によるサーバー補修で多くの画像が失われたために残念ながら削除することとなった。いつかは復旧したいと考えていたがその画像の多さから躊躇していた。そこで心機一転、前回の構成を踏襲せずに新たに少しずつ書き記すことで別個の記事としてアップしていきたい。

 という訳で今回は上杉謙信公の菩提寺である林泉寺(りんせんじ)を紹介しよう。
林泉寺惣門から
 この林泉寺は新潟県上越市の春日山城跡のふもとに存在する。開基は明応6(1497)年、謙信公の祖父にあたる長尾能景(ながお よしかげ)公が亡父の供養の為、曇英恵応という和尚を招いて創建した曹洞宗のお寺である。
 謙信公も幼い時分に預けられて天室光育和尚から学問を授けられている。この寺で過ごした日々が、謙信公を深く仏教に帰依させ、生涯独身を貫いた遠因ともなったのである。(ちなみに天室光育和尚は謙信公の家臣・柿崎和泉守に招かれ、現在の上越市柿崎区に楞厳寺(りょうごんじ)を開いた)
 寺は慶長3(1598)年に越後から会津120万石に移封を命じられた上杉景勝(謙信公の甥)と共に移るが、この地にも残る。関ヶ原の戦いで負け組みに入った上杉家は会津120万石を取り上げられ、米沢30万石に押し込められた後から現在に至るまで米沢にも林泉寺は存在する。
 現在、二つのお寺にどのような関係があるかは調べていないが、興味ある方は調査されてはいかが?

 上の画像は林泉寺の入り口である惣門と次の山門を撮ったものである。

惣門モノクロ
 惣門をモノクロで撮影。

惣門と苔
 惣門を背景に手前の苔をクローズアップして撮影。緑が目に優しい。

 いつまでも惣門ばかり撮影していられない。次の山門に行こう。
山門
 この堂々とした佇まい・・訪れる価値は間違いなくある。更にこの門に掲げられた額は・・
春日山
 謙信公が書かれたものを写したものである。「春日山」と書いて「かすがさん」と読む。左の「藤原輝虎」が謙信公の名前の一つだ。ちなみに変名は武将に限らず、昔は多くの人が行っていたが、謙信公は他にも「長尾景虎」・「上杉輝虎」・「上杉政虎」「上杉謙信」など多くの名前を持っている。名乗りの理由はそれぞれ長くなるのでまた別の機会に・・・。

仁王・1
仁王・2
 山門にはいかめしい仁王像が待ち受けている。この像の作者は後で記す。

 門を潜る際に上を見上げると・・
天井の龍
 恐ろしげな龍が2体頭上でとぐろを巻いていた。

第一義
 先ほどの「春日山」の学の真裏にこの「第一義」の額がある。これも謙信公の筆跡だ。この三文字こそ謙信公の生涯を貫いている哲学を現している。実に感慨深い。林泉寺ではこの「第一義」をプリントしたものをお土産品として販売している。それがしも当然購入し、自室の頭上に掲げさせて頂いています。

 山門を抜けると、鐘楼や池が控え、その向うに本堂が出迎えてくれます。
林泉寺・鐘楼
 こちらは鐘楼。

鐘楼と蓮池モノクロ
 鐘楼と蓮池のモノクロ画像。

林泉寺・本堂
 本堂。こちらに謙信公の木像があるので、住職にお願いして本堂に上げていただいた。
本堂の謙信公1
本堂の謙信公2
 こちらの上杉謙信公坐像(木彫)と山門の仁王像のどちらも上越の彫刻家・滝川毘堂(たきがわ びどう)先生の作品である。毘堂先生は明治13(1880)年の生まれ。上杉謙信公をたいへん尊敬し、生涯に1000体の謙信公像作成を誓ったものの、835体を作られた昭和35(1960)年でお亡くなりになられた。初期の謙信公像はおしくも戦災で焼失し、全てがあるわけではない。また先生のご子息も「毘堂」と名乗り、彫刻家として活動され、春日山城跡の謙信公立像はご子息の作品。昭和55(1980)年に二代目毘堂先生も亡くなられている。
謙信公立像

 さて、いよいよ謙信公のお墓参りであるが、その前に「自然の呼び声」に応じるために厠にいくと、このような案内板があった。いうまでも無いが、左が女性用、右が男性用である。お姫様と三日月の兜を被った武将というのがほのかな笑いをさそう。観光地にはこのパターンが結構多い。
トイレ標識

 お墓入り口
 本堂の脇から墓所へと通じている。
お墓案内図
 ここには長尾能景公(謙信公の祖父)・長尾為景公(謙信公の父親)・謙信公や長尾・上杉一族の墓や、江戸時代に越後を治めた大名家の墓が多数存在する。それだけ深く尊敬されていたという証左でもある。

お墓への・・
 深い緑に囲まれた石段を昇っていくと・・
謙信公のお墓1
謙信公のお墓2
 謙信公のお墓が出迎えてくれます。緑なす苔が歳月の重さを感じさせますね。ささ、皆様祈られよ。南無南無・・。

川中島戦没者供養塔
 少し離れた所に川中島戦没者供養塔もあります。南無南無・・。

林泉寺・魚眼風景
 無事参拝を終え、正面から魚眼レンズで撮影しました。今となってはすばらしい思い出です。

 次回は神社を巡ります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

サムライ銅像研究会

Author:サムライ銅像研究会
歴史と銅像と芸術が大好きなあまり、日本各地を東奔西走する銅像・史蹟ハンターである。神出鬼没なため、脈絡無しのブログ更新を続ける。掟はただ一つ!「死して屍拾うものなし!」昔の時代劇の決め台詞だけどね・・皆さん、見てやあ!
 最近、キューピーに侍の装束を着用させる遊びをやっております。「武者ピー」と呼んで可愛がってやぁ~!以後は「キューピー甲冑師」とも名乗ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。