スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太田道灌公の足跡・豊島区

 前回、服部半蔵のお墓の写真を撮って家でブログ更新していると変に肩が凝って困った。なんかついてきたのだろうか?幸い霊感がないのでよくわからない。とりあえず鹿児島の霧島神宮のお守りを肌身離さず持っていると、数時間後には解消した。はて?どう解釈してよいやら。とりあえず霧島神宮の神威と考えておこう。信じるか信じないかはあなたしだい!

 先日、図書館で「関東武士研究ぎょう書 太田氏の研究」(前島康彦 著/名著出版)という本と出合い、熟読中だ。中身はおおむね関東の名将・太田道灌公のことだが、太田氏の出自から業績・学問や芸術での事績・道灌公亡き後のことまで包括的に書かれているのでとてもありがたい本である。今まで自分が誤解して理解していたこともゴルディオスの紐をほどくようにするすると分かっていくのでとてもありがたい。難しいことを平易に書いていただけるというのは優れた研究者の証ですな。
有楽町の道灌公2
 こちら有楽町の国際フォーラム内の太田道灌公像。

芳林寺の道灌公2
 こちらは埼玉県さいたま市岩槻区の芳林寺に建つ太田道灌公騎馬銅像。

 上記の本を読んでいると、今日の出先にゆかりの場所を発見。という訳で行ってみた。

妙義神社
 こちらは豊島区JR駒込駅近くの妙義神社。鳥居を潜ると・・・

妙義神社看板
 なんと道灌公、二回も戦勝祈願に来てしかも刀まで奉納していましたか。都内の神社仏閣はとかく太田道灌公とのつながりを語るものが多いので、全て信じるわけにはいかないが、ここは信憑性のあるところでしょう。

道灌祈念樋跡
道灌霊屋
 脇には道灌公を祀ったちいさなお社もございました。お参りして参りましたとも。

 引き返す途中に「駒込子育て地蔵尊」がありました。
駒込地蔵
 中の一体にかわった地蔵さまが・・
おかっぱ頭の地蔵
 なんでもこの地で交通事故に巻き込まれてなくなった女の子の菩提を弔うとか・・南無南無。

 今回はこれまで!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

サムライ銅像研究会

Author:サムライ銅像研究会
歴史と銅像と芸術が大好きなあまり、日本各地を東奔西走する銅像・史蹟ハンターである。神出鬼没なため、脈絡無しのブログ更新を続ける。掟はただ一つ!「死して屍拾うものなし!」昔の時代劇の決め台詞だけどね・・皆さん、見てやあ!
 最近、キューピーに侍の装束を着用させる遊びをやっております。「武者ピー」と呼んで可愛がってやぁ~!以後は「キューピー甲冑師」とも名乗ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。