スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金沢文庫に運慶を観にいく・その1

 最近あまりブログ更新をあまりしていない。ネタがないせいだが、冬なのであまり動きたくないからだ。冬はこもって書物を読み漁っている。そろそろ暖かくなりつつあるので動き出すシーズンが近づいてきたようだ。

 というわけで神奈川県横浜市にある金沢文庫で3月6日まで開催されている「運慶~中世密教と鎌倉幕府」展にいってきた。
運慶ポスター


 14日にはんぱなく雪が降っていたので「こりゃ明日は仕事にならんな」と思って15日は休みをとっていってきた。でも昼間には暖かくなって雪もほとんど融けていたので「ありゃりゃ」と思ったが、楽しかったので良しとする。

 まずJR山手線に乗って品川駅へ行き、そこから京浜線に乗り換えて金沢文庫駅へ。約1時間ほどだろうか。
金沢文庫駅
 駅から歩いて15分ほどのところに称名(しょうみょう)寺があり、金沢文庫が隣接している。

称名寺・赤門
 まずは赤門が迎えてくれる。その赤門には・・
三つ鱗
 堂々と「三つ鱗」紋がうたれている。この寺が鎌倉幕府の権勢を一手に握っていた北條家の一族が建立したからである。その話はおいおい・・。

称名寺・参道
 長めの参道を抜けて・・そんなに長くないけどね。

楼門
 立派な仁王門が出迎えてくれる。
三つ鱗瓦
 その屋根の飾りにも三つ鱗がある。

仁王・阿形
仁王うん形
 この仁王像、製作年次は1323(元亨3)年、翌年に後醍醐天皇による倒幕計画がばれる「正中の変」がおきる。製作者は法印院興、ヒノキの寄木造りで玉眼。高さ4メートルもあるたいへん立派なものだ。どこの寺でもこのような仁王像は蜂の巣状の網が張られていて撮影の邪魔だ。アクリル板で囲ってもらえないだろうか。無理かなあ。そんな仁王門をくぐると・・(門自体は通行不可、脇を抜ける)

池と本堂
 見事な浄土式庭園が出迎えてくれる。ほんとは雪景色を期待していたんだが・・ポカポカ暖かいんだけどね。
池と本堂2
太鼓橋から

 境内の一角に見取り図がある。
称名寺全体図
 池は「阿字ヶ池」というらしい。まだ早い時間だったので、金沢文庫行く前に本堂の裏山を巡ることにした。ここが面白かったのだ・・。


観音さま石仏1
 山道のあちらこちらに観音様の石仏が置かれていた。1体ずつみていくとなかなか面白い。兵庫県の北条石仏ほど味わいはないが。以下、何枚か石仏コレクションを・・。
観音さま石仏2
観音さま石仏3
観音さま石仏4
観音さま石仏5
 南無南無・・これらの石仏は昭和10年に新潟県の人々により寄進されたとのこと。なぜかはまた次回。

八角堂
 山頂は八角堂があり、広場になっている。見晴らしもよく。
八角堂からの眺望
 眼下には八景島や東京湾がみえる。空気がきれいなら富津岬までみえるかも。

横浜の名所
 反対側は横浜の中心部が見おろせる。あまりに気持ちのいい眺望に思わず叫んでしまった。

裏山・郭跡?
裏山・郭跡?2

 先ほどの広場から下って、ルートから外れたところに入っていくとこのような場所がある。この写真では分かりにくいのだが、山城の郭(くるわ)を連想した。称名寺は鎌倉幕府の滅亡と共に一度滅び、現在の寺は後に再建されたもの。山道を下っていくと北條一門の墓もあるので往時は防衛設備も整えられていたのかもしれない。なにより先ほどの眺望をみれば、ここに城や砦が築かれていてもなんら不思議はない。それに寺院はしばしば城砦として使われてきている。日本各地の城下町に「寺町」が必ずあるのもそのためだ。

北條実時公墓所
実時公墓所案内板
 こちらが金沢文庫を作られた北條実時公の墓所。南無南無・・。山道は全体で1時間ほどで巡ることができる。毎日ここを歩けばかなり健康にいいと思う。楽しい山道だった。

北條実時公胸像1
 山道を降りて、金沢文庫に向かう途中北條実時公の胸像がある。作者は名塚樹也氏。
北條実時公胸像2
北條実時公胸像3
 実時公は晩年、僧侶となり、漢籍研究に明け暮れていたので金沢文庫を作ったらしい。

金沢文庫入り口
 このトンネルを潜ると県立金沢文庫が現れる。それは次回のお楽しみ!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

サムライ銅像研究会

Author:サムライ銅像研究会
歴史と銅像と芸術が大好きなあまり、日本各地を東奔西走する銅像・史蹟ハンターである。神出鬼没なため、脈絡無しのブログ更新を続ける。掟はただ一つ!「死して屍拾うものなし!」昔の時代劇の決め台詞だけどね・・皆さん、見てやあ!
 最近、キューピーに侍の装束を着用させる遊びをやっております。「武者ピー」と呼んで可愛がってやぁ~!以後は「キューピー甲冑師」とも名乗ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。