スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本にむけられた牙

 最近、埼玉県の森林公園や所沢から横浜のみなとみらい地区や元町・中華街がつながった路線に乗って、みなとみらいに行ってきました。今までそれがしの地元から1時間半くらいかかっていたのに、なんと50分!!!早すぎてびっくり!!!!

画像 071
 右の高層ビルがランドマークタワー・・・空気がキレイな冬は、スカイツリーからも見えるのかな?

 撮影をしていると視線を感じるので・・・
画像 068
 何かのゲームのキャラクターですか?ネコですかね。

画像 067
 横浜らしい風景です。ホテルと桜・・設定を間違えて、画面暗めです。申し訳なか・・・・。

 赤レンガ倉庫街を撮りに行ったのですが、途中に・・
画像 085
 平成13年12月22日に発生した「かの国」との事案を広く国内外に知らしめるために設置された資料室です。あるのはしっていましたが、遠かったので足が向きませんでした。でも副都心線や東横線などがつながったことで多くの人が訪れることでしょう。

画像 084
 海上保安庁の保有する最大の艦艇「しきしま」が繋留されておりました。ヘリコプターを二機搭載しているとのこと・・・いい船が見られました。

 資料室の中は・・・
画像 086
 海上保安庁のゆるキャラが凛々しく、かつ和やかにお出迎え。館内は撮影オッケーとのことだそうです。

画像 087
 船体は沈んでいたので状態は悪いですが、機関砲や機関銃による「弾痕」がくっきりと残っています。

画像 089
 模型ですね。後部から小型船が出撃できる構造です。特殊な船、ということがわかりますね。

画像 091
画像 094
 連中の所持していた武器です。専門的なことは書いても仕方ないので、興味ある方は調べてみてください。

画像 103
 船体の中は工場のような、ドックのような不思議な空間ですが、この中で特殊工作に従事していた連中が存在していたことは間違いございません。

画像 113
 海の「もしも」は118番!!!杉さま、素敵!!!

画像 044
 赤レンガ倉庫街を撮影した後、ゆっくりと昼からビールを頂きました。これぞ「大人」の醍醐味・・。

 次回は赤レンガ街など・・。


MUSE_banner_02.jpg

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

上野公園の花見

 忙しい中、花見をしてきました。食事はアメ横という商店街ですませたので純粋に花見だけでした。
画像 003
 こちらは京都の清水寺を模した「清水観音堂」。中は・・
画像 006
画像 007
 千手観音さまがまつられております。その横には・・・
画像 008
 天部衆のオールスターキャスト・・ですかね。薄暗かったのですが、意外と撮れました。優秀なカメラだと苦労いりません。

画像 014
 お堂の外には舞台があり、向うの不忍池(しのばずのいけ)を見渡せます。花見客がたくさんいます。まだ7~8分咲きというところですが、花見客の込み具合も同じくらいで花見に絶好の日でした。今週末まででしょう。

画像 015
画像 018
 ああ、キレイ・・。心洗われる・・・。
画像 024

画像 026
 これくらいだと不快感もなく、歩けますし、立ち止まっての撮影も可能。

画像 028
 上野公園のもうひとつの名物「顔だけ大仏」・・・ではなく、「上野大仏」。体もあったのですが、関東大震災でお顔だけになってしまいました。でも今でも熱心に祀られております。
画像 030
 逆にこれだけお顔をアップで撮影できるのですから、貴重。立派なお鼻だなぁ・・・。

画像 034
 桜の向うに国立博物館「トーハク」が見えます。

画像 037
 桜の目抜き通りです。皆さん、撮影しきりです・・。

 忙しいので更新も滞りがちですが、お見捨てなく・・。

MUSE_banner_02.jpg

増上寺と江戸城散歩

 去る2月末日・・・都内にでかけました。
画像 001
 ん?ここは・・・?
画像 002
 徳川家にゆかりのある増上寺です。その日はちょうど東京マラソンの開催日で・・
画像 003
 沢山の人々が走っていました。参加者の94パーセント以上が完走したっていうからマラソンブームも本格的ですね。え?それがし?走るのは好きだけど、マラソン大会って苦手でね・・・群れて走りたくないもので・・でもハーフマラソンくらいならそろそろ挑戦してみようかな・・・。

 増上寺にも連れてきました。
画像 006
 徳川家康ピー、本堂の右側に家康公を祀っている安国殿がございます。
画像 010
画像 011
 こちらは皇女和宮様の立像です。
画像 014
 衣冠姿の家康公の肖像画です。立派ですね。それらを背景に・・・
画像 012
 家康ピーの記念撮影。堂内には他にも人がいましたが、関係ありません。迷惑かけない範囲でどんどんやっていきます。白人のおばちゃんがそれがしを不思議そうに眺めていましたが、問答無用!

 その後は江戸城にうかがいました。途中、日比谷公園に立ち寄り・・・
画像 020
 日比谷図書文化館で江戸時代初期の瓦を見ました。こうしてみると、初期の「葵の御紋」ってわりとシンプルですね。分家が増えた結果、今のように色々なバージョンの「葵」紋が増えたのでしょう。

画像 024
 図書館のカフェで一休み・・・
 道灌ピー「わしらは全然疲れておらぬぞ!」
 そりゃ、あなた方はケースに収納されて運ばれてるだけですから疲れないでしょうよ。
 家康ピー「いやいや、薄暗い箱の中も肩が凝るものぞ・・・にしてもこの「こーひー」というものは苦いのぅ・・」
 太閤殿下のたてたお茶よりは苦くないじゃないですか?
 家康ピー「利休殿が最期にたてたお茶は苦いような、しょっぱいような味がしたような・・」
 道灌ピー「思いで話はそのあたりで、そろそろ江戸城にでも向かおうではないか」
 そう・・今回は梅を見に来たのです。

画像 025
 蝋梅の美しさに狼狽しそう・・・。

画像 029
 江戸城本丸にある「梅林坂」です。ここでの道灌公と万里集九和尚との友情話は以前にも書きましたので繰り返しませぬが、道灌公にとっても、ファンにとってもとてもメモリアルな場所です。

画像 035
 道灌ピー「今年もキレイに咲いておるのぅ・・・人はいなくなっても花は咲き続けるものじゃ」
 おっしゃることが深いですね。ここにあった天神様もいまでは平河町に移されていますね。
 道灌ピー「まあ、それより梅の花を皆の衆にみてもらうがよい」

画像 033
画像 032
画像 040
 まあ、言葉はいりませんよね。白梅は盛りでしたが、紅梅は日当たりしだいでまだこれからの所と割りと咲いているものとに分かれていました。すっぱい梅干しが食べたくなってきました・・・。

画像 041
 この日は風が強くて寒かったなぁ・・・。

 最後に・・
画像 042
 江戸城本丸跡です。上で記念撮影したかったのですが、風が強すぎて・・・寒くて・・・
画像 044
 これが精一杯・・・お二人に睨まれたような気がしましたとさ・・・。

MUSE_banner_02.jpg

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村









文旦マーマレード

 えー、眠れないので記事更新します。

 文旦でマーマレード作りました。
画像 100
 まず文旦をほぐして、実と皮にわけます。砂糖は300グラム用意。皮はスライスして、3回くらい茹でこぼします。皮がやや透けているのがお分かりいただけるかな?

画像 102
 この後、皮を水に20~30分漬けてからギュッと絞って水気を取ります。実は潰して果汁をよく出しておきます。家用なので素手でやりました。気になる方や配布される方はビニール手袋して潰しましょう。

画像 103
 鍋に水を200ccいれ、砂糖を放り込んでとろ火でシロップを作り、更に水気を絞った皮を投入して5分ほど煮ます。

画像 104
 更に実と果汁をいれ、弱火で20~30分ほど水気を飛ばします。この間、常にへらでかき混ぜながら焦がさないように注意!!!根気を動員しましょう。

画像 106
 いい感じのトロミになったら粗熱をとばし、あらかじめ熱湯煮沸した広口ビンにいれて保存。「文旦のマーマレード」では語呂が悪いので、「文旦レード(ブンタレード)」と命名。なんか外国の街みたい・・パンにつけたり、ヨーグルトに混ぜたり、何かの隠し味にしたり・・・お好みでどうぞ。

 おやすみなさい・・・。

MUSE_banner_02.jpg

白旗神社~源頼朝ピーの墓参り~

 今回で鎌倉訪問は終了。そろそろ暖かくなりつつありますね。まだ鎌倉は行っていないところが沢山ありますので、また武者ピーを引率してお出かけしたいと思います。

画像
 地図の縮尺を無視した地図で申し訳ないが、まあ鶴岡八幡宮の近くにございます。
CIMG1040.jpg
 源頼朝が最初に幕府を開いたところ・・・
CIMG1041.jpg
 ここが白旗神社。
CIMG1042.jpg
CIMG1044.jpg
 こちらで参拝・・。
CIMG1045.jpg
CIMG1046.jpg
 こちらの狛犬殿はいつのものか不明ですが、大正時代くらいのものかなぁ・・?

CIMG1047.jpg
CIMG1048.jpg
 石段を昇ると・・・
CIMG1049.jpg
 はい!源頼朝公のお墓です。頼朝ピーもお墓参りしないとね・・。
CIMG1050.jpg
CIMG1051.jpg
 頼朝ピー「自分の墓参りをするなどと思うてもおらなんだわ・・・」
 まあ、いいじゃないですか。たまには。
CIMG1056.jpg
 頼朝ピー「南無南無・・・って誰に祈っているのだかわからなくなるぞ」
 今回、お墓に『鎌倉のしおり』というお酒をささげさせて頂きました。湘南で醸されたお酒です。鎌倉にも酒蔵があればいいのですが、鎌倉は昔からあまり水のよくない土地なので無理なんですよ。お酒は自宅用にも1本購入し、飲みました。飲み口はすっきり、後味はフルーティなおいしいお酒でした。個人的な好みではもうちょっとしっかりしたお味がいいんですがね。

 鶴岡八幡宮そばにある畠山重忠公の邸跡です。
CIMG1101.jpg
 重忠ピーと記念撮影。市内には重忠公の息子が討ち死にした場所もありますが、そこは忍びないのでスルー。

 帰りがけに鎌倉駅ビルにあるパン屋さんでアンパンを購入・・・。
CIMG1104.jpg
CIMG1105.jpg
 こしあんがぎっしり詰まっておりました。おいしかった。

 文旦を頂いたので、実をほぐしてみました。
 画像 054

画像 055
 塩とバルサミコ酢とオリーブ油を加えてさっくり混ぜ合わせ、ドレッシングに。

画像 056
 キャベツとたまねぎのサラダにのせていただきました。フルーティで、酸味おさえめ、さっぱりといただけました。リンゴ酢とかでもいいかも。

MUSE_banner_02.jpg

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村
プロフィール

サムライ銅像研究会

Author:サムライ銅像研究会
歴史と銅像と芸術が大好きなあまり、日本各地を東奔西走する銅像・史蹟ハンターである。神出鬼没なため、脈絡無しのブログ更新を続ける。掟はただ一つ!「死して屍拾うものなし!」昔の時代劇の決め台詞だけどね・・皆さん、見てやあ!
 最近、キューピーに侍の装束を着用させる遊びをやっております。「武者ピー」と呼んで可愛がってやぁ~!以後は「キューピー甲冑師」とも名乗ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。