スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おひな様ピー~武者ピー番外編と新宿街角~

 こんばんわ。そろそろ3月のひな祭りの時期が近づいてきましたので「おひな様ピー」完成させました。
画像 035
 今回は公家さんの衣装でちょっと苦労しました。デパートのおひな様コーナーを見学したり、持っている資料をあさったり・・・来年はもっと進化させたいと思うておりまする。
画像 036
 親王ひなは冠が一番細かい作業。女ひな様は十二単は早々にあきらめ、うちかけ風に。誤魔化しました。

画像 038
 親王ひなは鳳凰の模様の千代紙を使ったのですが・・・未消過な部分が。
画像 039
 今年はこんな感じですわ。やれやれ間に合った・・・・。

 「新型カメラの性能とやらをみせてもらおうか!」まあ、世代的にね・・。
画像 006_1
 高いビルから新宿の町をミニチュア風に・・。

画像 007_1
 今度はトイカメラ風に・・。

 東京タワーとスカイツリーを同じ画角に納めてみました・・・。
画像 013
 東京タワーが右端に隠れてしまったので、画像を一度クリックして別画面でご確認ください。

 下界に降りてみました。
画像 020_1
 東京マラソン前日なので、スタート地点を準備真っ最中でした。

画像 028_1
 ラフモノクロームな街角・・・石畳をブーツを鳴らせて歩く女性をこうして見ていると、東京じゃないみたい。

 するとあるブランドのショーウインドーにこんな展示が!
画像 022_1
 漫画やアニメでお馴染み、「ジョジョの奇妙な冒険」の作者と某ブランドのコラボレーションです。すごい!ブランドに興味ないそれがしも思わず撮影してしまいました。
画像 023_1
画像 024_1
 21世紀ですね!今回はここまで!

MUSE_banner_02.jpg


にほんブログ村 美術ブログ 彫刻へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

新しい「相棒」入手!!

 いやぁ・・毎日忙しくてろくに武者ピーが造れないが、ひな祭りピーは造ったので近日公開!!

 先日、仕事に入用なものを探しに深夜のドンキホーテに買い物に行くと、あるものを見つけてしまった・・
画像 003
 それがこれ・・ペンタックスリコーのデジタルカメラ「CX6」です。性能としては、数あるコンパクトデジタルカメラの中でも最高峰の1台。発売当初はあんなに高かったのに、それが今回1万円ぽっきり!!デフレ日本恐るべし!とても欲しいカメラの1台でしたので買っちゃいました・・・今、色々お試し中。

 カメラ雑誌の付録でこんなものも入手。
画像 001
 雑誌代金¥780でこんなものを入手・・・
画像 002
 なんとレフ板が付録で付いてきた!!それがし、レフ板なるものを使ったことないので試すのが楽しみです。まずは武者ピーで・・いずれは女性でも・・まあ、おいおい。

 というわけで、多忙ゆえにブログ更新や武者ピー製作はおおいに滞っておりますが、全く諦めておりませんので気長にお付き合いくだされ。

MUSE_banner_02.jpg

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村

足利尊氏ピーの墓参り

 前回の予告どおり、今回は鎌倉のお寺めぐりです。最近、忙しくて更新がテンポ良くできないのが残念だが、まあ、気楽にいこうよ。

CIMG1136.jpg
 今回、巡るところは鶴岡八幡宮から東へ金沢(かねざわ)街道を行くと・・・

CIMG1010.jpg
 浄妙寺です。ここは、足利幕府・初代征夷大将軍の尊氏公のお父様である貞氏公のお墓があります。大河ドラマでは、緒方拳氏が演じられておりました。

CIMG1011.jpg
 朝方はあんなに暗かったのに、すっかり晴れ渡りました。
CIMG1012.jpg
 こちらが貞氏公のお墓・・・。

CIMG1016.jpg
CIMG1017.jpg
 尊氏ピー「父上、墓参りに参りましたぞ・・・まあ、この姿が本当にわしなのか異論があるのですが・・」
 ここでは良しとしてください。人気(ひとけ)がありませんでした。

CIMG1018.jpg
 浄妙寺の方丈には、足利家の家紋「丸に二つ引き両」の家紋が彫ってある賽銭箱がありました・・。

 続いて伺ったのは、尊氏公の祖父・家時公が創建した報国寺。「竹の寺」で有名です。
CIMG1019.jpg
CIMG1020.jpg
 
 屋根瓦には・・
CIMG1021.jpg
 足利の家紋と皇室の家紋があります。雪がいいアクセントですね。

CIMG1024.jpg
 お庭には、お地蔵さんと苔の美しい光景が広がっています・・・その先には・・。

CIMG1025.jpg
 ふふふ・・そう簡単に竹林は見せませんぞ。
 
 と、思いきや・・・。
CIMG1026.jpg
CIMG1029.jpg
 2枚目の画像は集中線がいまいちきまっていないな・・。 

CIMG1031.jpg
 岸壁を掘って、墓を造るのは鎌倉特有の風景です。

 京都っぽい風景もあります。
CIMG1034.jpg

CIMG1035.jpg
 普段は砂を敷き詰めているのでしょうが、その上に雪が積もっております。アップは・・
CIMG1036.jpg
 暖かい鎌倉ではこんな風景は珍しいですよ。

 今回の最後に・・
CIMG1038.jpg

 次回は頼朝公のお墓参り・・・。


MUSE_banner_02.jpg

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村

新旧の鶴岡八幡宮へ

 あれま、もう2月だねぇ。最近、転職して猛烈に忙しくてブログ更新も武者ピー製作も滞りがちなのですが、まあ、気長にやっていこうと思いますよ。

 さて、現在も鎌倉の目玉として有名な鶴岡八幡宮・・
CIMG1060.jpg
 源頼朝が鎌倉入りする前はもっと海側にありました。
CIMG1135.jpg
 手描きの地図でもうしわけないが、鎌倉駅を挟んで南の海側に由比若宮八幡神社がありました。

CIMG0985.jpg
 いや、ここが見つけづらいのなんの・・住宅街のど真ん中なので目印もすくないし・・線路沿いを歩いてやっとみつけました。
CIMG0986.jpg
 「え?この小さなお社があの・・」と思った方。それがしも同じこと思いました。

CIMG0988.jpg
 参拝の前に・・・

CIMG0989.jpg
 こちらで・・・

CIMG0992.jpg
 武者ピー流の「源氏揃え」を挙行いたしました。左から、源義経・新田義貞・足利尊氏・源頼朝・太田道灌と皆さん、源氏に連なる方々です。神様はどんな思いで見ておられるやら・・

 代表でこの二人に参拝して頂きました。
CIMG0993.jpg
 頼朝・義経兄弟です。
CIMG0996.jpg
 今回の鎌倉遠足はこれが大目的の一つでした。

 さらに・・・
CIMG0997.jpg
 現在の鶴岡八幡宮にも参拝・・。

CIMG1000.jpg
CIMG1001.jpg
 この二の鳥居の狛犬さんは大きいです。2メートル以上あるかねぇ・・・。

CIMG1065.jpg
 舞殿で静御前ピーも記念撮影。毎年、春の例大祭では静御前の舞が賑々しく披露されます。ネットで動画検索してみてください。華やかですよ。

CIMG1074.jpg
 社殿に上がる前に、猛烈な風に倒された大銀杏前で、鎌倉武士ピーが記念撮影。直垂がきまってるね!見苦しい自画自賛ですまぬすまぬ・・・。

CIMG1075.jpg
 石段を上がって振り返ると、鎌倉の街が一望のもとに見下ろせます。海まで見通せるのは、高い建物がないため、見通しがきくからですね。歴史ある古都を意識した街づくりは大切ですね。

 拝殿内は撮影禁止のため・・すぐ脇にある宝物館へ入りました。ここは本殿の裏手にあたり、人気もほぼないので・・
CIMG1078.jpg
CIMG1080.jpg
 源頼朝と静御前で記念撮影。これには神様も驚かれたかもしれません。どうも失礼致しました。また来ますのでよろしくお願いします。

CIMG1096.jpg
 石段を降りると、阿形の狛犬殿が満面の笑顔を浮かべておりました。
  『また来るが良いぞ!』ははっ、また武者ピーでも連れて来ようかと思います。一人では淋しいので、同行してくれる女子募集中・・・最期に邪念がまじってしまいましたね。

 次回は鎌倉の古寺を訪れます。武者ピーも出るでよ!

MUSE_banner_02.jpg

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村
プロフィール

サムライ銅像研究会

Author:サムライ銅像研究会
歴史と銅像と芸術が大好きなあまり、日本各地を東奔西走する銅像・史蹟ハンターである。神出鬼没なため、脈絡無しのブログ更新を続ける。掟はただ一つ!「死して屍拾うものなし!」昔の時代劇の決め台詞だけどね・・皆さん、見てやあ!
 最近、キューピーに侍の装束を着用させる遊びをやっております。「武者ピー」と呼んで可愛がってやぁ~!以後は「キューピー甲冑師」とも名乗ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。