スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

騎馬銅像尽くし~山形から鹿児島まで~

 いつのまにか汗ばむ季節になった。画像ファイルを整理しているといつの間にやら騎馬銅像の画像も増えてきたので片っ端からのせていこう。

 時代ごとに紹介しよう。まずは平安末期。
PICT0003_1.jpg
 こちらは山梨県韮崎市役所前に建つ「武田信義公騎馬銅像」、甲斐源氏4代目で武田家初代。あの武田信玄の先祖。

PICT0004_1.jpg
 吉祥寺の井の頭公園・彫刻園にある「畠山重忠公騎馬銅像」、作者は北村西望先生。実際の作品は青梅の奥地にある御嶽神社、あんまり山奥なので輸送にヘリを使ったとのこと。

 次は鎌倉時代末期から室町時代の武将。
DSC00805_1.jpg
 熊本県菊池市菊池神社に建つ「菊池武時公騎馬銅像」、後醍醐天皇の令旨に応えて挙兵、大宰府の探題館に討ち入るも一族郎党らと共に討ち死に。後に楠正成から「功績第1等の功臣」と讃えられた。

DSC02174_1.jpg
 東京都皇居前に建つ「楠正成公騎馬銅像」。このアングルはあまり観光ガイドにも載らないので目新しいのではないか?360度全方位から撮ると見たことの無いアングルを発見できるのも野外彫刻の楽しみ。

湊川の大楠公アップ
 こちらも「楠正成公」だが、兵庫県神戸市長田区にある湊川公園にある銅像。足利尊氏との最後の決戦に臨む正成公のお姿である。

 PICT0005_1.jpg
 これは愛知県名古屋市東区にある神明宮に建つ「楠正成公」像。場所の手がかりとしては赤塚交差点のあたりとだけ書いておこう。あまりに地味なところだったので通り過ぎそうになった。もっとも、数年前の情報なので現在どんな扱い方されているか不明だが。

DSC02956_1.jpg
 東京都府中市分倍河原駅前に建つ「新田義貞公騎馬銅像」。この地で行われた分倍河原の戦いが鎌倉幕府滅亡の流れをきめた。

DSC00764_1.jpg
 熊本県菊池市民広場に建つ「菊池武光公騎馬銅像」、頼みになる武将がほぼ壊滅の南朝にあって、一人九州全土に南朝の影響を拡げた勇将。

DSC01817_1.jpg
 東京都日暮里駅東口に建つ「太田道灌公騎馬銅像」、この人がいなければ今の東京も別の容になっていたかも。

芳林寺の道灌公1
 同じ道灌公像でも埼玉県さいたま市岩槻区にある芳林寺に建つ像。道灌公というと「やまぶき伝説」から狩衣姿ばかりが立体化されているが、芸術家としても行政家としても軍人としても一流の人である。

 ここからは戦国時代から江戸初期。
北條早雲公
 神奈川県小田原駅前に建つ「北條早雲公騎馬銅像」、元の名は伊勢新九郎。北條の姓は早雲の息子・氏綱公が関東支配の名分を打ち出すために執権・北條氏から頂いたもの。

DSC01442_1.jpg
 新潟県上越市春日山城跡のふもとに建つ「上杉謙信公」像。
DSC01552_1.jpg
 同じく上越市高田駅前の商店街でみつけた「謙信公」像。小さなもので、ポストの上に乗っかっていた。
DSC00306_1.jpg
 長野県長野市八幡原公園内に建つ「謙信公」像。武田信玄公像と対になっているが、今回はこちらだけ。

吉祥寺 025_1
 こちらは北村西望先生作の「若き日の信長」像。吉祥寺の井の頭公園・彫刻園で撮ったが、同じものが岐阜県岐阜城公園、兵庫県庁の前庭、長崎県島原にもある。人気のある銅像なのね。

IMG_0231.jpg
 こちらは愛知県岡崎城公園内に建つ「松平元康公」像、後の徳川家康公。

PICT0022.jpg
 その家康公の忠臣・「井伊直政公」像は滋賀県彦根駅前に建つ。

政宗銅像の3
 宮城県仙台市青葉城本丸跡に建つ「伊達政宗公」騎馬銅像。仙台観光の名所の一つでもある。

DSC00103_1.jpg
 その政宗公の伯父にあたる「出羽の曉将」こと「最上義光公」騎馬銅像は山形県山形市霞城(かじょう)公園内に建つ。

PICT0018_1.jpg
 築城の名人と名高い「藤堂高虎公」騎馬銅像は三重県津市丸の内公園内に建つ。
PICT0017_1.jpg
 同じ高虎公でも小さい像が先ほどの公園の近くの商店街に建つ。

荒子の利家
 愛知県名古屋市荒子駅前に建つ「前田利家初陣の像」です。
尾山神社の利家
 同じ前田利家でも石川県金沢市の尾山神社にもあります。着用している鎧の本物が市内の石川県歴史博物館内に現存します。錆だらけでしたが、表面のレリーフなど全く同じ「天満宮」とあります。前田家は菅原道真の子孫と名乗っているからです。

DSC00726_1.jpg
 鹿児島県伊集院駅前に建つ「島津義弘公」騎馬銅像です。とても勇敢な武将で「関ヶ原の戦い」で東軍10万の追撃をわずか数百で撃退したことは今でも語り草になっております。関ヶ原にも銅像を立てて欲しいですね。

結城秀康像
 徳川家康公の次男・「結城秀康公」像です。福井県庁前にありますが、なぜか中国人がつくったものです。残念な出来です。やはり日本の人物は日本の芸術家に作って欲しいですね。

PICT0031_1.jpg
 今回最後に紹介するのは「戸田氏鉄(とだ うじかね)公」像。岐阜県大垣市大垣城公園内にあります。島原の乱で切支丹弾圧・・鎮圧を行った武将です。

 他にも日本全国には優れた騎馬銅像が沢山あります。なかなかすぐにはいけない所ばかりですが、少しずつ直に見ていきたいものです。
スポンサーサイト

日本の五大騎馬銅像

 かねてより書いていた五大騎馬銅像の資料が集まったので、ランキング形式で発表したい。

まず第5位!ジャジャン!
政宗銅像の1

 言わずと知れた仙台の伊達政宗公像です。

続いて第4位!
最上義光公

 山形県霞城公園に建つ最上義光公像。

お次は第3位!
菊池武光公!
 熊本県菊池市の市民広場に建つ菊池武光公像です。作者は中村晋也先生。

さあ、待望の第2位!
島津義弘公・正面
 鹿児島県伊集院駅前の島津義弘公像。作者はやはり中村晋也先生。先生の作品はただならぬ迫力に満ちています。

そして堂々の第1位!
大楠公像

 東京都皇居前に建つ大楠公像です。作者は高村光雲先生など5人のチームで製作。

 この五体の写真を集めるために東奔西走したねえ・・。

 また次回!
 
プロフィール

サムライ銅像研究会

Author:サムライ銅像研究会
歴史と銅像と芸術が大好きなあまり、日本各地を東奔西走する銅像・史蹟ハンターである。神出鬼没なため、脈絡無しのブログ更新を続ける。掟はただ一つ!「死して屍拾うものなし!」昔の時代劇の決め台詞だけどね・・皆さん、見てやあ!
 最近、キューピーに侍の装束を着用させる遊びをやっております。「武者ピー」と呼んで可愛がってやぁ~!以後は「キューピー甲冑師」とも名乗ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。