スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五条大橋の決闘~武者ピー新作~

 この春から忙しくなり、武者ピー新作も思うに任せず、構想ばかり増えている段階ではある。しかしそんな時間もまた大事。造ってばかりではあっという間に枯渇してしまう。人生は長い。あせるべからず・・。
 とはいえ、今年も五月五日のこどもの日も近づいているので新作を用意しました・・・。


画像 095_1
 草木も眠る丑三つ時・・・・。

画像 097_1
 ここは五条大橋・・・ということは?

画像 099_1
 むくつけき大男(?)が薙刀を構えて立ちはだかっています。
 「ここを通りたいのなら、腰の刀をおいていけ!」
画像 100_1
 なんと武蔵坊弁慶ではありませんか!

画像 101_1
 こちらは見目麗しい美少年・・・。
 「ふふふ、鈍重なくせに僕に追いつこうってのかい?」不敵な性格のようです。
画像 102_1
 源義経の少年時代の牛若丸でした。

 ここで牛若丸の唱歌を・・。

牛若丸(うしわかまる) 文部省唱歌
一、 京の五条の橋の上
大のおとこの弁慶は
長いナギナタふりあげて
牛若めがけて切りかかる
二、 牛若丸は飛びのいて
持った扇を投げつけて
来い来い来いと欄干の
上へあがって手をたたく
三、 前やうしろや右左
ここと思えばまたあちら
ツバメのような早わざに
鬼の弁慶あやまった
「尋常小学唱歌」

画像 103_1
 切りかかる弁慶をひらりと燕のようにかわす牛若丸をどう表現しようか考え、台を作って上下にわけることで表してみましたが・・・。

画像 104_1
 ジオラマの全貌です。箱は海老センベイが入っていました。高さ20センチくらいの卓上サイズ・・日本の住宅事情にピタリとはまるその大きさ!お宅にもお一ついかが?
 注文は受けられますが、今忙しいので直ぐには・・・来年には間に合うかな?興味ある方はフェイスブックで「近葉尚吾」を検索してみてください。つながりましょう。

 一つずつご覧ください。
画像 106_1
 弁慶は薙刀を構え、見得を切らせました。墨染めの衣。七つ道具は省略。

画像 105_1
 牛若丸は、それがしが幼心に聞いた思い出では笛で弁慶をこづき廻ってからかっていたような印象があったので笛を持たせてみました。着ているものは梅模様の水干。

画像 107_1
 義経  「まさか少年時代の自分と再会するとはな・・・」
 牛若丸 「同じ人物を造るのってまだ僕たちだけじゃない?やっぱり名将・義経の名前は伊達ではないね。次は道灌殿かな?」
 義経  「そういえば作者はまだ鞍馬山にはいったことはないそうだな。私らも連れて行って欲しいものだ」
 牛若丸 「わお!ついに武者ピーも京の都進出!早く上洛したいなぁ・・・」
 今、忙しいので当面無理ですが、年内には一度いってみたいですね。

 この記事はこどもの日までそのままにしておきます。

MUSE_banner_02.jpg

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

増上寺と江戸城散歩

 去る2月末日・・・都内にでかけました。
画像 001
 ん?ここは・・・?
画像 002
 徳川家にゆかりのある増上寺です。その日はちょうど東京マラソンの開催日で・・
画像 003
 沢山の人々が走っていました。参加者の94パーセント以上が完走したっていうからマラソンブームも本格的ですね。え?それがし?走るのは好きだけど、マラソン大会って苦手でね・・・群れて走りたくないもので・・でもハーフマラソンくらいならそろそろ挑戦してみようかな・・・。

 増上寺にも連れてきました。
画像 006
 徳川家康ピー、本堂の右側に家康公を祀っている安国殿がございます。
画像 010
画像 011
 こちらは皇女和宮様の立像です。
画像 014
 衣冠姿の家康公の肖像画です。立派ですね。それらを背景に・・・
画像 012
 家康ピーの記念撮影。堂内には他にも人がいましたが、関係ありません。迷惑かけない範囲でどんどんやっていきます。白人のおばちゃんがそれがしを不思議そうに眺めていましたが、問答無用!

 その後は江戸城にうかがいました。途中、日比谷公園に立ち寄り・・・
画像 020
 日比谷図書文化館で江戸時代初期の瓦を見ました。こうしてみると、初期の「葵の御紋」ってわりとシンプルですね。分家が増えた結果、今のように色々なバージョンの「葵」紋が増えたのでしょう。

画像 024
 図書館のカフェで一休み・・・
 道灌ピー「わしらは全然疲れておらぬぞ!」
 そりゃ、あなた方はケースに収納されて運ばれてるだけですから疲れないでしょうよ。
 家康ピー「いやいや、薄暗い箱の中も肩が凝るものぞ・・・にしてもこの「こーひー」というものは苦いのぅ・・」
 太閤殿下のたてたお茶よりは苦くないじゃないですか?
 家康ピー「利休殿が最期にたてたお茶は苦いような、しょっぱいような味がしたような・・」
 道灌ピー「思いで話はそのあたりで、そろそろ江戸城にでも向かおうではないか」
 そう・・今回は梅を見に来たのです。

画像 025
 蝋梅の美しさに狼狽しそう・・・。

画像 029
 江戸城本丸にある「梅林坂」です。ここでの道灌公と万里集九和尚との友情話は以前にも書きましたので繰り返しませぬが、道灌公にとっても、ファンにとってもとてもメモリアルな場所です。

画像 035
 道灌ピー「今年もキレイに咲いておるのぅ・・・人はいなくなっても花は咲き続けるものじゃ」
 おっしゃることが深いですね。ここにあった天神様もいまでは平河町に移されていますね。
 道灌ピー「まあ、それより梅の花を皆の衆にみてもらうがよい」

画像 033
画像 032
画像 040
 まあ、言葉はいりませんよね。白梅は盛りでしたが、紅梅は日当たりしだいでまだこれからの所と割りと咲いているものとに分かれていました。すっぱい梅干しが食べたくなってきました・・・。

画像 041
 この日は風が強くて寒かったなぁ・・・。

 最後に・・
画像 042
 江戸城本丸跡です。上で記念撮影したかったのですが、風が強すぎて・・・寒くて・・・
画像 044
 これが精一杯・・・お二人に睨まれたような気がしましたとさ・・・。

MUSE_banner_02.jpg

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村









白旗神社~源頼朝ピーの墓参り~

 今回で鎌倉訪問は終了。そろそろ暖かくなりつつありますね。まだ鎌倉は行っていないところが沢山ありますので、また武者ピーを引率してお出かけしたいと思います。

画像
 地図の縮尺を無視した地図で申し訳ないが、まあ鶴岡八幡宮の近くにございます。
CIMG1040.jpg
 源頼朝が最初に幕府を開いたところ・・・
CIMG1041.jpg
 ここが白旗神社。
CIMG1042.jpg
CIMG1044.jpg
 こちらで参拝・・。
CIMG1045.jpg
CIMG1046.jpg
 こちらの狛犬殿はいつのものか不明ですが、大正時代くらいのものかなぁ・・?

CIMG1047.jpg
CIMG1048.jpg
 石段を昇ると・・・
CIMG1049.jpg
 はい!源頼朝公のお墓です。頼朝ピーもお墓参りしないとね・・。
CIMG1050.jpg
CIMG1051.jpg
 頼朝ピー「自分の墓参りをするなどと思うてもおらなんだわ・・・」
 まあ、いいじゃないですか。たまには。
CIMG1056.jpg
 頼朝ピー「南無南無・・・って誰に祈っているのだかわからなくなるぞ」
 今回、お墓に『鎌倉のしおり』というお酒をささげさせて頂きました。湘南で醸されたお酒です。鎌倉にも酒蔵があればいいのですが、鎌倉は昔からあまり水のよくない土地なので無理なんですよ。お酒は自宅用にも1本購入し、飲みました。飲み口はすっきり、後味はフルーティなおいしいお酒でした。個人的な好みではもうちょっとしっかりしたお味がいいんですがね。

 鶴岡八幡宮そばにある畠山重忠公の邸跡です。
CIMG1101.jpg
 重忠ピーと記念撮影。市内には重忠公の息子が討ち死にした場所もありますが、そこは忍びないのでスルー。

 帰りがけに鎌倉駅ビルにあるパン屋さんでアンパンを購入・・・。
CIMG1104.jpg
CIMG1105.jpg
 こしあんがぎっしり詰まっておりました。おいしかった。

 文旦を頂いたので、実をほぐしてみました。
 画像 054

画像 055
 塩とバルサミコ酢とオリーブ油を加えてさっくり混ぜ合わせ、ドレッシングに。

画像 056
 キャベツとたまねぎのサラダにのせていただきました。フルーティで、酸味おさえめ、さっぱりといただけました。リンゴ酢とかでもいいかも。

MUSE_banner_02.jpg

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村

おひな様ピー~武者ピー番外編と新宿街角~

 こんばんわ。そろそろ3月のひな祭りの時期が近づいてきましたので「おひな様ピー」完成させました。
画像 035
 今回は公家さんの衣装でちょっと苦労しました。デパートのおひな様コーナーを見学したり、持っている資料をあさったり・・・来年はもっと進化させたいと思うておりまする。
画像 036
 親王ひなは冠が一番細かい作業。女ひな様は十二単は早々にあきらめ、うちかけ風に。誤魔化しました。

画像 038
 親王ひなは鳳凰の模様の千代紙を使ったのですが・・・未消過な部分が。
画像 039
 今年はこんな感じですわ。やれやれ間に合った・・・・。

 「新型カメラの性能とやらをみせてもらおうか!」まあ、世代的にね・・。
画像 006_1
 高いビルから新宿の町をミニチュア風に・・。

画像 007_1
 今度はトイカメラ風に・・。

 東京タワーとスカイツリーを同じ画角に納めてみました・・・。
画像 013
 東京タワーが右端に隠れてしまったので、画像を一度クリックして別画面でご確認ください。

 下界に降りてみました。
画像 020_1
 東京マラソン前日なので、スタート地点を準備真っ最中でした。

画像 028_1
 ラフモノクロームな街角・・・石畳をブーツを鳴らせて歩く女性をこうして見ていると、東京じゃないみたい。

 するとあるブランドのショーウインドーにこんな展示が!
画像 022_1
 漫画やアニメでお馴染み、「ジョジョの奇妙な冒険」の作者と某ブランドのコラボレーションです。すごい!ブランドに興味ないそれがしも思わず撮影してしまいました。
画像 023_1
画像 024_1
 21世紀ですね!今回はここまで!

MUSE_banner_02.jpg


にほんブログ村 美術ブログ 彫刻へ
にほんブログ村

武者ピーと武士の古都・鎌倉探訪~新作もな~

 えー、巴御前ピーにせっつかれましたので木曽義仲を造りました。「平家物語絵巻」では・・
CIMG0658.jpg
 真ん中の座っている武将です。金ぴかの大鎧着て、一目で大将とわかります。

 巴御前と同じ柄・色違いの直垂を。
CIMG0664.jpg

CIMG0666.jpg
 できました。「旭将軍」こと木曽義仲公。左手に持っているのはたいまつ、その右にいるのは角に木をくくりつけられた牛さん。目が怒ってます。でもそんな牛さんもゆるキャラ化すると・・・

k08121802.jpg
 富山県は小矢部市のキャラクター「メルぎゅー君」、角が燃えているのに笑顔です!手・・前足を振っています!小矢部市のホームページを見ると、更に動きまくってます!面白いので見るといいよ!
CIMG0672.jpg
 ま、こっちの牛はあくまで興奮しているんですが。倶利伽羅峠の合戦で本当に「火牛の計」が使われたかは疑問なんですがね。大体、山道に強い牛を物資輸送に使っていたのに死なせたら困るだろうに・・・まあ、軍事作戦はしばしば世間の常識の逆をいくのがままあることですが・・。

CIMG0667.jpg
CIMG0671.jpg
 兜の獅噛みも為朝や義経とは違います。

CIMG0674.jpg
 巴御前ピー「あら!義仲様!やっとあのヘボ甲冑師が造ってくれたのね」
 義仲ピー 「おお、何百年振りに会えたな。わしもうれしいぞ」
 巴御前ピー「その牛はどうしたの?」
 義仲ピー 「気づいたらついてきていたのだ。どうしよう?」
 巴御前ピー「きまっているじゃない。わらわの馬共々、お世話よろしくね!」
 義仲ピー 「・・・・わかった・・」
 おやおや、義仲さん、鬼嫁に尻にしかれているようです。

 さて、武者ピーを連れて鎌倉遠足にいってきました。なぜか担任の先生のような気分を味わいました。

CIMG0910.jpg
 鎌倉駅から江の島電鉄に乗り換えて「腰越」駅へ。ここで有名な「腰越状」がかかれます。源義経が頼朝に向けて書いたお手紙ですね。腰越まで平家の武将を連行して、源氏方の武将に引き渡すと「鎌倉に入ることまかりならぬ!」と言い渡されます。その後、義経一行は当地の「満福寺」に滞在しつつ、義経はお手紙をしたためます。
CIMG0912.jpg
 いやあ、もう寒くて寒くて・・近くに佐々木盛綱創建の「小動(こゆるぎ)神社」もありますがスルーしました。海風が半端なく冷たいし・・。
CIMG0913.jpg
 詳しくはこちらを読んでね。

 続いて、新田義貞ピーで有名な稲村ガ崎にいきました。
CIMG0916.jpg
CIMG0918.jpg
 駅から稲村ガ崎に行くまでの間に「十一人塚」がございます。新田方の部将以下11人が討ち死にしたところです。
CIMG0919.jpg
CIMG0921.jpg
 義貞ピー「又次郎・・・安らかに眠れよ」義貞公も神妙に祈っています。

CIMG0926.jpg
CIMG0927.jpg
 という訳で稲村ガ崎に到着。詳しいことは義貞ピーの時に書いたので割愛・・。

CIMG0928.jpg
 波がきつめでしたので岩場の端で撮りました。天気が良くて、波穏やかならもうちょっと先までいけましたが。
CIMG0929.jpg
 義貞ピー「この岩場の先を、皆、縄で数珠繋ぎにして渡ったのだよ。あの折も何人も海に流されたものだ」
 大変な作戦でしたねぇ・・・。

CIMG0931.jpg
 材木座海岸や三浦半島方面を撮りました。雲間から太陽光が差し込んできました。
CIMG0932.jpg
 江の島方向です。この後、晴れていい天気になりましたが、それはまた次回・・・。

MUSE_banner_02.jpg


にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村

 ちなみに、アルジェリアで多くの人命が失われたことは残念ですが、現地に一兵も送っていない日本には現地政府を支持するしかやりようがありません。まさに「これが世界の現実だ」という事件ですね。これで日本人も憲法問題について考え出すといいのですが・・・。
プロフィール

サムライ銅像研究会

Author:サムライ銅像研究会
歴史と銅像と芸術が大好きなあまり、日本各地を東奔西走する銅像・史蹟ハンターである。神出鬼没なため、脈絡無しのブログ更新を続ける。掟はただ一つ!「死して屍拾うものなし!」昔の時代劇の決め台詞だけどね・・皆さん、見てやあ!
 最近、キューピーに侍の装束を着用させる遊びをやっております。「武者ピー」と呼んで可愛がってやぁ~!以後は「キューピー甲冑師」とも名乗ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。