スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米沢・堂森善光寺

 以前の米沢編で堂森善光寺の写真を紹介したが、今回は別の何枚かの写真と共に紹介しなおそうかと思う。

堂森・善光寺
 お寺の正門からの画像。この近くに前田慶二郎は隠居所を築いたという。まあ、諸説あるがそれがしは気にしない。学者ではないからな。

供養塔周辺
けーじろー
 昨年の直江兼続ブームで「かねたん」は全国メジャー化したが、こんなキャラもすでに出陣していたのね。「けーじろー」というらしい。他の「かげっち」共々ストラップを買ってしまいましたがな。


本堂
 こちら本堂です。立派な幟ですね。
供養塔
 供養塔です。南無南無・・。
 そういえば我が家は一応浄土真宗ですが、ゲーム「信長の野望」ではいっつも本願寺家全滅に夢中になってしまいますね。全国にそんな方は沢山いると思いますが。

今年の実り
 善光寺周辺は豊かな田園風景で今年も実っております。
 またお寺の境内の中も実にいい気に満ちている(ような)気がします。よくはわかりませんが、落ち着いた気分になりました。また行きたくなるお寺ですね。美味い水
 最後にお寺の入り口に湧いていたお水。飲料用とは書いていませんでしたが、あまりにおいしそうだったので飲んでみるとこれが美味い!

 来年は慶二郎400年供養の年だそうなのでまた行ってみたいですね。

スポンサーサイト

上杉の聖地・米沢に行って参った!番外編

 それがしの尊敬申し上げている武将は楠正成公と上杉謙信公であります。今回、その謙信公の眠られている米沢に行ってまいった。上杉神社や堂森善光寺などいきましたが、それはまた後日・・・

DSC00149_1.jpg
 こちら、米沢駅で直江兼続公が直々にお出迎えしていただける。誠、かたじけなし。

直江兼続公のお顔
 意外と巨大で立ち上がったら3メートルくらいはありそう。去年の「変地人」・・ならぬ「天地人」をどう見られたのか・・。

 米沢市内・戦国の杜
 続いて米沢市内の戦国雑貨を集めた「戦国の杜」に行ってきました。雑貨も少しは購入したが、目的はかの大ふへん者がいると聞いたので・・
 大ふへん者、参る!
 これがまたでかい!松風と前田慶次郎が蘇ったらこんな感じ?
前田慶次郎
 いやあ、いい男だねえ。いっそ、直江も慶次郎もこれらを原型にして、銅像つくればいいのに。山形で知り合った姐さんもよろこぶだろうなあ。

 最後にこの近くの名物「板蕎麦」を食べに弥へえそばに行ってきました。板蕎麦・やへえそば
 まず板1枚ぶんの蕎麦がたっぷり。量が嬉しいね。東京の蕎麦屋は少なくっていけない。蕎麦をすすると、濃い目のつゆに太目の蕎麦が絡んで旨いこと!香りと歯ごたえにびっくり!もっちもちかつのどを滑り落ちる勢いに夢中で食べてしまい、蕎麦湯まで平らげてしましたとさ。
プロフィール

サムライ銅像研究会

Author:サムライ銅像研究会
歴史と銅像と芸術が大好きなあまり、日本各地を東奔西走する銅像・史蹟ハンターである。神出鬼没なため、脈絡無しのブログ更新を続ける。掟はただ一つ!「死して屍拾うものなし!」昔の時代劇の決め台詞だけどね・・皆さん、見てやあ!
 最近、キューピーに侍の装束を着用させる遊びをやっております。「武者ピー」と呼んで可愛がってやぁ~!以後は「キューピー甲冑師」とも名乗ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。