スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本画の精髄を見に行く~国立近代美術館~

 今回は千代田区内のある所に来ました。
DSCF1865_1.jpg
 竹橋です。皇居はもう目の前。近くには毎日新聞社の本社や橋を渡ったところに国立近代美術館がございます。
DSCF1866_1.jpg
 かつて「東の横山大観、西の竹内栖鳳」といわれた日本画の巨匠「竹内栖鳳」展を見に来ました。

DSCF1868_1.jpg
 こちらの国立近代美術館は来るのは初めてでした。場所は知っていましたが縁がなかったのか・・・この美術館自体も一つの芸術品ですね。

 展覧会の撮影は出来ないので・・・
DSCF1884_1.jpg
 図録から何点か紹介。手提げ袋とセット販売していました。図録単独でも購入できますよ。栖鳳の代表作のひとつ「班猫」を図録の表紙に、手提げにもデザイン化しております。猫好きにはたまらない意匠です。この猫は栖鳳が静岡県沼津に滞在中に八百屋(魚屋?)でみかけた子を貰い受けて京都の自宅に連れて帰り、何年もかけて描いたそうですが、ある美術番組でも詳しく紹介していたのでここでは省きます。展覧会で本物を見ることができたのが幸いです。

DSCF1885_1.jpg
 栖鳳さん、獅子も沢山描いております。「獅子図」は昔から日本画家が好んで描いた画題でありますが、明治に入って動物園などで実物を観察できるようになったためリアルです。栖鳳さんはリアルな獅子を六曲二双の屏風に描いております。実物はとても大きいので美術館以外だと大広間のある旧家や料亭、旅館など展示できる場所は限定されそうですが、是非、畳のあるお部屋で鑑賞したいですね。どこかの美術館でそういう企画展示やってくれませんか?

DSCF1886_1.jpg
 こちらの「象図」・・見た瞬間に長沢芦雪の「白象黒牛図屏風」を思い出しました。栖鳳さんも意識していたのでしょうか?象の背中の上の猿がなんとも愛嬌あります。

DSCF1888_1.jpg
 「飼われたる猿と兎」の左側、兎部分。栖鳳さんは動物を実際に飼育して日々の観察の中からデッサンを重ね、作品化していったそうです。動物達を見ていると、単に細かく観察していただけでなく、動物達への愛情が感じられますね。栖鳳さんの人柄が偲ばれます。 

DSCF1889_1.jpg
 「絵になる最初」、大正2年の「文展」に出品されたものだそう。栖鳳さんが天女図を描くために呼んだ芸者さんが初めて人前で裸身をさらすのを恥らっている様を描いたものだそう。またこの着物の柄は栖鳳さんがデザインしたもののようで、後に高島屋さんで販売したそう。当時の美術と商売の関係がうかがえて面白い作品ですね。

 他にも沢山あるので実際に見たほうがいいですが今月の14日までなんだよね。これほどの規模の回顧展は40年振りらしいので、まとめてみるのはむずかしいですが竹内栖鳳さんの名前は覚えていて間違いないですね。
 今回の展覧会で他によかった点は、栖鳳さんのデッサン帳やご自身で写した写真が見られたこと。特に写真はよかった。ありふれた写真ですが、画家が製作のために写した写真をみて「着眼点」を見るのは写真好きにとって刺激になりました。

 こちらの美術館は上階に展望室があり、皇居方面を見学できました。このアングルから見るのは初めてでしたので楽しかった。
DSCF1869_1.jpg
 丸の内のビル群です。中央左側の橋は平川橋で、江戸城の平川門に通じています。

DSCF1870_1.jpg
 江戸城のお堀と石垣ですね。右の樹木の上に見える建物は宮内庁書陵部です。 
 
DSCF1871_1.jpg
 右端は、江戸城の北詰橋です。こうして見ると、この辺りが江戸城の「ベスト・ビュー・ポイント」です。古い城郭と現代のビル建築が融合した眺めは、世界に誇る財産です。

DSCF1873_1.jpg
 見よ!この石垣の美!切り込みハギの石垣の美しさ!!

DSCF1880_1.jpg
 北詰橋門の上に、はるか六本木方面のビルが見えます。左から二番目のビルが六本木ヒルズで、その隣の鉄塔が東京タワーの先端です。天気はあいにくでしたが撮影にはちょうどいい日和でした。


 また行きたい美術館でした。次回は江戸城撮影にもうちょっと時間を割いてみようと思います。


tsukuruhitolink.jpg
スポンサーサイト

東京都写真美術館~恵比寿散歩~

 プロ・アマ問わずカメラマンの聖地ともいうべき美術館が渋谷区恵比寿にあるので行って来ました。
DSCF1284_1.jpg
 恵比寿といえば都内屈指のオシャレタウン・・・それがしには敷居の高い街ですが、たまにはいってみました。この画像の建物はフランス人のジョエル・ロブションのレストラン・・ランチにしゃれ込むにはやはり敷居が高いので美術館に直行しました。

DSCF1283_1.jpg
 こちらの東京都写真美術館はJR恵比寿駅から徒歩5分。
DSCF1279_1.jpg
 4つの展覧会が開催中でした。全部みるわけにはいかないので・・・
DSCF1300_1.jpg
 「世界報道写真」展・・・世界の紛争や災害、社会の暗部を撮った写真がたくさんありました。なかなか重い写真ばかりでしたね。心臓の弱い方やお子様にはオススメできません。
 「米田知子」展・・・初めて知る写真家でしたが、素晴らしい風景写真を撮っておられますね。もちろん、中の写真は撮れませんので実際に見に行ってください。

 見学した後は近くのお店でランチ・・・・というには恵比寿は価格が高すぎる町なのでスルー。かわりに・・
DSCF1285_1.jpg
 超高級マンションの前にアントワーヌ・ブールデルの「果実」がさりげなく建っております。レプリカでしょうが。
 
DSCF1289_1_20130725163721.jpg
 広場でオシャレな人々が優雅にランチ中・・・他に目的もなかったので新宿に帰りました。写真美術館は素晴らしかったのでまた行きたいです。

 MUSE_banner_02.jpg

春の示現会・展覧会

 すこし時間があいたと思ったら、もう新年度ですね。街中には新入生や新入社員が溢れています。世の中の雰囲気もちょっとだけ明るくなっているような気もしますが本物かどうか・・・景気のことは置いておいて美術館に行ってきました。

画像 003_1
 六本木の国立新美術館です。
画像 004
 今年も写実主義のこの展覧会にやってきました。

 色々書いてもしょうがないので、まずは様々な作品をみてください。タイトル・作者名は省いています。画像を一度クリックして、別画面で全貌をご覧下さい。
画像 008
画像 010
画像 012
画像 014
画像 016
画像 018
画像 020
画像 035_11
 ここまでは前半。会場には沢山の作品がありましたが、紹介できるのはごくごく一部です。実際、見に行っていただくのが一番いいのです。

 さて、この展覧会には当ブログの盟友であるアーティスト「michiko」殿の応募作品も展示されています。それがこちら・・・
画像 043_1
 タイトルは「兆し」・・・何を読み取るか・・・見るもの次第です。正解はないと思います。
画像 045_1
 michiko殿!観て参りましたぞ!

 他には・・・
画像 048_1
画像 049_1
画像 052_1
画像 053_1
画像 055_1
 
 会場にはまだまだ沢山ありましたが、私の感性にひっかかるものだけをチョイスしました。皆さんはどう思われるか・・・よければ見に行ってください。4月から12月まで日本全国を巡る巡回展を行うようです。詳しくは示現会ホームページをご覧下さい。

 最後に六本木の裏通りを写した1枚でもご覧頂きましょう。
画像 068_1
 どこか昭和の面影を残した路地裏でした・・・。

MUSE_banner_02.jpg

古代出雲展を見に行く

 先日の週末、上野公園内にある国立博物館で、11月25日まで開催中の「出雲~聖地の至宝展~」を見てきました。
CIMG0191.jpg
CIMG0259.jpg
 スマートフォンを持っていると、何か面白い仕掛けがあるようなのだが、スマホはおろか、携帯すら解約してもっていないそれがしには何が何やら・・別に困りませんが、何か?
CIMG0262.jpg
 こちらは博物館のゆるキャラ・・日本全体にゆるキャラってどれだけいるんだろう?

 出雲展はもちろん撮影不可能なのだが、今回の目玉出展品の画像はネット内に漂っているもので・・
chuoutenji_1.jpg
 出雲大社の地面の下から出てきた「宇豆柱(うずばしら)」。これだけ太いと・・
f8eed809.jpg
 古代出雲にはこんなに凄いお社があったということです。凄いねぇ~!現物を目にして、思わず拝んでしまいました。

 他の目玉出展品では・・
CIMG0265.jpg
CIMG0267.jpg
 戦国時代前期に出雲の戦国大名「尼子経久(あまご つねひさ)」が佐太神社に奉納したという「色々糸縅胴丸具足」。柱とこの鎧が見たくていってきました。やっぱりいい物を、目の前で見るといいねぇ~!眼福眼福・・!この経験をもとにまた武者ピー造りに活かしたい・・。
 この画像は会場で売っていた絵葉書(写真)を写したもの。

 帰ろうとすると・・
CIMG0258.jpg
 島根のゆるキャラに見送られました。やれやれ・・


MUSE_banner_02.jpg


にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村

国展~工芸部門~

 前回の更新から時が経ってしまい、国展を見に行ってから早くも1月が過ぎてしまった・・光陰矢のごとしという。残った工芸部門のことを書いてしまわねば・・とはいえ、この部門は他のような感想が残りづらかった。

DSCF5579_1.jpg
 「ああ、反物や着物か・・」という所。自分用の着物を持っているが、紺色無地のいたってシンプルなものなので、かようにはでな着物を着る訳でなし・・

DSCF5581_1.jpg
 日常の道具だからそんな特別視することないんだろうが・・・でも1点数十万円とかするんだろうなあ・・。

DSCF5583_1.jpg
 ここは窓越しに外光が柔らかく入ってくるので爽やかなスペースでした。こうしてみると、タペストリーにもなりますな。

DSCF5584_1.jpg
 根来(ねごろ)塗りの漆器です。根来というと紀伊、和歌山県の山奥ですかね。昔は僧兵と鉄砲で有名でしたね。織田信長の傭兵になったり、敵対したり・・平和な時代になるとこんな工芸品作っていたんですね。これは実用的な美、「用の美」ですね。

DSCF5586_1.jpg
 子供用の着物もあります。

DSCF5588_1.jpg
 これは座り心地のよさそうな座椅子です。読書や昼寝によさそう。

DSCF5590_1.jpg
 この飾り棚いいなあ・・・これを置くとしたら、部屋をキレイにして余計なものを一切置かずに、真ん中の棚によさげな器を一点だけ置くのがいいのだろうなあ・・。ということはそれがしの部屋には無理だな。

DSCF5598_1.jpg
 他は全体にこんな感じ。もうちょっと展示に創意工夫があってもいいなあ・・せっかくいい物取り揃えているんだからさ。

 あれこれ公募団体の美術展覧会を見てきたが、どこも来場者の年齢層が高いねぇ・・若い人がいても、画学生のような感じの人ばかりで、普通の人がふらりと見に来た、という感じが薄い。これは残念なことです。来れば面白いものや素晴らしいものが沢山あるのに。ちょっと昔の言葉で「若者よ、書を捨てよ、街へ出よう」なんてありますが、いい直すなら「人々よ、スマホを置いて、美術館に行こう」というところですか。お後がよろしいようで・・。

MUSE_banner_02.jpg

プロフィール

サムライ銅像研究会

Author:サムライ銅像研究会
歴史と銅像と芸術が大好きなあまり、日本各地を東奔西走する銅像・史蹟ハンターである。神出鬼没なため、脈絡無しのブログ更新を続ける。掟はただ一つ!「死して屍拾うものなし!」昔の時代劇の決め台詞だけどね・・皆さん、見てやあ!
 最近、キューピーに侍の装束を着用させる遊びをやっております。「武者ピー」と呼んで可愛がってやぁ~!以後は「キューピー甲冑師」とも名乗ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。