スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上杉謙信公のお城・春日山城

 熱狂的上杉謙信公の崇拝者であるそれがしの上越市探訪レポートも今回で終了である。最後は謙信公の居城・春日山城を案内しよう。

 JR春日山駅前からでているバスに乗って15分ほど揺られていると下の「史蹟 春日山城址」のところにたどり着く。ちなみにバスの本数がたいへん少ないので、自家用車で来られるのが賢明だろう。自転車で行くのも楽しいだろう。徒歩も・・運動にはなる。
山城の案内板

マップ
 上のマップは春日山駅前にある観光案内所でいただいた上越市観光マップの中にあった春日山城絵図である。少し手を加えて赤ルートは登り。青ルートが下りである。ハイキング感覚でいっても全体で2~3時間あれば廻れるだろう。標高も180メートル程だし、トレッキングブーツを履いていけば足元の備えは万全だと思う。

謙信公と春日山城
 先ほどの石柱から歩いて少しのところに「上杉謙信公騎馬銅像」が出迎えてくれる。この銅像は去年(2010年)の夏まで別のところにあったが、毎年8月の終わりに開催される「謙信公祭」にあわせてここ春日山城のふもとに移設された。場所的にはここが一番ふさわしいしね。銅像の脇に「上越市埋蔵文化財センター」があり、古代の土器や中世・戦国時代の遺物など歴史好きが目を輝かせるものが多数展示されているので見ていくといい。
 
 この謙信公像は佐川急便の会長が費用を出して寄贈したものだ。すこしはいいこともしていたのね。原型製作者は南部祥雲先生、先生は昭和22年に富山県でお生まれになり、長じて後は彫刻家・高村光雲の弟子である米治一先生に師事。日府展に所属され、数々の賞を受けられた現代の代表的な仏像彫刻家の一人です。仏像のほかにもこの謙信公像や広島県竹原市にある頼山陽像なども手がけられている。
 では以下何枚か謙信公像を様々なアングルで撮った写真をお楽しみいただこう(もっとも、一番楽しいのはそれがし自身だが・・)。

左から
右から
秋の空と謙信公
空と2
 
 本題に戻らないと・・謙信公像から少し歩くといよいよ春日山城入り口である「謙信公出陣 御前清水」が出迎えてくれる。
出陣清水
 ここで水筒やペットボトルに水を汲んでいこう。山道は楽ではない。飲んでみると実に旨い!この水と米があるからこそ越後(新潟県)は酒どころなのだなあ、と実感することしきり。
 ちなみに酒が好き過ぎて謙信公は痛風を患い、最後は脳溢血(推定だが)で亡くなられている。飲みすぎにはご注意の程を。

大手道方面
 水を汲んだ後まっすぐ登り口に向かうと、左方向には「大手道」が見える。画像の土手の上がそれだ。春日山城全体を大きく南方向から回りこむコースだが、そちらから見上げるとまた一段と素晴らしいとのこと。またいつか行きたいね。

謙信公立像
 登り道をグイグイ行くと途中で左右に分かれる。左がお土産屋で右が春日山神社だ。どちらを行っても結局はこの謙信公立像にたどり着く。
 もし下の清水を汲み忘れて水分を持っていない方はお土産屋で調達しよう。この上は休憩所こそあるものの、飲み物は入手できない。トイレもここで済ませておこう。決して「草むらで・・・」などとやらないこと。緑と水は大切にしよう。

中腹から
 汗をかきつつ登っていくと背後に街が見下ろせる。だが、頂上の景色はこんなものではない。

 途中には・・
上杉影虎屋敷跡
DSC01490_1.jpg
DSC01491_1.jpg
 看板ばかりではなんのことやらだが、興奮しすぎてその周辺を撮るのをうっかり忘れていたのだ。これは是非リベンジしたいね。

土塁と米倉跡
 やれやれ、やっとまともな1枚があった。ここは米倉があった所で、その後の高くなっているところは土塁という防壁である。
 春日山城は南北朝の頃に築かれた日本の代表的な山城で、謙信公の父親・為景公と謙信公の時代に大規模な増改築工事がなされている。謙信公亡き後は「御館の乱」という継承戦争の後で上杉景勝公が継ぎ、豊臣政権の中で重きをなすようになりやがて会津に転封となった。上杉の後は織田・豊臣に仕えた堀家が入るものの、関ヶ原の戦いで堀家が福島に移り、その後は誰も入らなくなり自然に廃城となった。
 幕末、政権を朝廷に返上した徳川が去って明治に入ってから有志の方々が春日山城を現在のような観光地として整備していったのである。彼らの働きがなければ全国の謙信公崇拝者も楽々と巡礼・・もといハイキングなどできはしない。

本丸跡
 ゼイハアいいつつ40~50分で頂上の本丸跡に到着。ここで最高のパノラマを堪能しよう。
本丸からの眺望・パノラマ
 左から日本海に面しているのが直江津の町並み、左側でひと際高い山が米山、眼下には春日山の町並みとその右手にはもうひとつの城下町・高田の街並みが見下ろせる。
 景色は違えど、ここから謙信公も頚城平野を見下ろしていたのかと思うと感慨も一塩である。

 ベンチなどもあるのでここで弁当をつかうのがオススメである。それがしはここで地酒のコップ酒を一人あおっていた。

DSC01503_1.jpg
 
 城を築く時、何が一番重要だろう?地勢であったり、交通の便であったり様々な答えがあるだろうが最重要課題は「水の確保」だ。春日山城はその点申し分ない。
大井戸
井戸郭看板
 頂上からすこし降りたところにある井戸には今でも水がこんこんとわきだしている。ここだけでなく、本丸からちょっと下った斜面からも水が染み出しているところがあったのである。一見なんでもなさそうだが、これはとても大事なことだ。水がなければ人間など1週間で狂い死にしてしまうのだから。
DSC01506_1.jpg
 すこし分かりづらいが下に水面が見えている。

景勝屋敷跡
 井戸郭から離れたところに上杉景勝屋敷跡がある。本丸とここは1人がやっと通れるような細い通路でつながっている。その通路の脇にも一段高い鐘突き堂跡があり、容易に人を信用できない戦国武将の心底がみえてくるよだ。

柿崎屋敷跡
 この広い敷地は謙信公の重臣の一人・柿崎和泉守景家(かきざき いずみのかみ かげいえ)の屋敷跡である。

 上杉謙信を瑞々しい筆致と大胆な描写で活写した海音寺潮五郎先生の「天と地と」では柿崎景家は反覆常ならぬ武将として描かれており、いい印象はもたれていない。実際、謙信公も「柿崎に知恵さえあれば、越後国中でかなう者がいないだろう」と語っている。更にその没年も不明で一説には謙信公から手討ちにされたとも伝わるのでどうしても印象がよくない。
 だが、この屋敷地をみてその印象に修正が必要なようだ。裏切りを警戒される人物に与えるにはあまりにも重要な立地なのだ。さらにここから山中を抜けていけばやがて信濃(長野県)にもでる。
 別の折、「上杉家御年譜」という公式資料を読んでいると、柿崎が城下町で説法していた怪しげな男を手討ちにしたところ、周囲の人々から「やりすぎだ」といわれたが、その男の持っていた傘の柄を割ると、中から武田信玄に裏切りを約束した書状が出てきたという。その後にその書状から裏切り者が成敗されたとのことである。
 以上の情報から、柿崎景家に対する見方を変えるべきではないか。意外に思慮深い一面もあったのかもしれない。

 本丸に戻って下りのコースに行こう。
毘沙門堂跡
 ここは謙信公が合戦にあたり祈りを捧げられた毘沙門堂などがあった場所である。
毘沙門堂跡アップ
 この松の木は若いだろうが、400年以上も前から存在する木もあるだろう。

現在の毘沙門堂
DSC01517_1.jpg
 現在の毘沙門堂はすこし離れたところにある。謙信公が祈りを捧げていた毘沙門天像は米沢に持っていかれたが、幕末の震災で一部を残して焼失したとのこと。その破片を体内に納めたものを明治の大彫刻家・高村光雲先生によって作り直されたものが下の画像。
毘沙門天
 我が家にも一体ほしいなあ。

お花畑跡
 こちらで仏花用に花を栽培していたとのこと。実際はありえないが、謙信公が花を摘んでいる姿を想像して吹きだしてしまった。そういえば「謙信は女性だ」なんて唱えたトンデモ作家もいたなあ・・。

DSC01523_1.jpg
 下る途中、登ってきた道を撮影。烈しい日差しをさえぎる木陰もないため、実にあつかった。下りは木陰も多くて楽ちんである。

直江屋敷跡
DSC01524_1.jpg
 ここは謙信公の重臣の一人直江大和守実綱(なおえ やまとのかみ さねつな)の屋敷跡である。景勝公時代には大河ドラマで有名な直江兼続も住んでいたろう。ちなみに二入は血縁関係ではないので注意しよう。

DSC01526_1.jpg
 屈曲した道は守りやすく攻めづらい。見下ろしているここからも矢玉を飛ばすことが可能だ。

DSC01527_1.jpg
 この看板の下が空堀だ。

 ここで紹介できる画像が尽きた。長々とお付き合いいただきありがとう。
謙信公力そば
 山を降りてお土産屋まで戻り、この「謙信力そば」を頂いた。餅と豚の三枚肉が旨い!なにより周りに店がないからね。

 さてここまで書いて春日山城を紹介するのにまだまだ精進が足りないなと痛感。撮影テクニックなど磨いて今後もまだまだ頑張っていきたい。では、また!
スポンサーサイト

春日山城南面

 春日山城山頂
こちらの「春日山城址」と前回の本丸跡は谷間になっており、谷間の南側へ降りてみる。

井戸郭看板
大井戸
 まずこの大井戸がある。春日山城が他を絶して優れている点は、山頂でも水が容易に手に入れられることだ。実際、本丸に登る途中、本丸直下の山肌からきれいな清水が湧き出しているのを見て、驚愕したものだ。

鐘楼跡
 さらに大井戸の裏へ行くと、かつて鐘楼があった高台があり、その脇を人1人通るのがやっとという道が続き、その先には・・・
景勝屋敷跡
 謙信公の跡をついだ上杉景勝公の屋敷跡だ。

柿崎屋敷跡
 さらにその裏には柿崎景家屋敷跡がある。

 ここでいったん写真の紹介をとめて、春日山城に分け入ったが故思いついた着想を書いてみたい。

 まずは謙信公より「あの者に知恵があれば、越後七郡の中にかなうものはいないだろう」と微妙なほめ方をされた柿崎景家である。
 従来、彼は武勇一辺倒の人間で戦うしか能がないという一般的な思い込みがあった。かくいうそれがしもそうだ。「信長の野望」では彼を単なる突撃隊長としかあつかっていなかった。
 だが、実際は春日山城下の府内で奉行職をつとめ、円滑な統治の一助となっている。また、彼の屋敷は本丸裏の広壮な敷地を与えられており、その脇の道は古くから北陸に通じているという。実際、その屋敷の立地のあまりに重大な位置に彼を見る眼から鱗が落ちる思いであった。
 謙信公の父・為景公の時代から第4次川中島合戦にいたる謙信公の一代記を書かれた海音寺潮五郎先生の小説「天と地と」ではいつ裏切るかわからない変節漢として描かれているが、そのような表裏のわからぬ男に春日山の背面を任せるだろうか?諸賢はいかがお考えかな?

 続いて「御館の乱」考である。春日山の本丸を中心に、府内や日本海を見下ろす絶好の位置に屋敷を与えられた北條家からの養子・上杉三郎景虎の屋敷跡。本丸の裏手に屋敷を与えられた甥・上杉景勝。はたして謙信公はどちらを上杉家の真の跡取りと考えていたのだろう?
 最近の研究では、関東管領の名跡を景虎に継がせ、景勝に家を継がせると考えていたのではという説があるが、「両雄並び立たず」という言葉もあるとおりそんな単純なものだろうか?それがしは春日山を見てきた上では簡単に同意できない。
 謙信公は具体的には考えていなかったのではないか?まず、景虎屋敷は眺望絶好な位置とはいえ、背後から謙信公に監視されているともいえる。一方、景勝の屋敷も鐘楼から監視可能な位置にあり、軍勢の本丸への移動が難しい。実際は、謙信公はどちらも心から信用しておらず、両端を持していたのではないか?もし・・歴史にもしはないが・・脳溢血で倒れずに関東に出兵した上で道筋をつけようとしていたのではないだろうか?その考えがどのようなものかは永遠の謎だが。

毘沙門堂跡
毘沙門堂跡アップ
 とまあ、推測は置いといて、本丸周辺に戻り、毘沙門堂跡を訪れた。かつてはここに毘沙門堂が建ち、謙信公が様々な考えをめぐらし、毘沙門天に祈りを捧げていたのだろう。

現在の毘沙門堂
 少し下った所に現在の毘沙門堂が建っている。
毘沙門天
 皆様、毘沙門天にお祈りください。
     「オンベン シュラ バンダヤ ソワカ・・」確かこんな文言だったような。

お花畑跡
 現在の毘沙門堂から1段下がった所に「お花畑」があります。ここで栽培した花を各種お堂に飾っていたという。去年の「天地人」ではとんでもない演出に使っていたっけ。あの大河は二度と見ないぞ!

直江屋敷跡
 道なりに下ると「直江屋敷」跡がでてくる。直江というと、直江兼続ばかりクローズアップされるが、あれは樋口家からの養子だ。樋口家も由緒ある家だけどね。でも直江家は代々、長尾家に仕えた譜代の家臣であり、謙信公の時代には直江実綱が謙信公のもとで行政の実際を取り仕切り、また合戦でも多くの活躍を果たした。さらにその実子・信綱は「御館の乱」直後に同僚に斬られてしまったが、生きていれば兼続の活躍の場があったかどうか?別に直江兼続か嫌いなわけではないぞ。

謙信公力そば
 そんなこんなで山道をさまようこと数時間・・すっかり腹が空いたので、謙信公立像のそばのお土産やさんでこの写真の「謙信公ちからそば」を頂いた。出汁のきいた蕎麦の上に、豚の三枚肉のチャーシュー2枚と焼き餅1個がのっている。この豚肉が実に旨い!噛んでも噛んでも旨みが出てくるので飲み込むのがおしかった・・。蕎麦はね・・富士そばの方がおいしいかな?でもおなかすいていたからそれもよし。

 春日山城をおりて加賀街道を一路、直江津方面に歩く・・バスがほんとない!バス停4つ分ほどで・・
春日神社参道入り口
 こちらの春日神社に到着。こちらは創建1200年以上の歴史を刻む古刹。神社の名を基にして「春日山」城が築かれたとのこと。ややこしいが、山の上の「春日山」神社は明治の創建だからね?それがしも最初、上越の地図を見てこんがらがったから。
春日神社石段
 お社の中は実に美しい木立に包まれ、地面はカーペットのようなコケが敷き詰められており、とても絵になります。小1時間ほど写真撮ってました。
春日神社本堂
 本堂はこちら・・人気がなかったので、賽銭箱に代金入れてお守り頂いてきました。ホント、ゆるいなあ。

春日山神社ふもとから空
 神社を抜けるとこんな素敵な青空が広がっていました。みとれてしまいました。

能鷹と塩焼きサンマ
 晩飯は高田駅前の居酒屋で。上越の地酒・能鷹(のうたか)と塩焼きサンマ。他にも刺身とか色々いただきました。おいしかったなあ・・。

 次回は高田城など・・。 


春日山城登頂・北面編

 今回から2回に渡り、春日山城編をお送りしたい。なぜなら、見所満載で紹介したい写真が沢山あるからである。上り口から本丸に至るまでを「北面編」、本丸付近の毘沙門堂や南側の上杉景勝屋敷跡などを「南面編」と仮称しよう。

 また以前、別の項目で熊本城を絶賛したが、春日山城は自然を生かした城という意味で熊本城とは対極の偉大な城郭であろう。今後は「東の春日山城・西の熊本城を日本を代表する2大名城」と呼称したい。あくまでそれがしが勝手に呼ぶものだが。

春日山城入り口
 まずこちら。JR春日山駅からバスで15分ほど、春日山城入り口がある。ここよりまっすぐ5分程歩けば入り口に至る。

謙信公騎馬像
 その道の途中にある「春日山埋蔵物センター」前に建つ「上杉謙信公騎馬像」。これは元々、上越リージョンセンターという建物前にあったものが、今年8月後半の「謙信公祭り」の前にこちらに移転したとのこと。
 そのことをしらずに、前日行ってエライ目におうたのである・・。ま、場所的にはこちらがふさわしいが。
 ちなみにこの銅像は佐川急便の会長が寄贈したものとのこと。いいこともしていたのね。

謙信公と秋の空
 別アングルから。「秋の空と謙信公」・・なんのこっちゃ。

御前清水
 入り口前には出陣前の謙信公も必ず飲んだといわれている「御前清水」が。まろやかで実においしい軟水です。この水と旨い米があるから、越後は酒どころなんだよねえ。

春日山神社
 入り口からぐいぐい登って行くと、道は左右に分かれる。結局は同じ道に合流するけど、右に行くと春日山神社に至る長い石段が現れ、ひいこら登ると・・春日山神社が出迎えてくれる。
 こちらの神社、地元・上越の文学者であった小川未明氏が謙信公を尊敬するあまり、明治に設けた神社なのです。つまるところ、それがしのような謙信公ファンの大先達ですね。
 「先輩!ありがとうございます!」と体育会系のノリはそれがし苦手なので・・。

屹立する謙信公
 参拝を終えて神社正面を左に行くと、かの有名な謙信公銅像が出迎えてくれる。謙信公のまなざしははるか頚城(くびき)平野と日本海、そして我々に向けられているのだ。
 本当はご尊顔のどアップがほしかったが、最近使っているカメラ、ソニーのαNEX5用の11倍ズームレンズがまだ届かないのでこれが精一杯。また、銅像周辺は立ち入り禁止。人さえ周囲にいなかったら、立ち入りたいところだが、ぐっと我慢。
 こちらの銅像作者は前回紹介した滝川毘堂先生。この銅像のベストショットは現時点では下の写真を。
哀愁の謙信公
 戦の天才と呼ばれた謙信公の孤高ただよう哀愁が滲み出して、前がみえない・・謙信公ファンならそう思うはず。またズームレンズ入手したら、お顔のアップを撮りにいきたいね。

山腹からの上越市内眺望
 謙信公に別れを告げ、さらにぐいぐいぐいと登っていき、振り返ると・・上越市内が見下ろせるのである。本丸からの眺望はさらにすばらしい。

二の丸跡
上杉影虎屋敷跡
土塁と米倉跡
 途中にはこんな・・看板だけではわかりずらい?すまん、興奮しすぎて的確な写真が撮れなかったのだ。リベンジを期したいところ。

本丸からの眺望・パノラマ
 そして本丸からはこのパノラマが広がるのである。この写真をクリックして、別ウインドウで楽しんでいただきたい。左から日本海・直江津市街・春日山市街・高田市街と広がっていく。町並みは違っても、この眺望を謙信公も眺めていたのだなあ・・と感慨にふけりつつ、持参したオーディオプレイヤーに落とし込んだNHK大河ドラマテーマ集を聞いていました。

本丸跡
 今回のラストにこちらを。春日山城本丸跡である。
 では次回は毘沙門堂など紹介していこう。









プロフィール

サムライ銅像研究会

Author:サムライ銅像研究会
歴史と銅像と芸術が大好きなあまり、日本各地を東奔西走する銅像・史蹟ハンターである。神出鬼没なため、脈絡無しのブログ更新を続ける。掟はただ一つ!「死して屍拾うものなし!」昔の時代劇の決め台詞だけどね・・皆さん、見てやあ!
 最近、キューピーに侍の装束を着用させる遊びをやっております。「武者ピー」と呼んで可愛がってやぁ~!以後は「キューピー甲冑師」とも名乗ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。