スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陰陽道の祖・阿倍晴明

 日本は中国が隋や唐という王朝であった頃、多くの文物を輸入した。その中の一つに「陰陽道」がある。輸入者は吉備真備、「孫子」など中国の兵法を持ち帰った人物だ。
 それがしは「怪力乱神を語らず」という立場なので、不思議なことは苦手だが、明治維新に至るまで暦を決めるなど朝廷の陰陽寮は大事な仕事をしてきたのもまた事実・・。今日は京都の阿倍晴明神社を訪れた時の銅像を紹介しよう。

阿倍晴明1
 こちらは平安時代の陰陽師・阿倍晴明の銅像である。境内には陰陽道の護符・五ぼう星もふんだんにあり、晴明ファンの若い女性も多くいた。その中に宝塚の男役っぽい凛々しい女性も3人ほどいたなあ。

阿倍晴明2
 うーん、武将と違ってなんの感興もわかない。ゆえに撮っていてもあまりおもろくなかった。

 また次回! 
スポンサーサイト

大阪慕情!涙の真田幸村公!!

 えー、今回は大阪で撮った真田幸村公をお送りします。幸村公といえば大坂の陣での真田丸の大激闘!そして徳川家康公本陣への突撃・・力及ばず腹を召した地でもある。真田幸村公ファンなら涙をふりしぼらぜるをえないでしょう!・・それがしはそうでもないけど。

おぼろうどん
 さて大坂突撃編ということで、まずは腹ごしらえ。天王寺駅前の立ち食いうどん屋さんで「おぼろうどん」頂きました。だし汁のきいたうどんにとろろ昆布かけただけだけど、これが旨い!かやくご飯のおにぎりをお供に。
 と、おなか一杯になったところで出陣!

可愛いワンちゃん・雑種?
 と思ったら露店のおっちゃんが連れた可愛いワンちゃんが休んでたで。可愛すぎて悶絶・・我が家の犬を思い出しました。しっかし、何の品種やろ?雑種?おっちゃん、ようわからんわ。

安居神社の幸村公
安居神社の幸村公・2
 気をとりなおしてこちら天王寺は安居神社の真田幸村公。この地で切腹されたためかやや寂しい感じですな。そういえば、自称幸村公の正室とのたまっていた女性がこの銅像に抱きつきたいといってましたなあ。痛すぎます。

三光神社本殿
 続いて真田丸があったという玉造にある三光神社の本殿。え?順番が違うって?環状線でいったから天王寺が廻りやすかったんやからええやろ?お参りしている頭の薄いおっちゃんは俺やないで!失礼なこというてすまん!

出陣!幸村公
幸村公の勇姿
 どや!かっこいいやろ!思わず「えい!えい!おう!」言いたなるな。このそばに大坂城からの抜け穴跡もあったで。ほんま?

美味しいビール
 とまあクソ暑い中、移動していたんで難波の地下街で見つけた洒落たビアホールで頂きました。蘇ったね!ふと上を見上げると・・
ダークダックスって・・・
 「混んできたらダークダックスでお願いします」て。これやから大阪はかなわんなあ!最近の子にダークダックスってわかるんやろか?でもこのセンスすっきやねん。

木の葉丼
 最後に難波の大衆食堂で食べた「木の葉丼」。知らん?大阪名物「木の葉丼」親子丼の鶏肉のかわりにカマボコを薄く削いでいれたもの。やっぱり出汁がきいてておいしいで!大阪いったらいっつもこれ食べるで。みんなも気軽に頼んでみてな!でも高級な店いくと、断られることも。なにせ庶民的丼やから気ィつけてな!

 という訳で駆け足で見てきたけど食べてばかりやて?そりゃ「食い倒れ」の街・大阪やもん。旨いものくわな損やで。ほな、また!
 

楠正成公の終焉の地・・神戸巡礼

 太平記で大活躍した南朝方の知将・楠正成公が最後に戦い、そして散っていった地。それが兵庫県神戸市に存在する湊川(みなとがわ)です。現在は湊川神社が建ち、多くの人の尊崇を受けています。かつての勤皇の志士達も多く訪れたとか。
湊川神社

 神社から少し離れた所にある湊川公園に楠正成公の銅像が建っています。
大楠公・湊川公園
 東京・皇居前の大楠公像と並んでこちらが日本の二大楠公像と言えると思います・・というか、それがしはいいます。

 アップはこちら。
湊川の大楠公アップ
 躍動感に溢れていませんか?この地でかの足利尊氏・直義兄弟を相手に奮戦し、ついには力尽きて自刃されたのかと思うと、涙で前がみえません。
 太平記を読んでそのあたりのくだりを知ると、さらに泣けるのですが、本ブログの趣旨にはあいませんので諸兄におまかせします。

 最後にこの写真を見て、楠正成公の霊を慰めてあげてください。
天空へ駆ける大楠公
 天空に駆けあがらんとする武将のようではないでしょうか?
プロフィール

サムライ銅像研究会

Author:サムライ銅像研究会
歴史と銅像と芸術が大好きなあまり、日本各地を東奔西走する銅像・史蹟ハンターである。神出鬼没なため、脈絡無しのブログ更新を続ける。掟はただ一つ!「死して屍拾うものなし!」昔の時代劇の決め台詞だけどね・・皆さん、見てやあ!
 最近、キューピーに侍の装束を着用させる遊びをやっております。「武者ピー」と呼んで可愛がってやぁ~!以後は「キューピー甲冑師」とも名乗ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。